Quiz Road Cup

Quiz Road Cup (クイズロードカップ)は、2003年から2008年まで東京で行われたクイズ大会。主催はクイズ作家として知られる日高大介氏。

概要

元々は日高氏が発行するメールマガジン『Quiz Road』から生まれたもの。「シンプルな形式」「スピーディな展開」「スタンダードな問題」をコンセプトにおよそ半年に1回のペースで開催された。
プロのアナウンサーによる問い読み、司会進行の日高氏、そしてアシスタント1人というスリムアップされた布陣でありながらクオリティの高い大会であり、学生限定の「abc」、関西の「勝抜杯」と並んで2000年代の短文ブームを支える大会となった。

2013年に5年ぶりに復活開催した。

データ

大会名 開催日 参加人数 会場 優勝者 筆記1位
第1回Quiz Road Cup 2003年4月29日 74人 目黒区緑ヶ丘文化会館 山本 剛 石野まゆみ
第2回Quiz Road Cup 2003年11月23日 80人 代々木八幡区民会館 安藤正信 田中健一
第3回Quiz Road Cup 2004年5月23日 101人 代々木八幡区民会館 上野裕之 春日誠治
第4回Quiz Road Cup 2004年12月19日 90人 目黒区緑ヶ丘文化会館 加藤禎久 石野まゆみ
第5回Quiz Road Cup 2005年6月11日 120人 代々木八幡区民会館 加藤禎久 鷹羽 寛
第6回Quiz Road Cup 2005年12月23日 74人 目黒区緑ヶ丘文化会館 田中健一 秋田芳巳
第7回Quiz Road Cup 2006年6月25日 90人 代々木八幡区民会館 加藤禎久 石野まゆみ
第8回Quiz Road Cup 2006年12月10日 106人 目黒区緑ヶ丘文化会館 津田功司 石野まゆみ
第9回Quiz Road Cup 2007年7月8日 89人 代々木八幡区民会館 加藤禎久 石野まゆみ
第10回記念Quiz Road Cup 2008年4月27日 124人 ルミエール府中 加藤禎久 鷹羽 寛
第11回Quiz Road Cup 2013年3月3日 130人 ルミエール府中 秋田芳巳 片岡桂太郎

行われたクイズ(各回共通)

予選1回戦・筆記クイズ(全体→20)

 1問1点の3択50問、1問3点の一問一答50問の100問200点満点のペーパークイズ。上位20人が予選2回戦に進出、21位以下は予選1回戦敗者復活戦に進む。

予選1回戦(敗者復活戦)・早押しクイズ(筆記非通過者→10)

 3○1×。10席の早押し席に、筆記上位(21位~)から順に着き、以下は空席待ち

予選2回戦・早押しクイズ((5→2)×6)

 1回戦通過者30人を5人ずつ6組に分けての7○3×。各組2人が勝ち抜け。

予選3回戦・ボードクイズ(12→8)

 12人一斉ボードクイズ。7問正解で勝ち抜け。

敗者復活戦(全体→2)

 各回で内容は異なる。

準決勝((5→2)×2)

 勝ち残った10人を5人ずつ2組に分け、各組2人勝ち抜けのクイズ。
 片方の組は5問先取のアップダウンが恒例。もう片方の組のルールは各回で異なる。

決勝・早押しクイズ(4→1)

 10○4×。3人が4×で失格となった場合は残った1人が優勝(第1回はこの形で優勝が決まった)。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。