※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップページカフナ > カフナとは

はじめに

『カフナ(Kahuna)』とは、ギュンター コルネット(Günter Cornett)氏作の陣地取り系ゲームです。2人用で、所要時間は1ゲーム30~45分程度です。


入手方法

2006年8月現在、東急ハンズ、および国内ゲームショップで購入可能です。販売店についてはTable Games in the Worldゲーム購入リンク集が参考になります。

当サイトでの解説はメビウス ゲームズ取扱品付属の日本語訳に準拠します。

カフナの特徴

カフナの関連ページで、他のサイトで掲載されたレビューにリンクしていますので、合わせてご覧下さい。
連鎖
手札は最大5枚までしか持つことができません。しかし、これらを組み合わせて使用することにより、状況を一転させることが可能になります。手札を貯めて一気に使用し、連鎖がきまったときの爽快感は格別です。
ダイナミックな展開
島々の状況は手番ごとにどんどん変化し、支配権もまた移り変わります。自分はいまどの島を狙うべきなのか。相手はどんなカードを持っているのか。短時間ながらも密度の濃い陣取りを味わうことができます。
シンプルなルール
手番にできることは2つ。自分の橋を作るか、相手の橋を取り除くかです。日本語訳ルールは4ページしかありませんので、すぐにゲームをプレイすることができます。
豊富なバリエーション
基本ルールよりも戦略的なヴァリエーションルール、島を強固に支配するほど勝利点が低くなる得点計算システムのアラバナ-オポドッポ型得点計算バリアント、「船」の存在によって新たな選択肢が加わった航海者バリアント等、さまざまなバリエーションルールが存在します。


トップページカフナ > カフナとは