※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


38-00050-02:さるき

枯草の隙間から萌える芽
麗かな東風に混じる花の香
空が白く霞む朝

今が盛りと伸びゆく生命
炎天煌く水面を渡る涼風
轟きと閃光が輝く夕暮れ

一面に広がる黄金の海
天高し浮かぶ鱗雲に蜻蛉
蟲のこえを子守唄に名残の月

乾いた音を踏みしめ歩む枯木山
寒暁に震え寒晴に舞う風花
厳寒の空に瞬く星屑

さるき@暁の円卓
2009/07/26 10:02




38:暁の円卓藩国:44

38-00050-02:さるき:8:6,7,A
38-00125-02:まさきち:12:2,A,A,B
38-00262-02:風杜神奈:10:4,7,A,A
38-00697-01:白石裕:0:1,6,7



■採点基準

持ち点10点に対し、以下の基準に従って加減点を行いました。
(数字は減点、アルファベットは加点対象となります)
1.風景をまったく描いていない。 -7点
2.風景があまり描いていない。 -3点(風景はおまけ程度。あるいは主題が風景でない)
3.現在まったく実現してないものを書いている -3点
4.現在かないつつあるものを書いている -1点
5.統一性がない -3点
6.音に読んで引っかかるときがある -2点
7.誕生に関して歌っていない -1点
8.著作権侵害 (万葉集、古今和歌集除く)-10点
9.やっつけ仕事で愛がない -3点
A.採点者がいい歌じゃないかとおもったもの。 +1点(採点者ひとりにつき1点)
B.他に類しないオリジナリティがある。+3点
C.採点者が覚えようかとおもったもの+10点(3人一致)
D.あえてひねくれた表現をしている。-10点