※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップページカフナ > ルール補足

ヴァリエーションについて

メビウス ゲームズの日本語訳ルール4ページ目「ヴァリエーション」(原文ルール6ページ目"Variante")では以下の通り記されています。
  • プレーヤーが杖を配置できるのは、両方の島に相手のカフナコマのない、あいている点線の上だけにします。
  • また、2枚のカードを使って相手の杖を取り除いたとき、追加のカードを使うことなく、その場所に自分の杖を配置することができるようにします。 これ はもちろん、その場所の両方の島に相手のカフナコマが置かれていない場合に限ります。
上記の「 これ 」は、次のどちらを指しているのでしょうか。
  1. 2枚のカードを使って 相手の杖を取り除く行為
  2. 2枚のカードを使って相手の杖を取り除いた後、 その場所に自分の杖を配置する行為
原文ルールではこの部分が以下の通り記されています。
Kann ein Spieler durch Ausspielen von zwei passenden Inselkarten einen Kahuna-Stab entfernen, so darf er ohne eine zusätzliche Karte auszuspielen, einen eigenen Kahuna-Stab auf die freigewordene Verbindungslinie legen. Diesen darf er jedoch ebenfalls nur dann legen , wenn keine der beiden Inseln vom Mitspieler mit einem Kahuna-Stein belegt ist.
直訳すると「プレーヤーは2枚のカードを使って相手の杖を取り除いたとき、追加のカード無しで、その場所に自分の杖を置くことができる。ただし、 それを置くことができる のは、両方の島に相手のカフナコマが無い場合に限る」となります。

つまり、2. の「2枚のカードを使って相手の杖を取り除いた後、 その場所に自分の杖を配置する行為 」が「 これ 」に該当します。

今までの内容をまとめると、このようになります。
  • 杖の配置
    • 使用カード枚数:1枚
    • 制限:両方の島に相手のカフナコマのない場合のみ、自分の杖を置くことができる
  • 杖の除去と交換
    • 使用カード枚数:2枚
    • 制限:相手の杖を取り除く行為は 制限なし。 杖を取り除いた後、 両方の島に相手のカフナコマがなければ、 その場所へ自分の杖を置くことができる(追加のカードは必要なし)。もし、どちらかの島に相手のカフナコマが残っている場合は、 相手の杖を取り除く行為のみ有効 となり、自分の杖を置くことはできない。
例:
白の手番です。白は KAHU のカードを2枚プレイし、 KAHU - LALE 間に置かれている黒のカフナの杖を取り除くことを宣言しました (1) 。杖が取り除かれた結果、黒の KAHU と LALE の支配が崩れます。両島に置かれている黒のカフナコマはどちらも取り除かれます (2) 。
KAHU と LALE に黒のカフナコマが無くなったので、取り除かれた黒の杖があった場所に白の杖が置かれます (3) 。もし、両島のうちどちらか片方にでも黒のカフナコマが残ったならば、白は杖を置くことができません。

この部分は『カフナ』の原型となった『アラバナ-イキバチ(Arabana-Ikibiti)』のルールと同様です。


トップページカフナ > ルール補足