出題者は神

出題者は「神」 (しゅつだいしゃ―かみ)とは、クイズの場におけるマナーの一つを言った言葉。
市販本『能勢一幸のクイズ全書Ⅱ』のコラムにおいて明文化された。

概要

判定の微妙な回答があった場合、出題者(司会者、正誤判定者)の判定を絶対として従うべきである、という原則。
当然、出題者も問題に関して精査しておくこと、ひいきのないよう公正に判定を下すことが求められる。
企画のルール内容などについても「企画者は神」という形で転用されることがある。
ただし、問題の明らかなミス(すぐに調べがつくもの)、ルールの明らかな不備などについてはこの限りでない場合もある。

関連項目

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。