アメリカ横断ウルトラクイズ

アメリカ横断ウルトラクイズ (―おうだん―)は、日本テレビで放送された視聴者参加型の特別クイズ番組。1977年から16年間毎年放送され、クイズ番組の代名詞的存在となった。1992年の第16回をもって一旦終了したが、1998年に「今世紀最後」と題して一度だけ復活した。
正式なタイトルは『史上最大!第○回 アメリカ横断ウルトラクイズ』。また英題として「TRANS AMERICA ULTRA QUIZ」という名前も用いられた。

概要

全国から集った18~45歳(後に50歳)の参加者が、クイズを勝ち抜きながらアメリカ大陸を横断し、決勝地であるニューヨークを目指すという内容。
途中の各地で「チェックポイント」と呼ばれるクイズが行われ、敗退した者は「罰ゲーム」を受けた後に日本に帰国となる。決勝にたどり着けるのは2人のみ。決勝で勝った者は「日本一のクイズ王」と呼ばれた。
壮大なスケールと常識を超えた発想、描き出される人間ドラマなどにより人気を博し、テレビ史に残る名番組として今なお語られ続けている。

2014年以降「ファミリー劇場」にて不定期に再放送が行われている。

クイズ界における「ウルトラクイズ」

1970~80年代においてウルトラクイズはクイズ愛好者の大目標であり、多くのクイズサークル結成のきっかけとなった。現在のクイズ界の礎であると言っても過言ではないだろう。
80年代後半からは大学のクイズ研究会在籍者・出身者が大いに活躍し、「史上最強」や「FNS」とともにクイズブームを演出した。
しかしクイズ愛好者は番組において必ずしも歓迎されたとは言えない。番組に対するスタンスや人間味といった点で一般参加者と一線を画すクイズ愛好者たちは、番組の魅力の一つである「人間ドラマ」を形成するにあたり適当とはいえないと考えられていたようである(福留の著書などでその一端がうかがえる)。
1998年の「今世紀最後」においては、公式サイトにおいて「クイズ研究会は書類審査で落ちるとトイレの裏で聞いた」などと題した掲示板が設置され物議を醸した。この他400問ペーパークイズの廃止など、クイズ研究会を排除するような動きがあったことに対し、反発した者も少なくなかった。特にオープン大会などを通じテレビを離れた独自のクイズを展開してきた学生達にはアンチも多く現れ、クイズ界では賛否の議論が巻き起こった。

行程の概略

個々のクイズルールについては「ウルトラクイズのクイズルール」をご参照ください。
(まだ書いていないので、それまではWikipediaの同項目をご参照ください。)

国内第一次予選

 後楽園球場(後に東京ドーム)に全参加者を集めての○×クイズ。1問誤答失格の勝ち残り形式で、100人前後の勝者枠を競った。

国内第二次予選

 成田空港近くの「成田エアポートレストハウス」で、参加者同士1対1のジャンケン対決。その後の敗者復活などを含め、およそ半数の50人強が予選突破となった。

第1チェックポイント

 成田空港からグアムに向かう飛行機内で、400問の3択ペーパークイズ。成績上位の30~45人が勝ち抜けとなった。

第2チェックポイント

 グアムで一人必答形式の「○×どろんこクイズ」。その後の敗者復活などを含め、20~30人が勝ち抜けとなった。

その後のチェックポイント

  • 名所・旧跡や観光地などでクイズを行い、各地で1~2人が脱落。脱落すると「罰ゲーム」を受けた上、日本に「強制送還」される。
  • 人数を徐々に減らしながら、一行はアメリカ大陸を西から東に横断。
    • 一部アメリカ合衆国以外の国を訪れる回もあった。
  • 準決勝は一部の回を除き、4名で争われる「通せんぼクイズ」が恒例となっていた。
  • 決勝地であるニューヨーク(第9回はパリ、今世紀最後は西インド諸島)へたどり着ける参加者は2人のみ。

決勝

 プラス1マイナス1、10ポイント先取の早押しクイズ(いわゆるNYスタイル)。

データ

司会(出題・海外リポーター)
  • 福留功男(第1回~第15回1問目、今世紀最後)
  • 福澤 朗(第15回2問目~第16回)

大会 放送日 1週 2週 3週 4週 5週 参加者数 優勝者 準優勝者
第1回 1977年 10月20日 27日 404人 松尾清三 藤原滋子
第2回 1978年 11月9日 16日 23日 700人 北川宣浩 間下友美子
第3回 1979年 11月8日 15日 22日 1,362人 宗田利八郎 田上 滋
第4回 1980年 10月30日 11月6日 13日 2,707人 上田由美 松澤典子
第5回 1981年 10月8日 15日 22日 11月5日 6,473人 真木法男 杉山 眞
第6回 1982年 10月7日 14日 21日 28日 7,332人 高橋直樹 高木 剛
第7回 1983年 10月20日 27日 11月3日 10日 10,203人 横田 尚 渡辺晶夫
第8回 1984年 10月11日 18日 25日 11月1日 11,048人 石橋史行 宍戸浩明
第9回 1985年 10月24日 31日 11月7日 14日 11,754人 金子孝雄 長谷川威夫
第10回 1986年 10月30日 11月6日 13日 20日 17,162人 森田敬和 西沢泰生
第11回 1987年 11月5日 12日 19日 26日 18,017人 稲川良夫 山賀恵美子
第12回 1988年 11月3日 10日 17日 24日 12月1日 20,774人 瀬間康仁 大江成人
第13回 1989年 10月26日 11月2日 9日 16日 23日 24,115人 長戸勇人 永田喜彰
第14回 1990年 10月25日 11月1日 8日 15日 22日 26,735人 佐藤光邦 高松康典
第15回 1991年 11月7日 14日 21日 28日 28,523人 能勢一幸 松原史和
第16回 1992年 10月22日 29日 11月5日 12日 26,121人 田中健一 大西 肇
今世紀最後 1998年 11月22日 23日 50,453人 小川圭太 清水耕司

大会 放送日 参加者数 優勝者 準優勝者
史上最大の敗者復活戦 1982年12月31日 24,642人 佐藤麻利子 門田雅志

関連項目


外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。