※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インスタンスの起動・停止


1.SQL*PLUSの起動

インスタンスの起動・停止を行うためにはSQL*PLUSを起動する必要があります。
SQL*PLUSは以下のコマンドで実行できます。
$ sqlplus / as sysdba

2.インスタンスの状態確認

以下のコマンドをSQL*PLUSから実行することでインスタンスの状態が表示されます。
ただし、シャットダウンされている場合はエラーとなります。
SQL> select status from v$instance;

3.インスタンスの起動

Oracle10gを起動するためには以下の手順が必要になります。
    1. .インスタンスの起動(NOMOUNT)
SQL*Plusから以下のコマンドを実行します。
SQL> startup nomount;
    1. .データベースのマウント(MOUNT)
SQL*Plusから以下のコマンドを実行します。
SQL> alter database mount;
    1. .データベースのオープン(OPEN)
SQL*Plusから以下のコマンドを実行します。
SQL> alter database open;

4.インスタンスの停止

SQL> shutdown immediate;

5.インスタンスの自動起動


参考資料