abc

abc (エービーシー)は、2003年より関東で開催されているクイズ大会。「 新世代による基本問題ガチンコ実力NO.1決定戦 」をコンセプトとする通り、問題は基本問題、参加者は大学生以下(詳細は後述)に限られる。

概要

社会人有志により2003年に開始され、毎年3月に開催されている。当時学生クイズ王決定戦「Man of the Year」は難問・凝ったクイズ形式で運営されていたが、abcは基本問題・ベーシックなクイズ形式に回帰し人気を博した(Man of the Yearは2005年大会後に休止)。
大会名の「abc」とは、クイズのいろは=ABCという意味と、それぞれ「短文という"選択肢"」=Alternative,「"基本"問題主体」=Basic,「"古典"的アプローチ」=Classicという意味が込められている。
また、本大会と平行して団体戦(EQIDEN)が開催されるのも大きな特徴の一つである。
大会は年々参加者を増やし、2017年には700人を突破。多くの学生プレイヤーの目標となると共に、テレビの取材が入るなどクイズ界の中で大きな位置を占めている。
多くのスタッフを必要とすることもあり、近年は運営の維持が大きな課題となっている。

2010年の「eighth」より、コース別以降を中心に大幅なルール改定が行われた。
2011年の「ninth」は東日本大震災の影響により8月に延期され、参加資格については2011年3月20日現在の学年等を基準とされた。

出場資格

出場資格は、以下の2つのいずれかを満たした者とされている。
  • 開催年の3月1日時点で大学or専門学校連続在学4年以下であること。ただし、一度社会人になった経験を持つ場合、この条件は満たさない。
  • 開催年の4月1日時点で22歳以下であること。一度社会人になった経験があっても22歳以下であればこちらの条件を満たす。
2番目の条件により、大学中退者や浪人生、飛び級の大学院生、海外の大学卒業者などが出場したことがある。また仮面浪人などの場合はスタッフにより個別に判断される。

各種データ

大会名 開催日 会場 参加人数 優勝者 準優勝者
(8th以降は3位も)
ペーパー1位
abc ~the first~ 2003年3月30日 ティアラこうとう 125人 片岡桂太郎(大4) 古川洋平(大1) 古川洋平(大1)
abc ~the second~ 2004年3月21日 一橋大学国立キャンパス 166人 古川洋平(大2) 石野将樹(大1) 古川洋平(大2)
abc ~the third~ 2005年3月21日 江東区総合区民センター 188人 古川洋平(大3) 米谷聡史(大4) 石野将樹(大2)
abc ~the fourth~ 2006年3月19日 板橋区高島平区民館 229人 古川洋平(大4) 宮川 敬(大4) 宮川 敬(大4)
abc ~the fifth~ 2007年3月21日 川崎市産業振興会館 269人 田村良平(大4) 石野将樹(大4) 田村良平(大4)
abc ~the sixth~ 2008年3月23日 川崎市産業振興会館 263人 定森洋人(大4) 大美賀祐貴(高2) 定森洋人(大4)
abc ~the seventh~ 2009年3月22日 サンピアンかわさき 319人 大美賀祐貴(高3) 廣海 渉(大1) 隅田好史(高3)
abc ~the eighth~ 2010年3月21日 サンピアンかわさき 392人 隅田好史(大1) 越島 傑(大4)
大美賀祐貴(大1)
隅田好史(大1)
abc ~the ninth~ 2011年8月20日 大田区民センター 451人 青木寛泰(中3相当) 廣海 渉(大3相当)
鳥居翔平(大4相当)
隅田好史(大2相当)
abc ~the tenth~ 2012年3月18日 サンピアンかわさき 492人 廣海 渉(大4) 大美賀祐貴(大3)
青木岬平(大4)
廣海 渉(大4)
abc ~the11th~ 2013年3月24日 大田区民センター 532人 隅田好史(大4) 山本達也(大4)
青木寛泰(高2)
隅田好史(大4)
abc ~the12th~ 2014年3月23日 横須賀市文化会館 大ホール 614人 青木寛泰(高3) 佐谷政裕(大2)
李泰憲(大1)
武富康朗(大4)
abc ~the13th~ 2015年3月22日 埼玉会館 大ホール 644人 青木寛泰(大1) 荻田直道(大2)
池内敦(高2)
原滉明(大2)
abc ~the14th~ 2016年3月20日 和光市民文化センター サンアゼリア 668人 佐谷政裕(大4) 長井和也(大4)
吉原主税(高1)
萬谷祥輝(大4)
abc ~the15th~ 2017年3月19日 和光市民文化センター サンアゼリア 727人 鈴木淳之介(大4) 原滉明(大4)
加瀬主税(大1)
浅間匠(大4)
abc ~the16th~ 2018年3月18日 埼玉会館 大ホール () ()
()

企画内容

 全て一問一答形式。またペーパー以外は全て早押しで行われる。

1R:ペーパークイズ (全体→48)

問題は、番号が進むにつれて難化する。同点の場合は「1問目からの連続正解数→抽選」で判定。

tenth~

 150問、マークシート形式の4択クイズ。制限時間は25分。

~ninth、ABC全回

 100問筆記クイズ。制限時間は20分。

2R:連答つき5○2×クイズ ((12→5)×4)

 ペーパー1位~4位は3○、5位~12位は2○、13位~24位は1○を持った状態からの5○2×。
 連答は、1st~4thでは【即勝ち抜け】だったが、5th以降は【+2○】に変更された(3連答で勝ち抜け)。
 さらに、ABC the fifthでは、連答ボーナスそのものが廃止されている。

3R:コース別「Number 10」 ((5→2)×4)

 以下の4コースによるコース別。行われる順番は、司会者がその場でくじ引きにより決定する。
 出場者は会場内所定の場所に優先順位( 2R勝ち抜け順→その中でのペーパー順 )の高い順に整列。
 形式が決定した後、30秒の間に参加するかどうかを決定し、参加する場合はネームプレートを掲げる。
 プレートを掲げている者のうち優先順位の高い順に5名が参加。5名に満たない場合は掲げていない者のうち優先順位の低い順に補充。
 4つのコースは共通して15分間限定で行われ、勝ち抜け2名が出ていない場合は形式ごとの基準により勝者を決める。

10 up-down

10○10×

10by10

10hits Combo(abc:1st~7th、ABC:1st~3rd)

10○10休(abc:8th~10th)

Swedish 10(abc:11th~、ABC:4th~)

10問正解で勝ち抜け。
誤答の場合、そのときの正解数におうじて加算される×の数が異なる。
0○の場合は1×、1~2○の場合は2×、3~5○の場合は3×、6~9○の場合は4×が加算される。10×以上で失格。

敗者復活 Extra Round(敗者全体→1)

tenth~

 2段階に分けて行う。
 1st stepは15問読み上げ筆記クイズを行い、正解者が勝ち残り不正解者は失格となる(復活者が出ない可能性もある)。
 残りが12名以下になった時点で2nd stepに移行し、早押しクイズを行う。5問正解で敗者復活。誤答は1回で失格。

~ninth

 9thまでは「Another 10」という題名で、途中まで団体戦と並行して別室で行われていた。
 全体をいくつかの組に分け、段階的に勝者を決定。誤答は全てのセットに於いて1回で失格(1st除く)。
 団体戦準決勝終了後にステージ上で最終段階が行われ、規定の正解数を重ねた1人のみが準々決勝に進出する。

4R:4セット制タイムレース「Seven Two Zero」 (9→4)

 seventhまで実施。各セット3分限定のタイムレース。
 得点ルールは、1セット目が【+1-1】、2セット目が【+1-2】、3セット目が【+2-1】、4セット目が【+2-2】。
(ABC the 4thでは+2-2→+2-4→+3-2→+4-4)
 それぞれのセットでトップの1人が勝ち抜け。最下位の1人が失格となる(ともに同点の場合は1○1×で決着)。
 ポイントは全て以降のセットに持ち越しとなる。

準決勝

eighth~:3セット制タイムレース「Nine-Hundred」 (9→3)

 各セット5分限定のタイムレース。
 得点ルールは、1セット目が【+1-1】、2セット目が【+1-2】、3セット目が【+2-2】。
 それぞれのセットでトップの1人が勝ち抜け。下位2人が失格となる(ボーダーで同点の場合は1○1×で決着)。
 ポイントは全て以降のセットに持ち越しとなる。

~seventh:abcゲートクイズ (4→2)

 4人による通過クイズ。4ポイントで通過席に行くことが出来る。通過席にいる状態で正解すれば勝ち抜け。ただし、他のプレイヤーに正解されたり、自分で誤答した場合は通過失敗。通常席に戻る。その際、1回目の通過失敗後は1ポイント、2回目後は2ポイント、3回目以降は3ポイントのアドバンテージを持つ。
 誤答はマイナスポイントだが、0ポイントでの誤答は×が付き、3×で失格となる。

  • 1stでは「abc風通過クイズ」で、3ポイントで通過席となる以外はほぼ上記ルールと同じ。また、この回に限り、ポイントごとにテーブルと早押しボタン4台を設け、ポイントが変わるたびにプレイヤーが移動するという方式で行われた。
  • 2ndでは「通過クイズ」で2ポイントで通過席。-3ポイントで失格。通過席での問題は当日配布された問題集に掲載された通常問題とは別に50問用意されていた。

決勝

 出場者1名につき2名まで「セコンド」を一緒にステージに上げさせることができる。セコンドは各セット終了ごとに20~30秒間サポートを行える。

eighth~:トリプルセブン(3→1)

 セット獲得制の早押しクイズ。
 各セット7問正解で1セット獲得となり、3セット先取。
 誤答はセットごとにnセット目n回でそのセットの解答権を失う(1セット目7○1×、2セット目7○2×・・・7セット目7○7×)。
 2名が解答権を失った場合は残る1名がそのセットを獲得する。

first・second:バレーボールクイズ/third~seventh:テニスクイズ (2→1)

 セット獲得制の早押しクイズ。
 バレーボールクイズは15ポイント制で2セット先取。
 テニスクイズは4ポイント制で6セット先取。デュースの場合は2ポイント差がつくまで継続。
 誤答は相手のポイントとなる。7thでは初めて優勝が相手の誤答により決定した。

ABC

ABC 」(すべて大文字)はabcのルール・演出を踏襲し同じコンセプトで行われる、学生有志主催による社会人対象のオープン大会である。
「abc」の出場資格がそのまま「ABC」スタッフ資格(=出場の欠格)となるというレギュレーションで行われ、「社会人版abc」「ラージabc」などとも呼ばれる。
当初はabc the seventhまでのルールを踏襲して行われたが、ABC the fourthでの10 hits combo Vの廃止や敗者復活のルール変更を経て、ABC the fifthで現行のabcと同様の構成となった(1Rのペーパークイズを除く)。
fifthの開催を以って、大会の休止が宣言された。

記録

大会名 開催日 参加人数 優勝者 準優勝者
(5thは3位も)
ペーパー1位
ABC 2010年2月14日 132人 古川洋平(宮城県) 渡辺 匠(神奈川県) 為季正幸(岡山県)
ABC ~the second~ 2011年12月23日 138人 渡辺 匠(神奈川県) 古川洋平(東京都) 為季正幸(岡山県)
ABC ~the third~ 2013年2月11日 148人 古川洋平(東京都) 鳥居翔平(千葉県) 山田晋也(東京都)
ABC ~the fourth~ 2014年3月8日 142人 渡辺 匠(神奈川県) 鳥居翔平(千葉県) 廣海 渉(京都府)
ABC ~the fifth~ 2016年2月21日 134人 鳥居翔平(千葉県) 徳久倫康(東京都)
片岡桂太郎(東京都)
田中健一(神奈川県)

関連項目

外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。