クイズブーム

クイズブーム とは、クイズの世間的流行、特にテレビにおけるクイズ番組の流行のこと。

概要

2003年発売の書籍『最強! クイズ番組読本』では、クイズブームを第一次から第四次に分類している。

第一次クイズブーム

1960年代前半。視聴者参加番組が登場。高度経済成長に乗り、家電セットや100万円、ハワイ旅行などの高額賞品が出され人気となった。

第二次クイズブーム

1970年代。各局で視聴者参加番組が相次いで放送され、参加者の中にも「クイズ荒らし」と呼ばれる常連出場者が現れた。

第三次クイズブーム

1980年代。視聴者参加番組は減り、タレント主体の情報型クイズ番組が人気となった。

第四次クイズブーム

1990年代前半。一般参加者から「クイズ王」を決定する特別番組が並び立ち、クイズ愛好者にメディアのスポットが当たった。クイズ界で単にクイズブームと言えば、この第四次ブームのことを指す場合がほとんどである。

第五次クイズブーム

2000年代半ば。上記の書籍には記されていない(出版後)が、タレントを回答者とし、「常識問題」を問うクイズ番組の流行は第五次クイズブームと呼んで良いだろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。