※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

総評

第82回総評 78勝69負3分
三好エリーカが.311 24盗塁。トップバッターとして仕事をすればみきちい・さくらんぼ・石神井公園・さいの4人が計119本。引退する3人が中心となり奮起した。守備では華美が無失策を続ける。
投手ではセイバーが20勝を達成。奪三振でも175に到達し圧倒的な成績を残せば先発一年目の幹久Ⅱも二桁勝利。若いリリーフ陣も踏ん張った。
チームとしては首位滝川に独走を許すも2位。これから本格的な転生期で低迷するであろうチームに黄金期突入の滝川を下す力はないが、いつか首位の座を奪還するために今は選手育成に励む。

チームメンバー紹介

ポジション 選手名(製作者) 年数
選手の成績
選手の寸評

データは第84回ペナント娘。終了時点。

投手

先発 和子(Lovely) 18年目39歳
防御率3.39 7勝9敗
・横須賀の必殺パーム継承者・
抜群のコントロールに落差の大きなパームボール、闘志あふれる投球など魅せ所が多い投手。今期はまずまずの防御率でありながら長いイニングを投げることができず勝ち負けの付きにくいシーズンだった。来期は短いイニングを集中して結果を残していきたい。

先発 15歳・浅田(GP初V) 11年目32歳
防御率3.86 7勝9敗
チームに数少ないサウスポーの一人。磨きがかかってきた高い制球力が魅力的。今期は思うように結果が伸びず7勝におわった。しかしまだ11年目と若い投手。転生期でチームは苦しいシーズンが続くがそれを支えられる投手となりたい。

先発 セイバー(セイバー) 15年目36歳
防御率2.43 20勝8敗
サイドスローから繰り出される快速球は球界最速。その快速球を抜群のコントロールで操る様は見事。大活躍だった昨期からさらに成績を伸ばしなんと20勝を達成。奪三振も175で2位となり今期のチームの勝利に大きく貢献。エースと呼ぶに十分ふさわしい成績を残しチームを引っ張る。

先発 KBB(KBB) 16年目37歳
防御率4.79 9勝9敗
ダイナミックなマサカリ投法から繰り出すMAX147KMの重い速球と落差のある必殺ナックルボールが武器の投手。今期は先発の一角を任され9勝9敗の五分。しかし防御率4.79はきびしいだけに来期磨きがかかるであろう速球に期待。

先発 幹久Ⅱ(三城) 6年目27歳
防御率3.89 12勝11敗
鋭いカットボールと多彩な変化球が武器の投手。転生組の若い投手陣を引っ張る存在となった今季はいち早く先発を勤め二桁勝利。次の世代の投手に期待が持てることを力強く証明し、来期も若手の中心的存在として投げぬく。

中継ぎ マックス石川(マッド) 5年目26歳
防御率3.38 7勝8敗6S
高い制球力と左右に振るSスライダーとHシンカーの組み合わせで相手打者を打たせて取る。若い選手がそろう横須賀リリーフ陣の中で最も信頼感がある。今期は7勝8敗6Sと敗戦の数が目立つが防御率は3.38とまずまずの成績。来期は敗戦数を減らして安定感を増したい。

中継ぎ ミリア(夜仮面) 4年目25歳
防御率3.84 8勝4敗4S
チームに数少ない左腕の一人。打たれ強いその精神力と短いイニングをきっちり抑える集中力で今期は8勝4敗の成績。来期はこの少ない敗戦数を維持しつつ防御率を下げ、マックス石川同様安定感を増していきたい。

中継ぎ 編集長3(編集長) 2年目23歳
防御率6.05 8勝7敗3S
横須賀投手陣に編集長あり。昔から横須賀投手陣の一員である家系の新人。2年目の今期も防御率の高さが目に付いてしまう。転生期で若い投手が多い横須賀だけに2年目といえど大きな負担がかかってしまう。しかしいつかこの苦しい経験を生かして投げれるよう今はまず成長を見守る。

抑え なちみ(ハロプロ仕込み) 1年目22歳
防御率3.94 0勝4敗25S
ヘッドコーチチャ~ミ~が横須賀に送り込んだ制球力が武器の右腕。ルーキーイヤーの今期は3.94に4敗25S。打たれ弱い性格なだけに不安の声も聞かれたが新人としては十分な成績。今はじっくりと力を付け、いずれまたエースの称号を背負うほどになりたい。

野手

捕手 美貴が関川だよ(ヒゲティ) 19年目40歳
.272 12本 55打点 13盗塁
・足型の頂点を極めたMVPプレーヤー・
今期は足腰の衰えからなんと捕手に大抜擢。若かりしころに目指したポジションで思う存分に投手陣をリード。打撃では2割後半を維持し続け、二桁本塁打二桁盗塁もキープ。長年コンビを組んだ三好エリーカは引退するが次世代のトップバッター桜井裕美とコンビを組み、横須賀トップバッターの意思を繋ぐ。

一塁 みきちぃ(みっきー) 21年目42歳引退
.282 33本 73打点
・球史に残るMS砲・
横須賀70期後半の黄金期を作り上げた中心のMS砲。さくらんぼと競い合い築き上げた通算679本は歴代7位。野手の頂点であるMVPは4度獲得。通算成績は.286 3584安打 679本 1931打点 34盗塁。お疲れ様でした。(打撃コーチ就任)

三塁 さくらんぼ(大塚愛) 21年目42歳引退
.294 23本 86打点
・球史に残るMS砲・
横須賀70期後半の黄金期を作り上げた中心のMS砲。みきちぃとともに残した記録は二人合わせて1281本 3818打点は歴代でも最強クラスのアベック砲。通算成績は.281 602本 1887打点 19盗塁。お疲れ様でした。(打撃コーチ就任)

二塁 さい(さい) 16年目37歳
.253 30本 95打点
・恐怖の下位打線スラッガー・
今期は30本を放ち力強さを見せ付けた。守備でも足腰の衰えていたさくらんぼにかわりセカンドを勤めるなどチームに献身。MS砲の引退する来期からは石神井公園とともに横須賀の中心打者としてがんばってもらいたい。

遊撃 从^▽^从(華美) 13年目34歳
.273 9本 46打点 7盗塁
魅せる守備は芸術品。捕球後の鉄砲型も多くのファンを魅了する。続くシーズン無失策は長年横須賀投手陣を助けてきた。いぶし銀の打撃でもチームに貢献するペナ娘。の大橋譲。

右翼 瞑庵3(akina) 5年目26歳
.270 16本 71打点 5盗塁
高い捕球力と強肩をいかすために今期は外野へコンバート。その高い守備力でチームの失点を減らした。打撃では徐々に成績が上がってきている。打てる捕手を目指し今は成長を続ける。

左翼 三好エリーカ(Eliica) 21年目42歳引退
.311 12本 64打点 24盗塁
・俊足巧打のハッスルプレイヤー・
昔から大打者の前には優秀なトップバッターがいた。みきちぃ・さくらんぼの二人の大打者には通算安打数7位、通算盗塁数12位の三好エリーカがいた。通算成績は.296 4136安打 184盗塁 518盗塁。お疲れ様でした。(外野守備走塁コーチ就任)

中堅 桜井裕美(桜井裕美) 7年目29歳
.286 21本 74打点 12盗塁
急激に力をつけてきた横須賀次世代のトップバッター。今期は.286 21本 12盗塁と頼もしい成績を残した。来期は三好エリーカが引退しヒゲティは衰え激しいために横須賀の切り込み隊長として仕事を始めることとなりそうなだけに活躍に期待。

DH 石神井公園(石神井公園) 19年目40歳
.304 33本 88打点 1盗塁
・最強クリーンナップの4番打者・
去るMS砲残る石神井公園。横須賀MS打線の中心の三人衆も二人が引退してしまった。来期の横須賀クリーンナップはさいとともにうけもつこととなるだろう。個人として目指すみきちぃの通算本塁打は679。残り2年最後のスパートに入る。

来期の注目球団
室蘭・HP
滝川の連覇は続きそう。横須賀がひとつでも順位を上げるためにはこの2チームと如何に戦うかが鍵となりそうだ。