※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロッキーズの殿堂

データの都合により第70回以降のみとなっています。
対象は星砂で現役を終えた選手。若年での引退や作り直しは除く。
名無し化の場合はその直前のシーズンまでの通算成績を掲載。

・*゜゚・*:.。..。.:*・゚★選手一覧★゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
野手 投手
選手名 製作者 引退年 選手名 製作者 引退年
パブロフ パブロフ 第70回 まあさver2 ソム 第72回
さゆみかん さゆみそ 第77回 レイザーラモン 住谷HG 第78回
エリリーナ カメック 第82回 Akegri-nya あれぐりにゃ 第81回
ぺんぺん草 春の七草 第82回 軟投派ののたん ののたん祭り 第85回
デカレンジャー 隆徳 第82回 川*'v') モジティ 第85回
えりくそん えりり 第84回 まあさゲッソリ ソム 第93回
田中れいぬ 捕球犬 第84回 みうにゃん みうにゃ 第94回
初芝清 ジャニ 第84回 小林奈々香 KR 第94回
絵里凛 恋ING 第86回 レイナワルツ 芦毛 第95回
1年生 1年生 第86回 かぼたん むぅん 第100回
ミウチUri-- のの 第91回 ポストれいな あれぐりにゃ 第103回
うんこが ぶりぶり 第95回 真央とあれ 愛コン 第103回
high ベリヲタ 第96回 国民的行事 国民的行事 第104回
さゆりんご さゆみそ 第98回 川*'v')ノ モジティ 第106回
りょう 福井 第99回 ヒャクパー リオン 第109回
アル 恋ING 第101回 まあさベットリ ソム 第114回
エリリーフ カメック 第103回 庶民的行事 庶民的行事 第118回
うさちゃん 兎人参化 第105回 P尾見谷杏奈 尾見谷伝説 第121回
神酒ヲタ 神酒ヲタ 第108回 れにゃにゃ れにゃにゃ 第124回
大槻諒二 sin 第112回
藤垣さゆみ 藤垣さゆみ 第115回
e.kamei 恋ING 第115回
ますたに ラーメン 第116回
水野祐 碧瀞 第122回

野手

野手 パブロフ パブロフ
通算成績(21年間 第70回終了時) 名球会入り
.260 3197安打 584HR 1821打点 2027三振 1798四死球 20犠打 6盗塁 36失策
HR王-3回、打点王-1回、B9-8回、AS出場-5回

野手 さゆみかん さゆみそ
通算成績(21年間 第77回終了時)
.283 3588安打 506HR 1735打点 1788三振 1653四死球 25犠打 80盗塁 15失策
首位打者-2回、打点王-1回、MVP-1回、ASMVP-1回、B9-6回、GG-3回、AS出場-8回
長きにわたりロッキーズの主軸を務めた大打者。
その打撃センスは晩年になっても衰えることなく通算2度の首位打者、1度の打点王に輝いた。
しかし打撃だけでなく守備職人としても活躍。二塁手のポジションを最後まで譲ることなく全う。
21年間星砂一筋で攻守にわたりチームを支えてきた選手であった。

野手 エリリーナ カメック 札幌→星砂(第69回8年目移籍)
通算成績(21年間 第82回終了時) 名球会入り
.294 4085安打 170HR 1056打点 1759三振 1221四死球 4犠打 636盗塁 97失策
首位打者-1回、盗塁王-12回、新人王-1回、B9-1回、AS出場-4回
1番センターエリリーナ。これが長く星砂打線の出発点であった。
星砂のリードオフマンとしてチームを牽引し続けたトップバッター。
俊足巧打で4000本安打と歴代最多となる636盗塁、そして通算12度の盗塁王。
その足は引退を迎えるまで衰えを見せずにダイヤモンドを走り抜けた。

野手 ぺんぺん草 春の七草 板橋→星砂(第71回10年目移籍)
通算成績(21年間 第82回終了時)
.284 3588安打 474HR 1549打点 1793三振 1727四死球 20犠打 259盗塁 87失策
首位打者-1回、新人王-1回、B9-5回、AS出場-2回
巧打、長打、走塁と何でもこなす万能打者。
チーム事情に応じて何番でもこなす抜群の打撃センスはチームに欠かせない戦力だった。
2番に入ることが多かったが、チーム最高打率や最多本塁打も度々残し2番打者最強説を実行。
選手生活後半でも長打力に磨きをかけ、最終年もチーム最多本塁打で有終の美を飾った。

野手 デカレンジャー 隆徳 大卒→星砂(第67回新入団)
通算成績(16年間 第82回終了時)
.265 2473安打 316HR 1082打点 1527三振 1151四死球 15犠打 131盗塁 58失策
B9-1回、GG-4回、AS出場-1回
走攻守バランスの取れた能力で活躍したオールラウンドプレイヤー。
決して派手さはなかったが寡黙に星砂の中盤を常に固めていた。
最後は名無し化で姿を消したがその功績はここに残したい。

野手 えりくそん えりり 大卒→星砂(第64回新入団)
通算成績(21年間 第84回終了時)
.280 3648安打 257HR 1237打点 1603三振 1272四死球 11犠打 260盗塁 42失策
首位打者-1回、B9-1回、GG-4回、AS出場-3回
芸術的バッティングと堅実な守備で星砂の打線と外野を固め続けたスイッチヒッター。
足でも魅せることができ260盗塁を収め、時には上位打線でのチャンスメーク、またある時にはクリンナップ後の第二の1番打者として、職人らしい堅実な働きを見せ続けた。
打線の繋ぎ役として地味ながらもチームの谷間を埋めてくれる存在であった。

野手 田中れいぬ 捕球犬 大卒→星砂(第64回新入団)
通算成績(21年間 第84回終了時)
.232 2772安打 136HR 843打点 1884三振 948四死球 38犠打 121盗塁 19失策
B9-1回、GG-7回
注目すべきは21年間で通算19という失策数。
大卒で入団後、引退まで一度も遊撃手のポジションを譲らずに守り通した。
それを踏まえてこの数字を見ればどれだけチームに貢献してきた選手かわかるだろう。
掲示板では愛くるしいキャラクターで星砂のマスコット的存在に。
名(迷?)監督としても名をはせ、まさに星砂というチームカラーを代表する選手であった。

野手 初芝清 ジャニ 板橋→星砂(第69回6年目移籍)
通算成績(21年間 第84回終了時)
.251 3034安打 394HR 1324打点 1848三振 1304四死球 13犠打 55盗塁 32失策
B9-4回、GG-9回、AS出場-2回
突然の板橋からの移籍はチーム内だけでなくペナ娘。界全体に大きな波紋を読んだ。
しかし貴重な捕手型パラと捕手◎での活躍振りは最終的には誰もが認めるところ。
選手生活後半では宝くじ運にも恵まれ、豪力を習得し長打力も発揮した。
歯に衣着せぬその発言は健在で引退後の去就にも注目が集まる。

野手 絵里凛 恋ING 高卒→星砂(第65回新入団)
通算成績(22年間 第86回終了時)
.267 3450安打 441HR 1626打点 1967三振 1744四死球 26犠打 94盗塁 61失策
B9-4回、GG-3回、AS出場-3回
打力で頭角を表し星砂打線の中軸を長く担ってきた打者。
全盛期には4番も務め、その後も主に5番以降で走者を帰す強打者としてチームに貢献。
また監督としても時たま現れ星砂の影の主との噂も。
高卒から22年間星砂一筋の星砂愛を持った選手だった。

野手 1年生 1年生 大卒→星砂(第69回新入団)
通算成績(18年間 第86回終了時)
.280 2917安打 473HR 1492打点 1494三振 1601四死球 21犠打 66盗塁 23失策
B9-5回、GG-2回、AS出場-5回
星砂の主砲の座を守り続けてきた豪力4番打者。
ペナ娘。界の台風の目の入団に当時は球団だけでなく球界全体が沸いた。
しかしかつては移籍厨と呼ばれた彼も星砂ではチームに溶け込み、18年間を星砂一筋で完走。
パワー型打者の不足していた打線において貴重な得点力の中心としてチームに貢献し続けた。

野手 ミウチUri-- のの 赤坂→星砂(第83回13年目移籍)
通算成績(21年間 第91回終了時)
.287 3860安打 485HR 1510打点 1943三振 1771四死球 28犠打 163盗塁 63失策
新人王-1回、ASMVP-1回、B9-6回、GG-8回、AS出場-11回
13年目に赤坂から電撃移籍。久しく星砂に不在であった天才野手の加入であった。
チャンスメーカーの素質を活かし長くトップバッターを任されながら、一方ではクリンナップにも全く引けをとらない豪力で毎年ホームランを量産。
星砂打線の口火を切る核弾頭として、相手投手にプレッシャーを与え続けた。

野手 うんこが ぶりぶり 赤坂→星砂(第86回12年目移籍)
通算成績(21年間 第95回終了時) 名球会入り
.302 3807安打 732HR 2063打点 1841三振 1974四死球 29犠打 80盗塁 77失策
首位打者-3回、本塁打王-4回、打点王-6回、新人王-1回、MVP-7回、B9-16回、AS出場-12回
その名を知らない者はいないペナ娘。史に残る星砂の4番打者。
赤坂からの衝撃の移籍加入。その後の星砂の躍進の一番の貢献者であることは誰も疑い得ない。
歴代5位の732本塁打。タイトル常連の圧倒的な打力で晩年まで打線の大黒柱として君臨した。
通算打率.300達成も久しく出ていなかった昨今においては価値の大きい数字だろう。

野手 high ベリヲタ 横須賀→星砂(第87回12年目移籍)
通算成績(21年間 第96回終了時)
.292 3786安打 516HR 1721打点 1921三振 1826四死球 19犠打 265盗塁 43失策
首位打者-2回、新人王-1回、MVP-1回、ASMVP-1回、B9-11回、GG-11回、AS出場-10回
打って走れて外野守備もこなし、常に上位打線を担ってきたオールラウンドプレイヤー。
1番を打ちながらもその長打力で晩年まで本塁打を量産し続けた。
奪力の超特能で相手投手からスタミナを剥ぎ取りチームにも多大な貢献。
また生涯得点圏打率.311と勝負強い一面を持ち合わせ常に打線の柱として活躍した。

野手 さゆりんご さゆみそ 大卒→星砂(第78回新入団)
通算成績(21年間 第98回終了時)
.289 3715安打 396HR 1436打点 1691三振 1535四死球 14犠打 61盗塁 38失策
首位打者-2回、B9-4回、GG-7回、AS出場-8回
前回の殿堂入りから早21年。2代目も21年間中心選手として大いに活躍。
常に3割を狙える安定した打力で上位打線に定着し、パワー型打者ひしめく重量打線の点と点を線へと結ぶ貴重な役目を長く務めた。また自身もチャンスメーク、点取り屋と万能の働き。
守備でも田中れいぬ、うさちゃんと鉄壁の二遊間を築き二塁手の座を最後まで守り通した。

野手 りょう 福井 H.P.→星砂(第89回10年目移籍)
通算成績(20年間 第99回終了時)
.267 3231安打 417HR 1455打点 1808三振 1403四死球 24犠打 83盗塁 73失策
B9-5回、AS出場-2回
H.P.からの移籍後星砂打線を支え続けた純正スラッガー。
その全盛期には長距離打者がひしめき合いしのぎを削っていた星砂打線の中で、激しいクリンナップ争いに参加し存在感を発揮していた。
豪力、パワーヒッター、固め打ちの相乗効果で打撃一筋に最後までこだわりを見せた。

野手 アル 恋ING 横須賀→星砂(第92回6年目移籍)
通算成績(15年間 第101回終了時)
.257 2252安打 216HR 908打点 1439三振 977四死球 17犠打 35盗塁 42失策
GG-7回
星砂の名物選手であり打っても守っても機能できるユーティリティープレイヤー。
バランスの取れた能力で打線の谷間を埋めながら外野守備もきっちりこなしGG7回を獲得。
チャンス◎の勝負強い打力も併せ持っており、決して目立って数字には表れなかったかもしれないが確実にチームの一部として機能し貢献していた選手だった。

野手 エリリーフ カメック 大卒→星砂(第83回新入団)
通算成績(21年間 第103回終了時) 名球会入り
.265 3228安打 550HR 1685打点 1904三振 1714四死球 32犠打 30盗塁 56失策
B9-4回、GG-4回、AS出場-6回
うんこが引退後の星砂の4番を守ってきたロッキーズ一筋のスラッガー。
持ち前の豪力と左右どちらの打席からも繰り出せる神主打法で本塁打を量産。
長距離砲が徐々に不足し始めていたチーム事情の中で長打力と得点力を支え続けた。
最終年にはチームメイトに見守られながらギリギリ名球会にも滑り込んだ。

野手 うさちゃん 兎人参化 大卒→星砂(第85回新入団)
通算成績(21年間 第105回終了時)
.232 2760安打 161HR 907打点 1910三振 924四死球 82犠打 182盗塁 19失策
GG-8回
星砂常連の守備職人は今回も堅かった。先代と並ぶ通算失策数19。
入団当初は二塁手、その後は遊撃手で白球を追い続け第97回でのチーム最少失策数7にも貢献。
(*・ 。.・)<フギィィ!!! (*・ 。.・)<ゥォィ(*・ 。.・)<ゥィ? などの謎のうさチャン語発言もご愛嬌。
打撃の数字には残らなくとも縁の下から星砂を支え続けた偉大な功労者。

野手 神酒ヲタ 神酒ヲタ 滝川→星砂(第96回8年目トレード)
通算成績(20年間 第108回終了時)
.285 3678安打 159HR 878打点 1601三振 1158四死球 7犠打 460盗塁 44失策
首位打者-1回、盗塁王-1回、B9-2回、GG-6回、AS出場-1回
星砂の攻撃の出発点としてトップバッターの座に君臨してきた俊足巧打。
第96回ちょうど脂ののってきた8年目にトレードで入団。足という攻撃のバリエーションを失いかけていた星砂に貴重な即戦力となり、翌年から1番センターのポジションに定着。
毎年3割を超えるハイアベレージを残し、チャンスメークに奔走した。

野手 大槻諒二 sin 札幌→星砂(第109回17年目トレード)
通算成績(20年間 第112回終了時)
.249 2869安打 356HR 1284打点 1996三振 1204四死球 27犠打 124盗塁 112失策
GG-1回、AS出場-2回
がんだとのトレードで札幌から移籍入団してきたときは既に17年目。
肉体的なピークは過ぎていたが、その後豪力の習得でホームランの打てる主力として活躍した。
星砂での実働4年間の中で中心打者としてクリンナップにも君臨。
最終年でもチーム最多本塁打をマークし有終の美を飾った。

野手 藤垣さゆみ 藤垣さゆみ 札幌→星砂(第105回9年目移籍)
通算成績(19年間 第115回終了時)
.259 2867安打 323HR 1011打点 1680三振 1348四死球 7犠打 26盗塁 85失策
新人王-1回、B9-2回、GG-2回、AS出場-1回
即戦力の期待を受けながら9年目に札幌より移籍入団。
卓越したミート力で、当時パワー型打者が多かった中で貴重な上位打線の要として活躍。
また守備の才能も発揮し、職人級の球さばきで二塁手のポジションを引退まで勤め上げた。
攻守両面での牽引役としてチームをリードしていった選手。

野手 e.kamei 恋ING 高卒→星砂(第102回新入団)
通算成績(14年間 第115回終了時)
.246 2051安打 171HR 712打点 1394三振 788四死球 15犠打 110盗塁 60失策
能力的には決してずば抜けたものがあったわけではなかったが、打撃、走塁、外野守備をそつなくこなし、チームの一員として機能してきたユーティリティプレイヤー。
足型が不足していた状況下でセンターのポジションも長くこなしてきた。
13年目に不運の複雑骨折で限界を感じたか、早めの引退となったが記録よりも記憶に残る選手。

野手 ますたに ラーメン 板橋→星砂(第113回15年目トレード)
通算成績(18年間 第116回終了時)
.265 2823安打 438HR 1247打点 1739三振 1515四死球 14犠打 45盗塁 57失策
B9-5回、AS出場-4回
第99回ドラフトで星砂に入団。その後第107回9年目でトレードでお台場に移籍。そして15年目、ラベルとのトレードで再び星砂に戻ってきたという異色の経歴の持ち主。
しかしその実力は誰もが認めるところ。ミートとパワーを併せ持った打撃力で本塁打を毎年量産。
1度目、2度目の在籍ともにクリンナップを務める主軸打者として活躍した。

野手 水野祐 碧瀞 大卒→星砂(第102回ドラフト)
通算成績(21年間 第122回終了時)
.270 3341安打 538HR 1658打点 1825三振 1669四死球 18犠打 26盗塁 65失策
本塁打王-3回、打点王-3回、新人王、MVP-3回、ASMVP-1回、B9-6回、GG-11回、AS出場-6回
ドラフトで入団以降星砂一筋で活躍した大打者。惜しくも名球会には届かなかったが通算3度のMVPを含め多くのタイトルを獲得し、星砂打線の主軸として長くクリンナップに君臨し豪打を披露した。
また打撃だけでなく強肩堅守も兼ね備えており内野守備の要として通算11度のGG。
攻守どちらもハイレベルにこなせるまさにベストプレイヤーだった。

投手

投手 まあさver2 ソム
通算成績(21年間 第72回終了時)
防御率3.86 169勝178敗44S 3278 1/3投球回 1804三振 1485四死球 391被本塁打
B9-1回、AS出場-3回

投手 レイザーラモン 住谷HG
通算成績(14年間 第78回終了時)
防御率3.69 100勝102敗84S 1973 0/3投球回 1152三振 945四死球 207被本塁打
独特のキャラクターで掲示板を賑し続けたハードゲイ。
ドラフト入団後長く中継ぎの要として、引退間際はチーム事情から先発へ回りともにフル回転の活躍を見せた。また成績のみならずその明るい性格と人柄から狼スレ、チーム掲示板でも人気を集め「フォーーーーー!!」もいつしか星砂内の流行語に。最後は能力の衰えを感じこれ以上続けるとチームに迷惑をかけると言い残し、わずか14年の現役生活となったが誰もがその引退を惜しんだ。
本当にお疲れ様フォーーーヽノノ*^ー^)ノヽ从*・ 。.・)ノヽ从*´ ヮ`)ノヽ川*'v')ノーーー!!

投手 Alegri-nya あれぐりにゃ
通算成績(21年間 第81回終了時) 名球会入り
防御率3.42 281勝187敗17S 4163 1/3投球回 2259三振 1779四死球 443被本塁打
最多勝-2回、MVP-1回、B9-2回、AS出場-2回
歴代3位タイの281勝。通算勝率6割。
星砂一筋で21年間。引退まで長きにわたり星砂の10番を守り続けた大投手。
高度な制球力とキレのあるカットボール、Sスライダーで築いた凡打の山は計り知れず。
全盛期を過ぎても常に二桁を計算できる抜群の安定感はチームに大きな安心感を与えてくれた。

投手 軟投派ののたん ののたん祭り 高卒→星砂(第64回新入団)
通算成績(22年間 第85回終了時)
防御率3.73 225勝225敗5S 3901 0/3投球回 2332三振 1713四死球 476被本塁打
最優秀防御率-1回、AS出場-2回
星砂の代表する11番。その安定感は随一。
Alegri-nya、川*'v')とともに常に先発二本柱の片割れとしてエースのバックを支えてきた。
緩やかな球速から鋭く曲がり落ちるスローカーブが最大の武器。
その名の通り軟投で打者の打ち気を巧みにかわし、無数の打者を華麗にさばいてきた。

投手 川*'v') モジティ 大卒→星砂(第65回新入団)
通算成績(21年間 第85回終了時)
防御率3.95 229勝245敗0S 4002 2/3投球回 2217三振 1651四死球 494被本塁打
最優秀防御率-1回、最多勝-1回、沢村賞-1回、AS出場-2回
永遠のAカップ。星砂ロッキーズのムードメーカーであり名物投手。
選手生活中盤までは不調に顔を曇らせた時期も多かったが、晩年にはエースの座を獲得。
沢村賞にも輝き、チームが低迷に苦しむ中でも二桁勝利をマークし続けた。
また掲示板ではそのキャラクターを発揮し「重要な作戦会議」にはいつも彼の姿があった。

投手 まあさゲッソリ ソム 大卒→星砂(第73回新入団)
通算成績(21年間 第93回終了時)
防御率4.17 195勝205敗31S 3556 0/3投球回 1990三振 1576四死球 453被本塁打
AS出場-1回
巨大な安心感を与えてくれる星砂掲示板の常連キャラ。
遅めのストレートと織り交ぜる落差の大きいスローカーブとフォークを武器に21年間投げ抜いた。
高い能力を持っていながら入団当初は運に恵まれず、まあさあああああと方々で叫ばれゲッソリする日々が続いたが、選手生活中盤以降は星砂投手陣の柱として安定した勝ち星数を重ね上げた。

投手 みうにゃん みうにゃ 赤坂→星砂(第79回6年目移籍)
通算成績(21年間 第94回終了時)
防御率3.50 235勝177敗13S 3826 1/3投球回 2741三振 1750四死球 449被本塁打
最優秀防御率-1回、最多勝-2回、奪三振王-3回、MVP-3回、B9-3回、沢村賞-1回、AS出場-3回
赤坂から移籍入団後先発陣の一角として、そして後に星砂のエースとして投手陣を支えた。
全盛期には155キロをこえた剛速球と、高速から鋭く曲がるHシンカーの2球種のみで毎年三振の山を築きあげた。通算奪三振率6.45。
奪三振王3回をはじめタイトルも数多く獲得し、沢村賞にも輝いた大投手。

投手 小林奈々香 KR 大卒→星砂(第74回新入団)
通算成績(21年間 第94回終了時)
防御率3.94 192勝138敗29S 3059 1/3投球回 1671三振 1709四死球 277被本塁打
AS出場-1回
21年間の現役生活を星砂一筋で全うした魔球投手。
持ち球は直球と変化球1種のみであったが、相手打者を惑わし続けた決め球ナックルボールは通算被本塁打率0.8という数字がいかに捉えづらい球であったかを物語っている。
剛速球も150キロをゆうにこえ、同年代のみうにゃんと常に激しい最速争いを演じていた。

投手 レイナワルツ 芦毛 高卒→星砂(第74回新入団)
通算成績(22年間 第95回終了時)
防御率3.99 163勝142敗38S 3166 2/3投球回 1900三振 1420四死球 420被本塁打
AS出場-4回
緩い球速からふわりと落下するパームボールで幾多の相手打者を惑わせた。
中継ぎ→先発→中継ぎとチーム事情にあわせて22年間フル回転。
選手生活中盤以降はほぼ毎年3点台の防御率をキープし、シーズン通じて大崩れしない安定感で自らに与えられた仕事をいつもきっちりこなし投手陣を支え続けた。

投手 かぼたん むぅん 大卒→星砂(第80回ドラフト)
通算成績(21年間 第100回終了時)
防御率4.01 151勝158敗39S 2826 1/3投球回 1491三振 1270四死球 335被本塁打
最優秀防御率-1回、MVP-1回、B9-2回、AS出場-4回
高度な制球力、晩年まで最高級のキレを誇ったスローカーブとシュートで活躍。
現役生活の多くを中継ぎで過ごし、勝敗数には表れない多大な貢献を残してくれた。
成績でも多くの二桁勝利を記録し中継ぎでMVP,最優秀防御率を獲得。
安心して後を任せられるゲーム中盤の柱として星砂先発陣をバックアップし続けた。

投手 ポストれいな あれぐりにゃ 大卒→星砂(第83回新入団)
通算成績(21年間 第103回終了時)
防御率3.97 174勝188敗103S 3268 0/3投球回 1823三振 1461四死球 437被本塁打
セーブ王-1回、新人王-1回、B9-1回、AS出場-2回
星砂といえばあれぐりさんというほどの常連選手は今回も無事完走。
若手時代は守護神としてセーブ王を獲得。中盤以降は先発の一角として君臨した。
切れ味最高のチェンジアップ、シュートの一方で僅かにのみ曲がるカーブに打者は困惑。
晩年になっても絶倫持ちのスタミナで最後まで先発ローテーションを守り抜いた。

投手 真央とあれ 愛コン 札幌→星砂(第92回10年目トレード)
通算成績(21年間 第103回終了時)
防御率3.92 199勝253敗0S 3866 2/3投球回 2140三振 1886四死球 444被本塁打
最優秀防御率-1回、最多勝-1回、B9-1回、AS出場-1回
レイザーラモンとの衝撃的トレードで即戦力として札幌から入団。
入団時から既にチーム最高クラスの制球力とスタミナを持ち合わせ即エース争いに。
カーブ、スライダー、シュートの3球種のキレも抜群で、星砂入団後はスキのない万能型投手として大崩れせずにほぼ毎年二桁勝利をマークする安定した活躍を見せた。

投手 国民的行事 国民的行事 大卒→星砂(第86回新入団)
通算成績(19年間 第104回終了時)
防御率3.36 99勝89敗272S 1829 0/3投球回 1228三振 741四死球 230被本塁打
最優秀防御率-1回、最多勝-1回、MVP-1回、B9-4回、AS出場-4回
すっと沈むパーム、スローカーブそして鋭いHシンカーと3種の上級変化球を投げ分けた。
若手時代には守護神としてセーブ王、その後は先発に転向し最多勝、最優秀防御率を獲得。
そして晩年には中継ぎで2点台の防御率と全ポジションで中心選手として活躍した。
通算防御率3.36という立派な成績を残したまさに星砂が誇る国民的投手。

投手 川*'v')ノ モジティ 大卒→星砂(第86回新入団)
通算成績(21年間 第106回終了時)
防御率3.54 201勝183敗47S 3494 0/3投球回 2037三振 1461四死球 392被本塁打
最多勝-1回、MVP-1回、ASMVP-1回、B9-1回、沢村賞-1回、AS出場-4回
第96回以降11年間星砂の10番を背負ってきた永遠のAカップ投手。
チームの打線が低迷する中で毎年安定した防御率をマークし積み上げた勝ち星は201。
第103回ではBクラスに低迷したチームにありながら最多勝、沢村賞獲得の快挙を成し遂げた。
どんな状況下でも掲示板での活躍も数知れず。星砂というチームカラーの象徴的選手だった。

投手 ヒャクパー リオン 赤坂→星砂(第99回11年目移籍)
通算成績(21年間 第109回終了時)
防御率3.12 176勝144敗119S 2946 1/3投球回 1759三振 1278四死球 251被本塁打
B9-1回
通算防御率3.12は立派。星砂での11年間で6度の防御率2点台を記録。
移籍直後から先発の柱として定着。絶倫持ちの体力で最終年まで先発で投げきった。
ストレートと予測不能のナックルボールの2球種のみで打者と果敢に勝負。
常に勝ち星を計算できる圧倒的な安定感はチーム内でも他を寄せつけなかった。

投手 まあさベットリ ソム 大卒→星砂(第94回新入団)
通算成績(21年間 第114回終了時)
防御率3.79 196勝212敗23S 3754 1/3投球回 2017三振 1625四死球 484被本塁打
最優秀防御率-2回、最多勝-1回、新人王-1回、MVP-1回、B9-1回、AS出場-2回
ベットリ汗だくになりながら最後まで投げきり、3度目の星砂殿堂入り。
Sスライダーとカットボールを巧みに織り交ぜ、ピッチングにおいても掲示板においても星砂投手陣の大黒柱だった。現役ラスト2年間で最多勝と2年連続最優秀防御率のタイトルを獲得。
まだまだ現役で十分通用すると思われる中、惜しまれながらの引退となった。

投手 庶民的行事 庶民的行事 大卒→星砂(第105回新入団)
通算成績(14年間 第118回終了時)
防御率3.56 101勝106敗40S 2077 2/3投球回 1381三振 871四死球 261被本塁打
B9-1回、AS出場-1回
抜群の制球にパームとHシンカーで築いた奪三振の山。
9年目までは中継ぎの要として、そしてその後は先発の一角として活躍し、庶民的でありながらその実力は十分に一線級のものであった。投球に円熟が見えてきてまだまだ活躍できただけに残念な時期での引退となったが、その活躍と記憶は国民的にも庶民的にも残る。

投手 P尾見谷杏奈 尾見谷伝説 お台場→星砂(第107回7年目移籍)
通算成績(21年間 第121回終了時)
防御率3.44 217勝200敗11S 3731 0/3投球回 2723三振 1772四死球 410被本塁打
新人王-1回、AS出場-2回
全盛期には155キロに達したストレート、気迫のピッチングと安定したスタミナと制球。
さらに打者の胸元に食い込むシュートで真っ向勝負を見せた。
通算奪三振率6.57と高い数字をマークし、奪三振数で歴代ランキングにランクイン。
移籍入団直後より先発ローテーションに入り、星砂の10番を第115回から7シーズン務め上げた。

投手 れにゃにゃ れにゃにゃ 大卒→星砂(第104回新入団)
通算成績(21年間 第124回終了時)
防御率3.24 238勝197敗7S 3997 1/3投球回 2263三振 1724四死球 452被本塁打
最多勝-1回、AS出場-2回
星砂になくてはならない存在の投手。納得の殿堂入りも3度を数えた。
7年目より先発転向し4000投球回目前。あと1年あれば名球会というとこまで来ていた。
SスラVスラ2種類の上級スライダーで内野ゴロに討ち取った打者は星の数。
ロッキーズの歴史を代表する一人である大投手は最後までその役割を全うした。