※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

選手名
最適性ポジ
感想
ランク
A・ファーディナンド
RCB
RSBも卒なくこなす、数少ない若いラインコントローラー。出たら獲得すべきb
SS
G・ネヴィル
RSB
RSB専門のような選手だが、8点台は常に出し、クロスの精度、ディフェンス能力も高い。間違いなくトップクラスの能力を持っている。
S
J・ドスサントス
LSH
LOHもこなすが、やはり適正はLSH。だがシュバインと比べるとかなり見劣りする。若いので鍛えれば中々強くなりそうではある。
B
Sラモス
RSB
メインではRSBだが、LSBで使っても中々活躍してくれる。SBとしてはLパス制度もあり、全体的にバランスが良くまた、若く、ボランチも出来る為、4バックなら獲得したい選手。
S
アンリ
CCF
ワントップでは無類の強さを発揮し、カウンター戦術にはもってこいの選手。活躍してないと思われる時も評価点は高く、彼が見えないところで奮闘してることが伺われる
S
イニエスタ
RCH
トップ下、CH、OHとどれも卒なくこなす器用な選手だが、裏を返せばこれ!といったポジションが無い。しかしシュートを鍛えればチーム内得点王も狙える選手。
S
エッシェン
RCH
CBは難しいものの、RSB,CDH、を卒なくこなす。しかし最適性は激戦区のRCHなため使いづらい。
B
カッサーノ
RCF・ST
実際には悪童と呼ばれているにも関わらず、意外と誰にでも合う選手。そのドリブル能力は貴重であり、トップ下も気まぐれながら、8点台を出すこともある。RCFなら9点台、LCFなら7~8点台を普通に出す。またトッティと組んでいたためか、ST選手との相性が良いようだ。ちなみにRSTでも9点台を狙える。
A
カルバーリョ
RCB
ラインコントローラーとしてはAファーディナントの次に人気がある選手。ディフェンス値が非常に高く安心してバックを任せられる。
A
ガットゥーゾ
RDH・SH
その守備の高さのために、1Vもこなす闘犬。しかし2VではRCHの選手が多いので使いづらくなっている。3バックの守備の高いRSHとしてなら抜群だろう。
A
キエーザ
LCF・RST
このポジションで使えばだいたいの活躍はしてくれるものの、外人としては物足りない。よっぽど好きでない限りは取らない方が得策だろう。
B
キャリック
LDH
とても安定した活躍を見せ、また少し若いため非常に重宝する。パスなどの能力は申し分なく、さらにDFも案外能力以上の力を発揮する。
S
キャンベル
RCB
3バックでは機能しない上、4バックでは普通な使いづらい選手。能力は良いが、買う必要性は特に無い。
C
ギブン
GK
20億キーパーとしてはディフェンス力は高く全体的に安定している。が、ヘディングがあまり高くは無いのでハイボールには弱いだろう。
A
ギャラス
LCB
3バック、4バック。どちらのフォメでも安定した活躍を見せるDF。上がってきて得点する率も高い。残念ながらSBは出来ないのであしからず。
A
クラニチャル
COH
トップ下でチームを引っ張る若きMF。パス精度は高めだが、シュート精度が低いために使いづらくなっている。控えとして持っておくと便利だろう。
最近司令塔が追加されたようだ。
B
クローゼ
RCF
その決定力はスーパースターと比べてもひけを取らない。どんなフォメ・相手でも機能する万能選手でもあり、出たら迷わず獲得すべし。

グァルディオラ
CDH
そのパス精度、ドリブル能力はやはりバルサの黄金時代を支えただけはある。1Vで脅威の力を発揮し、スーパースターと比べてもひけを取らない。ドリブルで得点することも多く、司令塔属性もある素晴らしい選手だ。しかし高齢のために使いづらい。能力が高いので普通の選手より一年ぐらいは長くできるのだが・・・。
A
グジョンセン
ROH
WG、ST、FW、MFとハイレベルなユーティリティーを持つ選手。能力も全体として高く、使いやすい選手だ。
B
コク
LCH、CDH
司令塔持ちの数少ないDH。相性が合う選手も多く、守備の要になる可能性大。
A
サネッティ
RSB
一応RSBが本職ではあるがRSH、LSHでもかなりの活躍をする。サイドチェンジの回数が多いためか。しかしその年齢が使いづらいところではある。
B
シェフチェンコ
CF
まさしく「ウクライナの矢」のごとく、スピード、シュート制度を合わせ持つが、それだけでなくオフェンス能力すべてを兼ね備えている。だがその能力を生かしきるベストポジションが未だ不明。
A
シュバインシュタイガー
LOH、LSH
これまた人気選手だが、OHの場合、相手選びが難しい。機能すれば得点王になる可能性大。
A
ジュニーニョ
ROH
脅威のFKを持つOHの人気選手。トップ下は出来ないが、SHもこなす器用な選手。
A
スコールズ
L・RCH
自称「小さな大司令塔」。実際には司令塔スキルは無く、相性の合う選手も少ないので使いづらい。購入の際には、マンUのメンバーが自チームにいるかどうかを確認しよう。
C
スナイデル
CH・SH・OH
こなせるポジションは多いが主にRCHを活躍の場とする。ユーティリティ性や若さ、その展開能力(パス能力)に加えフリーキックも蹴れる為、非常に重宝する選手。
S
セードルフ LOH パス精度、ドリブルは確かに目を見張るものがあるものの、シュート精度が低く、OHとしては使いづらい。しかし機能すれば爆発する可能性はある。 B
ゼロベルト
LSH・LDH
主にLSHで機能する。コンディションがよければ評価点1シーズン8.3以上はマークする。ドリブル能力が高く、どちらかと言うとクロスより自分からシュートを打ちに行くタイプなのでアシストより得点の方が多い。
S
ダーヴィッツ LCH 値段が安い分ドリブルとスタミナ以外の能力は低め。しかしフィジカルが強く、ファールを獲られない限りは大抵抜いてシュートしてしまう。評価もなかなかだ。 B
ダフ
LWG
LWGとしては20億の中ではかなり上に位置する選手。得点能力も高く、RWGもこなせる。
A
ダレッサンドロ
LOH
LOHで使えば8点台は堅く、また得点能力も高い。LOHのトップ3に顔をつなれる1人である(他、ピレス、グティ)
S
ツェフ
GK
その若さ、能力は特筆もので、まさに10年保障の壁。判断力が良いためか、コーナーキックを取られることが少ないように思われる。Lパス精度も高いのでカウンターも狙っていける選手だ。
S
ティモシュク
C・LDH
ボランチならば7~8を安定して出す選手。司令塔属性とキャプテンシーを合わせ持ち、彼が絶好調ならば、ボールの支配率は確実に上がる。OHと相性が合えば、間違いなく守備の要として活躍するだろう。ちなみに、OHに司令塔がいると機能しないので気をつけて。
A
デコ RCH RCHならば、素晴らしい活躍を見せるMF。値段分の活躍は期待できる。 A
テベス
LCF
FWの人気選手。そのドリブル能力と決定力、若さは魅力的。出てきたら獲っておいて良いだろう。
S
デフォー
RCF
若きドリブラー。うまく育てればエースストライカーになる可能性大。獲っておいて損は無いだろう。
A
ドノバン
RST
大体の選手なら相性が良いST。控えならばトップ下も勤められる使える選手。
A
ヌノ・ゴメス CCF 1top、3topの真ん中で安定して好い調子を維持してくれる選手だが、能力が低いために活躍は期待できない。 B
フート
R・LCB
CBならば安定した活躍を見せるDF。だが基礎能力が低めのため、不動のスタメンにするには守備を鍛えねばならない。
B
ファンデルメイデ
RWG
鍛えればすぐにドリブル精度が90を超え、実力以上の力を発揮する右サイドの覇者。得点能力も高いが、アシスト率は低い。
S
フィオーレ
COH・CH
COHで使えば安定した活躍を見せる。アシストだけでなく、得点能力も高く、控えとして使っていたがシーズン8点台は取るだろう。またSH適性はあるがサイド適正がCなので注意w
A
フォッジャ
LWG
若いLWGとしては、バベルに次ぐ能力。ただ決定力が低めなため、キャンプ必須。
B
フレッチャー
RCH
RCHなら確実に8点台、RSHなら7点台を出す選手だが、RCHというポジションが他に良い選手が大勢いるために、価値が減少している。
B
フンテラール
CCF
3topか1topでしか機能しないとても使いづらい選手。ドリブル能力が低いくせにドリブルをしたがり、シュートも外すという最悪な選手。鍛えればある程度は良いが、彼を獲るならば平山を獲るのが良策だろう。
C
ベルカンプ
RST
その得点能力、相性の良さ、ドリブル能力はどれも一級品。RSTなら囮になったり自分で持ち込んだりパスしたりと、多彩な攻めを見せてくれる。トップ下も出来、8点台を出すこともある。チームの柱になる可能性大。
S
マキシ・ロドリゲス
ROH
トップ下は出来ないが、ROHで脅威の得点能力を発揮するMF。将来的にシュバイン、ジュニーニョに並ぶ選手になるだろう。
S
マスチェラーノ
RDH
若く、そして守備に長けていると共にたまに攻撃に顔を出しては結果を出す貴重な選手。相方が攻撃的な選手でもバランスを保ってくれる。
A
マルブランク
ROH
ちょっと弱いマキシロドリゲスという感じ。ドリブル的にはオコチャにも負けているが、ある程度の強さは発揮してくれる。
B
ミハイロビッチ
LCB
LCBで使えばシーズン通して8点台は堅い。ディフェンスでは能力以上の力を発揮する。また彼のFKは相手の脅威となる。
S
ラーム
LSB
LSBで1番人気がある選手である。若く、能力も申し分ない。自ら持ち込んで決める事もしばしば。4バックなら取っておいて絶対損しない選手である。
S
ルアルア
LST
ドリブル能力の高いFW。しかし他が低いために中々評価が出にくい。
B
レーマン
GK
能力的には対したことは無いが、積極的にペナルティエリアから飛び出し、まるで第三のDFのような活躍をする。自分で削って自分でセービングすることもしばしば。調子も上がりやすく、なかなか使いやすい選手だ。
B
レジェス
LOH・LSH
若く、初期能力は70台後半が多いので5、6年後は80台90台ばかりとなる為監督もビックリするはず。またSH起用と思いきやLOHがベストなのでそこに注意。
A
ロシツキー
OH・CH
まさに「小さなモーツァルト」と呼ぶに相応しい、パス・ドリブルセンスを持ち、ここぞというところで確実に決めるシュート制度もある。司令塔スキルも有り、この選手加入後は彼がゲームを創ると言っても過言ではないだろう。byひぇ
SS
ロッベン
LWG
スピード、ドリブル、シュート精度は確かに目を見張るものがあるが、LSH、2TOPでは機能しないため、結局LWGにならざるを得ない。3TOPにしないならば獲らないのが良策だろう。しかしLWGの場合でも、ムラが大きく使いづらい選手ではある。
A
|