※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(第53回) 80勝 67敗 3分 勝率.544 順位:2位 開幕前コメント

打者

選手名 打率 本塁 打点 タイトル等
井出  らっきょ .277 (.283) 14 (71) 53 (329)
・ェ・)ノ=⑪  hide .261 (.266) 10 (103) 54 (419)
やまd  やまだ .275 (.271) 17 (167) 68 (588) B9 GG
フジミキ  ふじみき .303 (.268) 24 (116) 91 (412) AS出場
ガキさん  新垣結衣 .273 (.274) 22 (226) 88 (762)
Ayaya2  kyamei .261 (.252) 17 (135) 60 (487)
从*`ロ´)  れいにゃ .271 (.264) 21 (126) 76 (403)
ピンキー  ミハエル .239 (.238) 8 (65) 40 (302) GG
前田清十郎  ペリ .242 (.247) 8 (40) 29 (375)

投手

選手名 防率 勝利 敗戦 セーブ タイトル等
ウサちゃん仮面  ウサちゃん仮面 2.37 (3.11) 16 (164) 5 (103) 0 (7) ASMVP MVP B9
沢村賞 最多勝
菅谷りしゃこ  菅谷 3.48 (4.48) 10 (164) 12 (237) 0 (6)
さゆみりん  さゆみりん 4.07 (3.52) 8 (68) 15 (57) 0 (14)
キモモコ  キモモコ 3.52 (4.11) 16 (92) 12 (102) 0 (2) 最多勝
アロンソ  シャビ 4.05 (4.25) 10 (47) 10 (62) 0 (9)
澪てぃ  澪てぃ 3.12 (2.94) 6 (146) 3 (89) 2 (168)
絵里愛理  えりりそ 4.83 (4.91) 6 (8) 5 (10) 7 (11)
ゆりーね  熊井友理奈 4.88 (4.66) 7 (27) 4 (17) 1 (7)
水野彩香  水野彩香 2.55 (3.49) 1 (12) 1 (22) 35 (191) セーブ王

※太字は今季成績
※( )内は通算成績

総評:前半終了時の借金1の4位から最終的に貯金13の首位と0.5ゲーム差の2位まで猛追するもわずかに及ばず1勝の重みを考えさせられたシーズンだった。
打撃陣では前シーズン5番のフジミキが4番抜擢に見事答え、3割24本91打点とチーム内3冠を記録した。
またガキさん、从*`ロ´)も2割7分、20ホーマー以上を記録し2位浮上の原動力となった。
他の打者も皆安定した成績を残したが、8番のピンキーは今年も2割3分台となかなか成績が上がってこない。彼の成長が待ち望まれる。
一方、投手陣はウサちゃん仮面が実力を発揮し、2.37、16勝5敗と獅子奮迅の働きを見せ、菅谷りしゃこ、キモモコ、アロンソの3人も10勝以上をマークしたものの、これまでずっと安定した成績を残していた若きエースのさゆみりんが8勝15敗と不調に泣いた。
中継ぎ陣は、絵里愛里、ゆりーねの若手2人が4点台後半と苦しむものの、大ベテラン澪てぃが3点台と一人気を吐いた。
抑えの水野彩香は今年も安定したピッチングを見せ、35セーブでセーブ王を獲得し、ストッパーとして完璧な働きを見せた。
来期こそは優勝を狙いたいところである。