≪2章≫ ~迷路~

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「よし着いた!早速中に入ろぉ~っと!」

何も考えないでしゃべっているのは、やっぱりピノンだ。

「何言ってんのよピノン!
勝手に入って迷ったらどうすんの!
ぜったい三人で行動でしょ!ねっライヌ!」

「え?!うっうん。でもちょっと言い方がきつくないか?」

ライヌがピノンをかばおうとすると、マティの視線がライヌにぐさっと突き刺さった。

「は・はは;さぁ早く行かないと時間が無くなるぜ;」

話をそらすようにライヌが
「さささ」と小走りでドアのほうへ向かった。

二人もライヌに続いてドアに入っていった。

「<4>行こ!」「次<2>」
「<2>行ったから<1>」
と三人は、どんどん進んでいった。

「フゥー次どこ行く?」マティが行った。

「うーん;あっいいこと思いついた!
ずっと<3>の方にむかって、誰が一番早く端っこにたどり着けるかってのどおだ?」
ライヌがいった。

「わぁー、面白そうね!」
マティが目をきらきらさせて言った。

「えぇーぼくは、あの・・その・・」
うじうじ何かを言いかけているのは、ピノンだった。

「何よ?もしかしてやりたくないの?」

そうマティに言われたピノンは
「ま・まさかやりたいに決まってるよ;はは」
と少し強がって見せた。

「良し!決まり それじゃあ行くわよー!ヨーイ!スタート!!」

その掛け声と同時に三人は、一斉に走り出した・・・
と思ったのだが、一人スタートダッシュで転んだリヴがいた。
そう、やっぱりピノン

「いたた!あぁー早く追いつかないと」

ピノンは、一生懸命走ったが、マティ達は、一向に見えてこなかった。

「ハァハァ、みんな早いなぁー。どこまで行ったんだろう」

少し止まって休んだピノンは、顔を上げてはっとした。

「あれ?<3>方向ってどっちだっけ・・・? えとえと、早く二人を見つけなきゃ」

急ぎと不安がまじって何がなんだかわからない状況だった。


それでもピノンは、ひたすら走った。

ピノンの瞳には、たった4つしかない扉が 
まるで大きな大きな迷路のように移っていた。  

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  


更新履歴

取得中です。