A.L.E


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出典: 個人ネタ辞典『さくぺでぃあ(Sakupedia)』


『A.L.E』 (エーエルイー) は、神無月瑞希による小説。


ストーリー


2101年、日本の第二の中心部として成長したO-Saka TECHNO(おおさかてくの)で長年研究されてきた

人造人間プロジェクトAdam Live Eve(通称A.L.E)のプロトタイプが遂に完成し、日の目を見せようとした。

しかし、何者かが研究所に忍び込みA.L.Eの格納槽に正体不明の薬物が投下されA.L.Eの男性型が

絵にも言われぬ変わり果てた姿になり研究員を襲い始め、研究所が直ちに閉鎖されプロジェクトも中止された。


その5年後、何者かが閉鎖された研究所に取り残されたA.L.Eを解放し、また新たな事件が始まる。

 

-以下執筆中-

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|