問題潰し

問題潰し (もんだいつぶし)とは、早押しクイズにおいて問題が読み始められてすぐにボタンを押し、故意に誤答する行為。
一般的にマナー違反とされ嫌われる。しかしルール違反ではなく、また問題潰しに見えても正答の意志がある場合や、単純な暴発の場合などもあり、厳密に防ぐことは難しい。
2001年に行われたオープンマンオブ・サイヤー」では「 ルールに定められた範囲内で、自分が勝利を目指すためにはあらゆることを行ってよい 」として、作戦としての問題潰しを奨励。クイズ界に一石を投じた。

  • 40問限定の7○3×、5人から2人抜け
  • 40問終了時、○が多い人→同じなら×が少ない人が上位と判定する
という条件で迎えた最終問題で、各回答者の成績は以下の通り。
A氏 B氏 C氏 D氏 E氏
7○1×(1抜け) 6○1× 5○0× 4○2× 1○2×
最終問題でC氏が正解すると6○0×となり、×の数の判定でB氏を上回って2着となる。
そのためB氏が問題を1文字しか聞かず押して誤答した( 問題を潰した )。
成績は6○2×となったが、正解数でC氏を上回っているため2着となり勝ち抜けとなった。

このような事態を防ぐため、「最終問題の誤答は誤答者の回答権を剥奪しもう1問出題」というルールが適用されることも多い。
上記でそのルールが適用された場合、41問目でC氏がB氏を上回る可能性が残る。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。