※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

総評

第82回総評 82勝64負4分
三好エリーカが3割28盗塁でチームを引っ張れば、石神井公園が50本126打点で二冠王。みきちぃも42本112打点で各々2位の好成績。中軸2人に引っ張られる形でさいも38本106打点の好成績をおさめた。守備では今年も無失策の華美が光った。
投手ではチャ~ミ~がまたもや1点台となる防御率1.92で最優秀防御率を獲得。12勝4敗で投手陣を引っ張れば編集長・和子も11勝で続いた。中継ぎのミリアも防御率こそ高いが11勝3敗となかなかの好成績を収めた。
チームとしては6連覇をかけたシーズンだったがここ数年で急成長を遂げた滝川の前に2位という結果になった。転生期の横須賀には再び滝川を下しリーグ制覇、というのは少し厳しいだろうがベテランと若手をうまくかみあわせ少しでも上位を目指す。

チームメンバー紹介

ポジション 選手名(製作者) 年数
選手の成績
選手の寸評

データは第82回ペナント娘。終了時点。

投手

先発 チャ~ミ~(ハロプロ仕込み) 20年目41歳
防御率1.92 12勝4敗 最優秀防御率(4)
・防御率1点台の大エース・
多彩な変化球で打たせてとる投球術で今年も防御率1点台を達成し最優秀防御率に輝いた横須賀の大エース。衰え激しく長いイニングを投げぬくスタミナこそなくなってきているが投げている間は抜群の安定感で相手打線を抑え続ける。来期は最終年。最後までエースとしてチームを引っ張る。

先発 15歳・浅田(GP初V) 9年目30歳
防御率3.61 9勝11敗
中継ぎエースが先発に挑戦1年目。慣れない先発の影響か思うように勝ち星が延びないシーズンだった。しかし中継ぎ時代の実績を考えれば来期大活躍する可能性も十分。まだまだ若いだけに今後、長くチームに貢献することが期待される。

先発 和子(Lovely) 16年目37歳
防御率3.09 11勝6敗
抜群のコントロールに落差の大きなパームボール、闘志あふれる投球など魅せ所が多い投手。開幕前の骨折してしまい、著しく衰えた体ながらもなんとか11勝6敗と5つの貯金。来期は開幕前にしっかりと調整し、再びチャ~ミ~との2枚看板が組めるほどになることが期待される。

先発 編集長(ネガ梨華) 21年目42歳引退
防御率3.06 11勝8敗
・無被本塁打の大ベテラン左腕・
横須賀一筋21年。チームに数少ない左腕として横須賀先発陣を担い続けた。その熟練の投球術と本塁打を打たれない剛球は多くのファンを魅了。通算では防御率3.85 213勝 157敗 42S 1912三振。お疲れ様でした。(投手コーチ就任)

先発 セイバー(セイバー) 13年目34歳
防御率3.90 7勝12敗
サイドスローから繰り出される快速球は球界最速。その快速球を抜群のコントロールで操る様は見事。昨期の大活躍が一変苦しいシーズンとなった。防御率は特別悪いわけではないので今年投手コーチに就任する編集長から勝負どころでの投球術を学びとることができるか。

中継ぎ KBB(KBB) 14年目35歳
防御率3.19 8勝9敗5S
ダイナミックなマサカリ投法から繰り出すMAX149KMの重い速球と落差のある必殺ナックルボールが武器の投手。中継ぎで再起をはかった今期は負けが先行しやや安定感に欠けた。しかし投球回数は160回を越え、シーズンを通して投げまくった。

中継ぎ マックス石川(マッド) 3年目24歳
防御率4.59 10勝7敗4S
左右に振るSスライダーとHシンカーの組み合わせで相手打者を打たせて取る。3年目にして中継ぎでの二桁勝利、ここまでの通算で25勝13の貯金などすでにチームに貢献を始めている。いずれ先発としてチームを引っ張る可能性が高い。

中継ぎ ミリア(夜仮面) 2年目23歳
防御率4.15 11勝3敗3S
チームに数少ない左腕の一人。2年目にして11勝をあげ、マックス石川との若手中継ぎコンビは2人で21勝。チームは連覇を逃しはしたが若き才能は育ちつつある。

抑え 幹久Ⅱ(三城) 3年目24歳
防御率4.66 3勝4敗27S
鋭いカットボールと多彩な変化球が武器。ルーキーイヤーから4年連続で抑えを任される。今期は防御率が高く4敗も抑えとしてはやや物足りないか。見えない救援失敗も減らしていきもっとチームの勝利に貢献したい。

野手

捕手 瞑庵3(akina) 3年目24歳
.250 13本 52打点 2盗塁
鉄砲型がうりの捕手。昨期に比べ本塁打は減ったが力はつけてきている。今はベテラン投手陣のもと捕手技術を磨いている。

一塁 みきちぃ(みっきー) 19年目40歳
.273 42本 112打点
・球史に残るMS砲・
今期は42本112打点で石神井公園についで各々2位の好成績。通算本塁打はついに600本の大台を超え歴代通算本塁打は20位タイ。この年でも活躍を続ける現役最高のスラッガーは最大のライバルさくらんぼとともに更なる高みを目指す。

二塁 さくらんぼ(大塚愛) 19年目40歳
.274 25本 80打点 2盗塁
・球史に残るMS砲・
昨期のみきちぃに続き、19年目の今期ついに名球界入り。今期の成績は25本80打点とやや伸び悩んだもののまだまだ力はある。最大のライバルみきちぃとともに更なる高みを目指す。

三塁 さい(さい) 14年目35歳
.278 38本 106打点 1盗塁
好調の今期はクリーンナップを勤め38本106打点。今ひとつ伸び悩んでいただけにこの活躍は大きい。みきちぃさくらんぼの引退が近づくだけに大打者へ成長することで横須賀を引っ張ることが期待される。

遊撃 从^▽^从(華美) 11年目32歳
.268 14本 56打点 5盗塁
みきちぃ・さくらんぼ・石神井公園が「打」の中心ならばこちらは「守」の中心。毎年続ける無失策は投手陣を大幅に支える。最近では不調の打者にかわって上位を打ったり重要な打順を任されることも。ペナ娘。の大橋譲は横須賀の縁の下の力持ち。

右翼 美貴が関川だよ(ヒゲティ) 17年目38歳
.265 7本 31打点 13盗塁
かつては足型選手としては珍しいMVPを獲得したほどの選手も年齢から来る衰えと怪我の影響から大幅に成績を落としてしまう。しかし転生期の横須賀を支えてもらわねば困る存在。三好エリーカとのコンビの完全復活を望むファンも多い。

中堅 三好エリーカ(Eliica) 19年目40歳
.309 4本 54打点 28盗塁
・俊足巧打のハッスルプレイヤー・
今期はトップバッターとして安定した成績を残し3割28盗塁。すでに40歳を迎える大ベテランではあるが気持ちは若い。次の塁を積極的に狙うチームのムードメーカーは名球界に向けても一気に突っ走る。

左翼 桜井裕美(桜井裕美) 5年目27歳
.284 14本 72打点 19盗塁
打撃好調.284に14本19盗塁。徐々にトップバッターとしての力もつけてきていずれは横須賀の切り込み体調になれそう。次の時代のトップバッターを目指しまだまだ修行中。

DH 石神井公園(石神井公園) 17年目38歳
.306 50本 126打点 3盗塁 本塁打王(2) 打点王(4)
横須賀から3期連続で名球界入り選手誕生が濃厚。今期は50本126打点で2期連続の二冠王獲得とここにきて大暴れ。みきちぃという大打者がいながら不動の4番として打ちまくる大物が見据えるのはその先輩大物スラッガーみきちぃを越えること。

来期の注目球団
滝川ゴマットー
黄金期横須賀の6連覇を阻止した球団はつい最近までの下位常連。しかし所属選手たちによるチーム改造を遂げついにサンシャインを制覇したチーム。黄金期に突入しそうな雰囲気のなか横須賀としてはまだまだ楽はさせない。