ペーパークイズ

ペーパークイズ はクイズの形式の一つ。
問題に対し筆記で回答し、制限時間の終了後に採点されるものである。
筆記クイズペーパーテスト筆記テスト とも呼ばれるものも同様。


概要

演出的に地味な一方、多人数に同じ問題を同じ条件で解かせることができるため、番組や大会の予選として多く採用される。
採点には時間がかかるため、結果発表は後日であったり、ある程度の時間を置いた後となるのが普通。
オープン大会やサークルなどでは人員や時間の都合などから、近くの席の人と答案を交換する相互採点や、自己採点などが行われることも多い。

代表例

 400問の3択クイズを4.8~6秒/問のペースで回答する、他に類を見ないボリュームのペーパークイズ。予選通過者に対する「第1チェックポイント」として行われた。
 一問一答形式の50問筆記クイズ。地方予選の第1段階として行われた。その後のオープン大会や『クイズ!ヘキサゴンⅡ』などでも、これをベースとした「一問一答・50問・15分」のペーパークイズがスタンダードとして多く採用されている。

同点の場合の処理

ペーパークイズは予選として回答者に順列をつけることが多いが、同点の場合の順列のつけ方には次のようなものがある。
 本問と別に1~2問程度の近似値クイズを出題し、その誤差により順列をつける。多くのオープン大会などで採用。
  • 連続正解数
 1問目からの連続正解数の多い順により差をつける。簡単な問題から徐々に難しい問題へと推移する『abc』のペーパークイズなどで採用。
  • 五十音順
 名前の五十音順で早い方から順列をつける。『クイズ!ヘキサゴンⅡ』で採用。
  • 別のクイズで決着
 ○×クイズ早押しクイズなど、別のクイズにより順列をつける。『アメリカ横断ウルトラクイズ』などで採用。

派生形式

読み上げペーパー

問題が紙に書かれているのではなく、出題者の読み上げによって出されるもの。『FNS1億2000万人のクイズ王決定戦!』の予選で行われていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。