ちょいと一息

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皆さん始めまして!

私は、なぜリヴリー小説を書こうと思ったかと言うと、
小説『もんすたいる』があったからです。

私も小説1大好きで、今でも『もんすたいる』の十一章が連載されるのを待っています。

小説『もんすたいる』がなかったら、この『勇気』は、ありませんでした。
((何回、言ってるんだよ))

この小説を、誰か一人でも見ていてくれたのなら

『チーム/感想/専用BBS』に書き込んでくれると嬉しいのでGO!(please!)

第二章をお楽しみに。

(どさくさにまぎれてムシクイのなまえをつかってしまった(汗))

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  


更新履歴

取得中です。