※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第83回 総評

サンシャイン・リーグ5位

66勝81敗3分 勝率.448 連勝5
打率.256 本塁打137 盗塁31 失策24 得点率3.5 防御率3.75
前回順位5位 前々回順位6位

2年連続の5位。最下位は辛うじて免れたものの課題は山積み。
特に打撃陣は目を疑うような数字が並んだ。
得点率の低さもあり、接戦をものにできないことが多かった。
焦らず、じっくり一つずつ順位を浮上させていきたい。


野手成績

チーム打率が.256。最高打率が.284…これでは勝てない。
得点率も最終的には3.5まで戻したが前半戦は2点台で推移していた。
順調に成長を続けていた若手のホープさゆりんごが予想外の不調。
1年生、絵里凛、ミウチuri--といった主軸もこの結果に満足してはいないだろう。
来季は3選手がラストイヤー。有終の美を飾らせてあげたい。

ポジ 選手名 製作者 年数 打率 HR 打点 盗塁 タイトル等
えりくそん えりり 20年目41歳 .275 9 48 9
ミウチuri-- のの 13年目34歳 .284 25 65 6
1年生 1年生 15年目36歳 .278 24 69 2
初芝清 ジャニ 20年目41歳 .264 25 78 0 B9
絵里凛 恋ING 19年目36歳 .264 15 70 2
さゆりんご さゆみそ 6年目27歳 .253 11 52 1
DH エリリーフ カメック 1年目22歳 .236 14 51 0
田中れいぬ 捕球犬 20年目41歳 .230 2 37 4
デカレンジャー COM(弱) 17年目38歳 .208 12 37 7

投手成績

チーム防御率が3点台に復帰し、投手陣は全体的に昨季から復調。
最長年数の軟投派ののたんがベテランの腕を見せつけ13勝。
みうにゃんも二桁勝利を記録し、先発転向の小林奈々香も十分な成績を残した。
ポストれいなは1年目にして26Sで新人王獲得。まあさゲッソリもスタミナを武器にフル回転した。
しかし川*'v')、レイナワルツを含め先発の防御率を見ればもっと勝たせてあげられたはず。
打線の不調と中継ぎかぼたん、レイザーラモンの負け数の多さが惜しいところ。

選手名 製作者 年数 防御 勝敗S 奪三 タイトル等
川*'v') モジティ 19年目40歳 3.01 8勝14敗 100
軟投派ののたん ののたん祭り 20年目37歳 3.03 13勝11敗 94
みうにゃん みうにゃ 10年目31歳 3.78 10勝12敗 146
レイナワルツ 芦毛 10年目27歳 3.43 8勝14敗 100
小林菜々香 KR 10年目31歳 3.43 11勝8敗 103
レイザーラモン 住谷HG 1年目22歳 5.87 4勝7敗1S 48
かぼたん むぅん 4年目26歳 5.36 7勝9敗1S 66
まあさゲッソリ ソム 11年目32歳 3.28 3勝3敗5S 95
ポストれいな あれぐりにゃ 1年目22歳 3.15 2勝3敗26S 24 新人王

引退選手

野手 デカレンジャー 隆徳 大卒→星砂(第67回新入団)
通算成績(16年間 第82回終了時)
.265 2473安打 316HR 1082打点 1527三振 1151四死球 15犠打 131盗塁 58失策
B9-1回、GG-4回、AS出場-1回
走攻守バランスの取れた能力で活躍したオールラウンドプレイヤー。
決して派手さはなかったが寡黙に星砂の中盤を常に固めていた。
最後は名無し化で姿を消したがその功績はここに残したい。

新入団選手

野手 ミウチUri-- のの 13年目34歳 前歴:赤坂オソローズ
厚みを失いかけていた打線に待望の天才打者が移籍入団。
その打撃のみならず、空いていたセンターのポジションも務めるまさに満点の補強となった。

投手 ポストれいな あれぐりにゃ 1年目22歳 前歴:大卒新入団
もはやおなじみとなった名球界入り投手の転生。
先代のプレッシャーに負けず今回もロッキーズでの末永い活躍を期待したい。

投手 レイザーラモン 住谷HG 1年目22歳 前歴:大卒新入団
突然の引退からしばしの休息を経てHGが帰ってきた。
ムードメーカーの復帰に盛り上がる顔文字たち。活躍にももちろん期待。