0302:マインドマップを有効活用


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。









マインドマップのソフトウェアには何種類かあるが、発想支援型というよりも分析支援型の利用としてはマインドマネージャーが最も利用価値があると思う。

マインドマネージャーのバージョン7.0のプロ版は、オフィス2007のツールバーとほとんど同じ外観をもっており、利用しやすい。ソフトウェアとしては結構重いソフトだが、メモリを増設しているので、問題なく動く。

内部監査の計画・実行管理に利用できそうなので、バージョン6.0を会社のパソコンにも入れてもらった。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|