(ご)は、2003年から2007年までabcと同日開催された、団体戦形式のクイズ大会。「 学生サークル早押しクイズ日本一決定戦トーナメント 」と銘打たれている。

概要

テレビ番組『』の「学生サークル早押しクイズ日本一決定戦トーナメント」をベースに、5人一組での形にしたもの。
演出にも随所に『天』のパロディが挿入された(ただし、回を経るにつれてパロディ的演出は減っていった)。
基本的に「abcの休み時間の合間を縫って行われる余興」というスタンスで開催されており、決勝以外はabcのペーパー採点、敗者復活開催時といった時間を利用する。
この形式の団体戦は2007年で終了し、2008年からは代わって「EQIDEN」という新たな団体戦が行われている。

レギュレーション

1チームは5名。補欠は3名まで可能。参加資格は以下のとおり。
  • サークルの例会を3回以上開催していること。
  • 参加するメンバー全員が「abc」の出場資格をもつこと。
  • 参加するメンバー全員が当該サークルにおいて3回以上の例会参加経験を持っていること。
  • 出場選手全員が、サークルの看板を背負って出場するという意気込みがあること。
    • なお、「誤2」までは、「abc」の出場資格を持たない者を2名まで「オーバーエイジ(誤)」「スーパーメンバー(誤2)」として参加させることが可能だった。

ルール

チーム数などの変動により異なる。( )内に3と書かれている場合は3チーム対戦、それ以外は2チーム対戦である。

1回戦(B3) 準決勝(3) 決勝
誤2 1回戦(A) 2回戦(A) 準決勝(3) 決勝
誤3 1回戦(A) 2回戦(A) 準々決勝(B) 準決勝 決勝
誤4 1回戦(A) 2回戦(A) 3回戦(A) 準々決勝(B) 準決勝 決勝
誤誤 1回戦(A3) 2回戦(B3) 準決勝 決勝

(A)のルール

  • 「誤2」~「誤4」は2チーム、「誤誤」は3チームによる対戦。
  • 各チームの5名全員が同時に早押し機につく。正解した者から順に勝ち抜け。
  • 誤答は問題文を読みきった上で相手チームに解答権が移動(3チーム対戦の「誤誤」では通算5回で失格)。
  • 先に5名全員が勝ち抜けたチームの勝利。

(B)のルール

  • 「誤」「誤誤」は3チーム、「誤3」「誤4」は2チームによる対戦。
  • 各チームエントリー時の順番に沿って1番手から順に1人ずつ早押し機につく。1問正解で次の者に交代。
  • 先にアンカー(5番手)が正解したチームの勝利。
  • 誤答はリセットとなり1番手に戻り、かつチーム通算5回で失格。スルーが3問続いた場合は両チームともにリセットとなり1番手に戻る。

準決勝

  • 「誤2」までは3チーム、「誤3」以降は2チームによる対戦。
  • 各チームエントリー時の順番に沿って1番手から順に1人ずつ早押し機につく。1問正解で次の者に交代。
  • アンカー(5番手)が正解したチームは「誤」の書き問題に移行。1番手から順に解答を発表し、5名全員が正解したら勝利となるが、一人でも間違えるとリセットとなる。
  • 誤答はリセットとなり1番手に戻り、かつチーム通算5回で失格。スルーが3問続いた場合は両チームともにリセットとなり1番手に戻る。

決勝

  • 2チームによる対戦。
  • 各チームエントリー時の順番に沿って1番手から順に1人ずつ早押し機につく。1問正解で次の者に交代。
  • アンカー(5番手)が正解したチームは「誤」の書き問題に移行。1番手から順に解答を発表し、5名全員が正解したら優勝となるが、一人でも間違えるとリセットとなる。
  • 誤答はリセットとなり1番手に戻る(ただし1人目の誤答に限り問題文を読みきって相手に解答権が移る)。スルーが3問続いた場合は両チームともにリセットとなり1番手に戻る。

データ

大会名 開催日 チーム数 優勝 準優勝
2003年3月30日 18チーム AQC 仙台第一高校
誤2 2004年3月21日 21チーム 中央特快 名古屋大学
誤3 2005年3月21日 27チーム らもーズ 僻地ーず
誤4 2006年3月19日 33チーム 紺碧 らもーズ
誤誤 2007年3月21日 37チーム 無名塾 北海道大学
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。