人名問題

人名問題 (じんめいもんだい)とは、回答として人名を問う問題。

人名問題回答の原則

多くのオープン大会では、人名問題の回答について以下の原則が採用されている。
  • 東洋人(日本人、中国人、韓国人など漢字文化圏の人物)についてはフルネーム(姓名)で回答。
  • 西洋人についてはファミリーネームのみで正解。複合姓の場合は姓全てを回答して正解となる(ジスカール=デスタンなど)。

原則の例外

上記の原則には、いくつかの例外がある。
  • 東洋人であっても、姓名の形でない芸名や登録名が一般的な場合は、一般的な名前が優先される。相撲の力士は四股名の名字に当たる部分のみで良い。
 例:イチロー、友近、朝青龍など
  • 西洋人であっても、題意としてファーストネームを問うている場合はこの限りではない。
 例:「バラク・オバマの妻は?」という問題で「ミシェル」「ミシェル・オバマ」は正解、「オバマ」のみは不正解。

問題点

人名の体系は地域や時代によって大きく異なり、統一した回答ルールを作るのが難しい。現状においても、以下のような問題点が指摘されている。
  • 「東洋人」の範囲はどこまでか
  • 西欧に帰化した東洋人の扱いについて(米国籍の南部陽一郎博士を「ナンブ」で正解とするのか否か)
  • 僧侶や俳人など、下の名前のみで呼ばれることが多い人々について(時代や知名度によって扱いに差がある)
  • イタリアの芸術家など、ファーストネームで呼ぶことが多い人物について(ダンテ・アリギエーリ、ミケランジェロ・ブオナローティなど)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。