※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第82回 総評

サンシャイン・リーグ5位

60勝86敗4分 勝率.410 連勝5
打率.272 本塁打160 盗塁111 失策24 得点率3.8 防御率4.33
前回順位6位 前々回順位3位

昨年の最下位からはかろうじて脱出。打線の復調が功を奏した。
しかし勝ち星数では前年を下回っている。
チーム浮上のきっかけはどこにあるのか・・・ゲッソリする選手達の表情にも苦悶が見える。

エリリーナとぺんぺん草が今季で引退を迎える。
ともに中途移籍組ながら10年以上打線の中心を担ってきた2人に感謝そして拍手!



野手成績

えりくそんが1番で.320の高打率。シーズン通して好調を維持し打線を引っ張った。
中軸も2番から6番まで25HR以上をマークし星砂打線の持ち味は出せたか。
ぺんぺん草、エリリーナも最後までその魅力をいかんなく発揮。
しかし得点率は正直なところいまひとつ物足りない・・・
野手の入れ替えが激しくなる今後、さゆりんごの成長に期待がかかる。

ポジ 選手名 製作者 年数 打率 HR 打点 盗塁 タイトル等
えりくそん えりり 19年目40歳 .320 16 50 25 AS
ぺんぺん草 春の七草 21年目42歳 .272 29 75 23
DH 絵里凛 恋ING 18年目35歳 .292 25 80 6
1年生 1年生 14年目35歳 .279 27 73 5 GG
デカレンジャー 隆徳 16年目37歳 .303 25 84 7 B9
エリリーナ カメック 21年目42歳 .276 2 41 36 盗塁王
さゆりんご さゆみそ 5年目26歳 .241 18 78 2
初芝清 ジャニ 19年目40歳 .213 18 58 2
田中れいぬ 捕球犬 19年目40歳 .241 0 23 5

投手成績

ここ数年エース級の働きを見せていた川*'v')がまさかの不調。
本人も理由がわからず空いた口がふさがらないといった状況であった。
レイナワルツも初めての先発経験に苦しんだが、二桁勝利目前まで持っていった点は評価したい。
中継ぎでは小林奈々香が奮闘。11勝を挙げ周囲のルーキーに貫禄を見せた。
かぼたん、レイザーラモン、アレフランスといった中継ぎ抑えの成長が鍵となる。

選手名 製作者 年数 防御 勝敗S 奪三 タイトル等
川*'v') モジティ 18年目39歳 5.01 5勝15敗 94
軟投派ののたん ののたん祭り 19年目36歳 3.75 7勝10敗 93
みうにゃん みうにゃ 9年目30歳 3.41 9勝11敗 144
レイナワルツ 芦毛 9年目26歳 4.99 9勝12敗 96
まあさゲッソリ ソム 10年目31歳 3.82 9勝15敗 113
かぼたん むぅん 3年目24歳 4.63 5勝10敗1S 70
小林菜々香 KR 9年目30歳 3.95 11勝5敗3S 83
レイザーラモン 住谷HG 1年目22歳 5.45 3勝6敗4S 68
アレフランス あれぐりにゃ 1年目22歳 6.75 2勝2敗18S 12

引退選手

エリリーナ カメック 名球界入り 札幌 → 星砂(第69回8年目移籍)
通算成績(21年間 第82回終了時)
.294 4085安打 170HR 1056打点 1759三振 1221四死球 4犠打 636盗塁 97失策
首位打者-1回、盗塁王-12回、新人王-1回、B9-1回、AS出場-4回
1番センターエリリーナ。これが長く星砂打線の出発点であった。
星砂のリードオフマンとしてチームを牽引し続けたトップバッター。
俊足巧打で4000本安打と歴代最多となる636盗塁、そして通算12度の盗塁王。
その足は引退を迎えるまで衰えを見せずにダイヤモンドを走り抜けた。

ぺんぺん草 春の七草 板橋 → 星砂(第71回10年目移籍)
通算成績(21年間 第82回終了時)
.284 3588安打 474HR 1549打点 1793三振 1727四死球 20犠打 259盗塁 87失策
首位打者-1回、新人王-1回、B9-5回、AS出場-2回
巧打、長打、走塁と何でもこなす万能打者。
チーム事情に応じて何番でもこなす抜群の打撃センスはチームに欠かせない戦力だった。
2番に入ることが多かったが、チーム最高打率や最多本塁打も度々残し2番打者最強説を実行。
選手生活後半でも長打力に磨きをかけ、最終年もチーム最多本塁打で有終の美を飾った。

新入団選手

投手 アレフランス あれぐりにゃ 1年目22歳 前歴:大卒新入団
もはやおなじみとなった名球界入り投手の転生。
先代のプレッシャーに負けず今回もロッキーズでの末永い活躍を期待したい。

投手 レイザーラモン 住谷HG 1年目22歳 前歴:大卒ドラフト
突然の引退からしばしの休息を経てHGが帰ってきた。
ムードメーカーの復帰に盛り上がる顔文字たち。活躍にももちろん期待。