※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【 RozenKreuzの悪いところ 】
①報告を聞いてない。
聞こえづらい等あると思いますが、言ってるのに返事もなし、死んだ後に「そこにいたのかー」という台詞をよく耳にします。
⇒報告する気もなくなりますね。

②単独行動
行き先を言わないで勝手に死ぬことが多い、居場所としては正しいのにそれを生かせていない。
B設置を一人でクリアするのはいいが、別に確認するだけでいいとは思いませんか?倒せるときに倒せばいいのです。

③報告すべきことができていない。
自分がほしい情報を仲間に伝えるのが一般的です。

④予測してない。
次に敵がどう動いてくるのかを全く考えていない、特に大勢で動くとき。
Aに敵がいて、B攻めたら、Aの敵はどう動いてくるのか、逆にBに敵がいて、Aに攻めたらどう動いてくるのか、もう少し考えましょう。

⑤うまい人の意見に左右されすぎるな
指摘の後のとまどいは隙だらけ、言う側も言う側ですがまず落ち着きましょう。

【 クラン戦 基本 】
◆ 報告
● 自分の行動
  • 「タワーいきます」
  • 「柱3で待機します」
● 敵の場所・人数
  • 「溜り場、SRとAR1」
● 死んだ場所
  • 「ショート」(場所言うだけでもいい)
  • 「階段」
● 倒された敵の行く先
  • 「ショートからクランクいった」
  • 「階段から金網降りた」
● 報告する上での注意点
  • 迅速に、正確に、詳細に。
  • 死亡者は、生きている人と報告がダブらないよう注意(同時にしゃべると聞こえなくなる)
  • ワンオンや味方が集中するとき、あまりしゃべらない(報告も集中力を乱すときがあります)
● 報告のワンポイント
  • カウント
    • BやAに入ってくる敵がいる場合、入ってくる人数を数えてください。
    • 「ショート通過1、234、ラッシュラッシュ!」
    • 「B1入ってきた、2、3、戻った戻った」
    • とまぁ、このように数えるのがいい。
  • 報告のタイミング
    • できるだけ早く伝えることが重要ですが、必ずしもすぐに言うことが正しいとはいえません、報告ではなくしゃべることに問題があり、
    • しゃべっているとAIMはgdgdです、狙い定めているときは基本しゃべらなくて結構です。
    • 逆に戦わず、けん制や逃げるときは思いっきり報告してください。
    • カバーする味方が報告することも重要です。

◆聞き専
  • マクロとラジオチャットを使ってください(以下は有効なラジオ)
    • A Site - Aサイト
    • B Site - Bサイト
    • Enemy Spotted - 敵を発見
    • Area Clear - 周囲の安全
  • マップ名称を登録し、人数分ログを流すといった方法もあります。