※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

選手名
最適性ポジ    
感想
ランク
阿部勇樹
RDH
FK精度はそこまで高くないものの、味方に合わせる事が多く、意外に決める回数が多い。FKを蹴る選手がいない場合は重宝する。ポジションは攻撃的DHで、守備面でも活躍をみせる。DFも可能であるが、課題は安定感の無さか。
B
今野
LDH
日本人の控えのスペシャリスト。LDHならばスタメンもいけるが、控えならばLCB、LSBも務めることが出来る。
S
内田篤人
RSB
常にRSBなら8点台を出す選手。鍛えればスタメンでも十分いけるだろう。
A
小笠原満男
ROH
司令塔持ちの格安なトップ下。COHを使うフォメならばぜひ獲っておきたい。
A
小野伸二
ROH
その安さ、適応度の高さは一級品。トップ下も可能で、FKもなかなかの精度だ。相性の合う選手も多く、司令塔属性もあるので、控えとしてもスタメンとしても使っていける。獲っておくと便利な選手だ。
太田吉彰
RSH
ポジションは右SHオンリー。だが普通にそこで使えば7、5は確実に、よい時は9点台も狙える、安定した選手。ただ評価点は安定してるもののアシストと得点はあまり期待出来ない。
大黒将志
RCF
得点力の高い日本人FW。RCFでは安定した活躍を見せる。相性の合う選手も多いので獲っておきたい一人である。
A
加地亮
RSB
RSHでは活躍をほとんど期待できないRSB専門選手。残念ながら全てにおいて内田に負けている。
C
川口能活
GK
その安さ、能力はまさに日本の守護神。なにかと隠れパラが多いようで、能力以上の活躍をすることが多い。第二GKとしてでもスタメンGKとしてでも、獲っておくと便利だろう。
S
栗原勇蔵
RCB
3、4バックどちらでも機能するCB。使い勝手は抜群である。
A
駒野友一
RSB
最適性はRSBなものの、LSB、両SHをこなす器用な選手。SBの控えとしてでもスタメンとしてでも獲っておくと便利だ。
B
小林大吾
C・ROH
23歳の中では最も良い能力ではあるが、スタメンで使えるレベルでは無い。控えならば梶山などで十分なので使いづらい選手ではある。
C
佐藤勇人
RDH
RDHならば、安定した活躍を見せるDH。意外とシュートを決めることも多いが、LDHだとかなり評価が下がる。1vも出来ないので、控えとして使っていこう。
B
玉田圭司
LCF
日本人には珍しいドリブラーFW。しかし外人FWにはドリブラーが多く、使いづらくなっている。
B
高原直泰
LCF
日本人最強LCF。STとの相性は悪いものの、大抵のFWとなら相性が良い素晴らしい選手。外人と比べても引けを取らない能力は貴重。
S
中村俊輔
COH
一見ジュニーニョの劣化版のようだが、司令塔属性があり、トップ下なら10点を出すこともある選手。R・LOHでも8点台を期待できる。しかし、その司令塔属性が使いづらいところなのかもしれない。
S
中尾真那
CCB
3バックの真ん中しか出来ない上に、ライン統率も無い。評価も出にくく、スタメンで使えるレベルでもない。見送るのが正解だろう。
中澤祐二
LCB
日本人ながら外人にひけを取らないLCB。常に好調、高評価を期待できる。でてきたら獲りたい1品w
A
羽生直剛
ROH
両SH、OHをこなすハイレベルなユーティリティー性を持つ選手。守備の低さのためDHはむずかしいが、評価が低くても調子が下がることがあまり無く、控えに一人いると便利な選手だ。
B
平山相太
CCF
1topか3topでしか機能しない。といっても1topではほぼ攻撃の形は作れない。せいぜい3topの控えか。育てればシュート精度、ヘディング共に90いく能力は持っている。
B
本田泰人
CDH
3億の数少ない1Vで機能する選手。控えでもスタメンでも使っていける。
A
松井大輔
LSH
LSHでは日本最強だと思われる。若い割に能力もべりーぐっど。20億の外人と比較してもなんら変わりは無いのでぜひ獲りたい。
A
三浦知良
LCF
恐らく唯一のゴンと合う選手。高原に次ぐ日本人No,2のLCFである。
A
水本裕貴
LCB
控えとして、素晴らしい活躍を見せるお買い得なDF。LCBなら鍛えればスタメンでも可能だろう。
A
村井慎二
LSH
LSBも卒なくこなすが、やはりLSHを主とする。若く、守備も高めなので意外に使いやすい選手である。
A
森岡隆三
CCB
3バックの真ん中ならば、最も向いている選手。ライン統率も出来、3バックならば必須の選手と言えよう。
B
山岸智
RSH
新しく追加された若きSH。その能力はSHとしては十分である。RSHなら8点台後半を叩き出す。間違いなく3億最強のRSHだ。
B
|