※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

横須賀ビユーデン 第54回UFA杯奮闘記


どちらも先発を潰せる強力打線を擁している。カギは投手にある!

UFA杯第1戦、横須賀逆転劇開演、攻守にキレある横須賀が先勝!
予想を裏切り双方共に奇襲先発。相手先発ノゾミッシュに対し先攻の横須賀がいきなりトップ里中茶美から4連打で1点を先取。ところが3,4回に横須賀先発naoが乱れ逆転を許してしまう。ここで右翼手从^▽^从のレーザービームが炸裂。一走服部半蔵を三塁タッチアウトに仕留めるファインプレーを見せた。
  これに乗せられたのか直後の5回表、二死12塁に救援のキラーズから桐嵯梨が同点タイムリーを放つと6回には相武紗季・瞑庵の連続長打で逆転。7回に相武紗季・瞑庵・川'o'从の3者連続打点、8回には伏兵桐嵯梨がソロを放ち8-2で完勝した。

UFA杯第2戦、横須賀前田太尊Ⅱが因縁の対決制しサヨナラで連勝!
前田太尊Ⅱは試合前、珍しく興奮していた。相手先発公示は武留ヲタ。第52回UFA杯で2回投げ合って2回とも投げ負けた因縁の相手だったのだ。狙いすましたような采配の上に相手打線は第1戦に続き4番候補をトップに持ってくるという徹底した先発潰しを図っていた。
  プレイボール。両者とも何と三回まで三者凡退。4回も両者崩れかけるが後続を絶つ。5回ウラにも下位打線の連打で一死満塁で打者は3割打者里中茶美という大ピンチを迎えるが武留ヲタは何事も無かったかのように無失点に抑える。
  試合は両先発共に譲らず延長戦にまで突入。11回ウラ、一死から3番相武紗季がヒットで出塁。4番瞑庵、凡退。これで2アウト。既に前田太尊Ⅱは限界で投げられない。5番川'o'从が左翼席にシリーズ1号を放ってその必要は無くなったのだが。

UFA杯第3戦、7回にあわや乱闘も横須賀3連勝!
編集長は変化球の鬼、少ない球種で確実に抑える相手先発愛キュンとは正反対のスタイルである。2回ウラに下位打線の連打で赤坂が先制するが、その直後に3連打で無死満塁の大チャンスに从^▽^从が走者一掃の2塁打を放ち逆転に成功。4回には里中茶美が3ランで試合の大勢を決した。
  7回、TBSに激震が走った。赤坂投手マグナムが瞑庵と前夜のヒーロー川'o'从に連続死球。投手を挑発しようとする川'o'从に続き両チームのベンチからナインが飛び出す騒ぎに。球場の雰囲気が険悪な中試合は続行されるが、美貴が古田だよが落ち着いて内野安打タイムリーで7点目。まさか(?)の3連勝で早くも日本一に王手をかけた。

UFA杯第4戦、赤坂がさゆみそを3発ノックアウト 意地の1勝!
このようなKO劇を誰が予想しただろうか。4連勝を期して登板した往年のエースが3被本塁打KOと醜態を晒してしまった。打たせて取るタイプのさゆみそは4番候補のぺっちんを1番に据えてまで先発潰しを図る赤坂打線にとって最高のカモだったようだ。それでも救援陣がさゆみそ降板後の約5イニングを1失点でしのいだのは収穫か。日本一決定はお預けとなった。

UFA杯第5戦、バッテリーの勝利 横須賀が2度目の日本一!
打つべき人が打てば打線はつながる。4番瞑庵は前日まで4試合で8安打、猛打賞2回と打ちまくっていた。先発1年目のミッキーくんが先発潰しの赤坂打線を手玉に取るものの打線はINAXの前にあと1本が出ず。互いにゼロ封の投手戦の様相を呈していた。
  膠着状態を破ったのはやはり横須賀の頼れる4番瞑庵の2ランだった。7回にもε=ヘ(*^▽^)ノが俊足を生かした好走塁で生還、里中茶美も連打で続いて4点目。
  ここでシリーズの隠れた功労者が姿を現す。横須賀が打率で赤坂に負けてもここまでの差を付ける事が出来たのは投手陣が安定していたことが挙げられるが、その投手陣を陰で支えていたのが捕手・美貴が古田だよであった。8回にはマグナムからソロを、9回にはピリリッから3ランを放つ2打席連続弾の4打点と大爆発。勝負が決まっていた頃に恐らく評価され得ないであろう活躍をするのもまた彼らしい所であった。
  瞑庵は驚異のシリーズ3度目の猛打賞を記録。リーグMVPは逃したが現役球界最強の4番に相応しい活躍だった。