※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PROLOGUE

時は戦乙女レナスの物語より数百年の昔。
主神オーディンにより、魂の選定の任を与えられていたのは戦乙女シルメリアだった。
任務に忠実であったシルメリアだったが、とある出来事の中でオーディンの
強引な命令に疑問を持ち、反抗してしまう。
その行動に危険を感じたオーディンは、急遽シルメリアを転生させ、次なる戦乙女を召喚しようとする。
しかし、戦乙女を転生させる神の秘儀「王呼の秘宝」は不完全な状態で発動してしまう。

そして、シルメリアの魂はディパン王女、アリーシャの中で覚醒する---。

本来、人間に転生している間は覚醒することのない戦乙女の精神。
主神であるオーディンが自身に逆らいし者の覚醒を許すはずも無い。

いつの日か、シルメリアの覚醒を感知し制裁の手を下す日が来る---。

シルメリアは近く訪れるであろうその日の為、
幼い頃からアリーシャに語りかけてきた。
が、シルメリアとの会話は周囲の者たちにとって奇行としか映らなかった。
結果、アリーシャは実の父であるディパン王・バルバロッサによって、
ディパンより遥か遠方の古城へと放逐され軟禁生活を余儀なくされる。
そして、遂にシルメリアの覚醒はオーディンの知るところとなり、追跡の手は近くに迫っていた。

出会うはずの無い二つの魂。
そこに迫る神の制裁。

一人と一柱の、数奇な運命の歯車が回り始める━━。