※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第80回総評 91勝54負5分
野手ではみきちぃ・さくらんぼ・石神井公園の3人が大暴れ。本塁打・打点の2部門のトップ3を3人で独占。横須賀MS打線の威力を見せ付けた。この3人をフルティ・三好エリーカが打率3割越で支えた。
投手ではチャ~ミ~が防御率2.45と17勝で二冠を獲得。和子も防御率2.45と奪三振149の二冠を獲得。中継ぎでは浅田が怒涛の投球回数172回を記録し15勝を上げる。抑えの幹久Ⅱも35Sで最優秀救援を獲得。
チームとしては前半首位ながらも2位と1.5差の状況を、後半一気に突き放しにかかった。結局13差を開け、近づく転生期の前に連覇を続ける。タイトルラッシュに沸いた今期だった。


チームメンバー紹介

ポジション 選手名(製作者) 年数
  • 選手の成績
選手の寸評

データは第80回ペナント娘。終了時点。

投手

先発 チャ~ミ~(ハロプロ仕込み) 18年目39歳
  • 2.45 17勝5敗
他チームメイトが衰えを見せる中で活躍を続けエースの座を勝ち取った投手。多彩な変化球で打たせて取る投球で今期は防御率2.45に17勝で二冠を獲得。生涯横須賀のエース右腕は200勝200Sを目指す。


先発 和子(Lovely) 14年目35歳
  • 2.45 13勝4敗
抜群のコントロールに落差の大きなパームボール、闘志あふれる投球など魅せ所が多い投手。チャ~ミ~との二枚看板で今期の横須賀投手陣を引っ張った。防御率2.45と奪三振149で二冠王を獲得。転生期に入る横須賀としてはながきにわたっての活躍が期待される。

先発 編集長(ネガ梨華) 19年目40歳
  • 4.49 9勝5敗
チームに数少ないサウスポーのうちの一人。必殺スクリューボールと打球が伸びないその剛球を熟練の投球術で操る。防御率こそ高いが試合を壊さない安定感はさすが。衰え激しくそろそろ先発も苦しくなってきたがまだまだ活躍する姿を望むファンもいるだろう。

先発 夜仮面(深夜の紳士) 20年目41歳引退
  • 3.13 10勝8敗
将来を期待された4人衆も時代は過ぎ、最後の生き残りも今期で現役から身を引く。その世代は見事、横須賀に黄金期をもたらすこととなった。20年間横須賀一筋で走りぬいたナイターの華。通算成績は3.56 225勝 167敗 3S 2099奪三振。お疲れ様でした。(投手コーチ就任)

先発 セイバー(セイバー) 11年目32歳
  • 5.19 11勝14敗
サイドスローから繰り出される快速球はいよいよ球界最速へ。その快速球を抜群のコントロールで操る様は見事。苦しいシーズンが続いているがそろそろ調子を落としていられない。黄金期にある横須賀にあって次々と引退する先輩の重荷を一番受けるであろう天才右腕はこれからエースへの道を歩む。

中継ぎ 15歳・浅田(GP初V) 7年目28歳
  • 3.51 15勝5敗3S
チームに数少ない貴重な左腕の1人。2期前のMVP投手幹久がのりうつったかのごとく投げまくり投球回数179回で15勝。若干28歳のヒーローは将来の横須賀を眩しく照らす。

中継ぎ KBB(KBB) 12年目33歳
  • 5.27 8勝6敗3S
ダイナミックなマサカリ投法から繰り出す150KMを越える重い速球と必殺ナックルボールが武器の投手。今期は調子が出ず高い防御率となってしまったが新人の負担を減らし、浅田をサポート。

中継ぎ マックス石川(マッド) 1年目22歳
  • 5.36 6勝3敗2S
高いコントロールとMAX146kmの速球が魅力の新人。1年目の今期は大活躍の浅田とKBBに支えられ3敗に抑えた。これから成長していくわけだが、割と早い時期からチームの戦力となる予感。

抑え 幹久Ⅱ(三城) 2年目23歳
  • 4.40 2勝4敗35S
2年目にして最優秀救援のタイトルを獲得。防御率4.40に4敗とやや波乱の数字ではあったがまだ2年目。今後どういった成長を見せるかは神のみぞ知る。


野手

捕手 瞑庵3(akina) 1年目22歳
  • .229 13本 60打点 2盗塁
横須賀一筋の家系の3代目は世に言う天才。鉄砲肩とシャープな打撃が持ち味。その強肩で新人一年目から捕手をまかされる。ベテラン投手陣から多くを学び、いつかは球界の頭脳へと成長するため勉強中。

一塁 さい(さい) 12年目33歳
  • .275 28本 105打点 1盗塁
みきちぃ・さくらんぼ・石神井公園という歴史に名を残すレベルの選手がいるため今では6番を打つことが多いが既に実力は主砲クラス。今期は100打点をマークしチームになくてはならない存在。歩かされることの多いクリーンナップだが後ろをさいが打つ横須賀MS打線は他球団とは一線を画する。


二塁 さくらんぼ(大塚愛) 17年目38歳
  • .304 38本 112打点 1盗塁
横須賀の顔・MS打線の中心を担うみきちぃ・さくらんぼ・石神井公園の三人衆の一人。今期は本塁打・打点の2部門を3人で独占。打撃だけなく守備職人としても横須賀野手の中心。3人の力が横須賀黄金期を支える。

三塁 みきちぃ(みっきー) 17年目38歳
  • .322 42本 108打点 1盗塁
横須賀の中心、みきちぃ・さくらんぼ・石神井公園の三人衆の一人。3人で独占したタイトルのうちでは本塁打王を獲得。最大のライバルさくらんぼと競い合いついに2人でタイトルを分かち合うレベルに到達したスラッガーは来期も大暴れだ。

遊撃 从^▽^从(華美) 9年目30歳
  • .277 12本 58打点 5盗塁
みきちぃ・さくらんぼ・石神井公園が「打」の中心ならばこちらは「守」の中心。毎年続ける無失策は投手陣を大幅に支える。打撃も成長を見せ、今では.277。ペナ娘。の大橋譲。

右翼 美貴が関川だよ(ヒゲティ) 15年目36歳
  • .323 20本 97打点 13盗塁
ここにきて一気に安打を量産し続けているスイッチヒッター。名球界への扉も見えてきた。今期は得点圏にも強く.349で97打点。久しぶりに20本も打ち若返ったトップバッターと三好エリーカとのコンビは来期も横須賀の1・2番を固める。

中堅 三好エリーカ(Eliica) 17年目38歳
  • .303 12本 59打点 21盗塁
ここ最近は前半に調子を落としていたが今期は前半.339。しかし今度は後半に調子を落とし.304となってしまったが3割にはしっかりと乗せてきた。フルティとのコンビは来期も横須賀の1・2番を固め、最強のクリーンナップに繋ぐ。

左翼 桜井裕美(桜井裕美) 3年目25歳
  • .244 11本 56打点 10盗塁
俊足が武器のスイッチヒッター。広い守備範囲でフルティ・三好エリーカとともに外野を固める。今はまだ成長を続ける将来のトップバッター候補。

DH 石神井公園(石神井公園) 15年目36歳
  • .323 35本 112打点 2盗塁
みきちぃ・さくらんぼ・石神井公園の三人衆の一人。3人で独占したタイトルのうちでは打点王を獲得。3人の合計四球は324にのぼり如何にこの3人が強力かを物語っている。最強クリーンナップで横須賀黄金期を支える。



来期の注目球団
室蘭・滝川
成熟した選手の多い室蘭と若手の成長目覚しい滝川。世代交代が始まった横須賀としてはいずれ奪われる首位の座だがまだまだ譲るわけにはいかない。チーム一丸5連覇を目指す。