早押し機

早押し機 (はやおしき)は、早押しクイズで使用される、いち早く回答の意志を示した者を判定する機械。
市販のものもあるが、愛好者の多くはアマチュア製作のものをサークル単位で保有し使っている場合が多い。
下記の本体を称して「早押し機」、端子を称して「早押しボタン」と呼ぶのが一般的だが、セットを総称して「 ボタン 」や「 押し機 」と呼ぶこともある。

概要

出題者の手元に置かれる「本体」と、ボタンとランプからなる「端子」で構成される。

本体

 電源スイッチとチャイムボタン、ブザーボタン、リセットボタンがついているものが一般的。2着判定のON・OFFスイッチ、ALL機能のON・OFFスイッチがあるものもある。また、端子とは別に本体側にも早押し判定用のランプがついているものもある(荒屋製など)。

端子

 一般的なものでは名刺大程度、大きいものでは弁当箱大のものが多い。1着でボタンを押すとランプが点滅する。2着判定をONにすると2着は点滅せず点灯、ALL機能をONにすると2着以下押した全員が点灯する。また、チャイム・ブザー・リセットの3ボタンをまとめた「レリーズ」と呼ばれる出題者用端子が付けられるものもある(高畠製など)。

代表的な早押し機

  • NEWハヤオシピンポンブー
 現在も発売されている市販早押し機。単3電池4本で稼動する。端子数は6端子で、ランプは本体側についている。現行のものは黒だが、かつては黄色いものも発売されていた。
  • 荒屋製
 関西以西のサークルで多く使用されている。基本は電源式だが、電池稼動のものもある。端子は白、ボタンとランプは赤。
  • 高畠製
 関東などのサークルで多く使用されている。基本は電源式だが、電池稼動のものもある。本体・端子とも黒。ランプは赤・白・青など多種。

外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。