※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

滝川スポーツ(平成17年11月30日)

【勝率3割、育成の成果徐々に】
一時は2割台と完全にサンシャインのお荷物になっていた滝川だが
主力の献身的な活躍と生え抜きの若手の成長で純血のみで勝率3割に回復
打線では突出する成績は出なかったものの
チーム打率、本塁打、盗塁、得点率で前年度とほぼ同数。底上げが顕著に見られる。
また失策数を大きく減らした野手とともに投手陣も奮闘。課題と言われたチーム防御率は1点近く減った。



捕手 橋本甜歌(てんかりん)
13と共にキャンバスを支配する滝川の特攻隊長。滝川のイチローと称される彼も打撃面ではまさかの100三振を喫した。
「調子が良くてボールが見えすぎたせい」と語ったとか。秋季キャンプ春季キャンプと徹底的にリードを学び捕手に転向し打線の牽引役は投手陣も牽引する。

一塁 みきウール(みきウール)
打線の中核を担う滝川の誇る天才打者。今季はセカンドコンバートで戸惑ったか3割を期待されるも打率を下げた。
しかしチャンスメイクの少ないチームで90打点と勝負強い。今季より一塁を守る。

二塁 デブ(デブ)
みきウールと組む中軸二枚看板のひとり。課題だった得点圏打率も大幅向上。
大柄で豪快な文化センターのアイドルは守備にも労を惜しまず三塁手として見事無失策。その功績を買われ今季から二塁手に抜擢される。
自主トレでの徹底したウエイトにより圧倒的長打力を身につけキャンプでは柵越え連発、
ハードトレーニングの反動で骨折してしまったが開幕には間に合いそう。

三塁 大眼魚(大眼魚)
キャンバスに活気をもたらすスイッチヒッター。チャンスにはめっぽう弱いが走者無しでの場面は頼りになる

遊撃 Ayaya3(kyamei)
滝川一の華麗な守備で文化センターを沸かす。課題と言われていた打撃面ではチャンスをものにする勝負強い打撃を見せるまでに。
特に満塁時の打率は.438と凄まじかった。

左翼 挟殺プれいな(牽制嫌いっちゃ)
今季から守備も任されたが無難にこなし、低調だった打率も持ち直した。だがチャンスでまったく打てず悔やまれるシーズンに。
その才能がゆえの大きな期待に答えられるか。迫力ある構えが特徴。

中堅 斉藤またんき(ワロタウロス)
圧倒的な守備センスのを誇る滝川の防波堤。今季チーム防御率の大幅減には彼の力があった。

右翼 13(ゴロゴ)
打撃面の著しい成長で上位打線に進出してきた、脅威の盗塁成功率を誇るキャンバス・スナイパー。橋本甜歌とともに足でも相手投手を苦しめる。

DH サイクル(K)
プレッシャーのない場面での打棒は期待が持てる。気迫のヘッドスライディングで貪欲に出塁した。昨季の新人王




先発 川*’ー’)(愛殿梨華殿)
ゲーム終盤になるほど力を発揮する。首脳陣の期待する本格派右腕は防御率、投球回数と先発陣で一番の数字を残しローテに確固たる地位を築く。

先発 いちごスター(苺星)
昨季中継ぎでフル回転しチーム最多投球回となる227回を投げた。三振も四死球も最多でスピードボールも最速という文化センターの華。先発でも開花するか期待される

先発 大崎ナナ(杉本工場長)
キレのあるフォークと勝負度胸あるマウンドさばきを買われ、1年目からローテ入りしたゴールデンルーキー。
先発陣最多勝となる8勝と期待どおりの働きで関係者を大いに喜ばせた。2年目のジンクスに負けず今季もローテを死守したい。

先発 阿智(阿智)
3年目となった昨季は負けが込んでしまった。しかし才能には疑いはない。滝川を背負う未来がその目線の先にはある。

先発 井上秋穂(ブラッド)
昨季とキャンプで見違えるように存在感を増したのは結果にも現れた。中継ぎとして期待通りのフル回転。
いちごスターとともに220イニングを越え、チーム最多の10勝をあげる大活躍だった。
左のサイドハンドからのキレのある斜めスライダーを武器にピンチにも平常心を失わないポーカーフェイス。

中継 上戶彩♪(Snow)
チーム再建の切り札としてついに立ち上がった元守護神。チーム一の安定感と存在感で大いなる活躍が期待できる。中継ぎで10勝以上は決して夢物語ではない。

中継 こんこるど(善戦マン)
苦しいチーム事情からローテを任されたが少々厳しかった。一昨年中継ぎで8勝を挙げただけに今季の目標にまずは自己ベストだ。

中継 えりりん(きゃわ!)
ムラっぽい投球は影を潜め、テンポ良い終盤での投球は味方チーム打線を調子付かせる。
昨季はクサい球を見逃されカウントを取りにいったところを痛打される場面もあったが今季から女房役も変わるため心機一転大活躍を期待したい。

抑え 新・高橋愛(BSL)
サイドハンドから豊富な球種を操る。先発転向は少々厳しかったか、今季は抑えとして中継ぎで8勝をあげた一昨年の活躍を再現したい。