Powerful PictBear SE New Feature No.1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SDI表示からMDI表示に変更

見た目で一番変わったのが、この動作になると思われます。
起動させて複数開いて確認したのが下図になります。



このようにPictBearSEでは複数の画像を一度に編集出来るようになり一段と魅力的なアプリケーションに生まれ変わりました。
これと同じことを以前のバージョンで行なうにはPictBear自体を複数起動してそれぞれ一つづつで編集しなければいけませんでした。
同じアプリケーション上で操作できるメリットは結構あります。
例えば、お互いの画像操作でコピーしたり貼り付けて処理する場合にとても便利ですし、選択範囲を共通で流用できたり、お互いの画像を確認しながらシームレスに作業を進めるなどのメリットがあります。(他にもまだまだ有ります)

また、PictBearSEではタブ対応になっていますので、画像表示の切り替えをいちいちメニューのウインドウから操作しなくてもダイレクトに表示させることが可能です。
これは他のペイント系アプリケーションにはあまり見かけない機能で、とても便利なものです。
画像の裏側に隠れているもう一つの画像もタブ選択により一発表示できます。

メニューの「ウインドウ|並べて表示」を実行すると下図のように全ての画像が確認できます。