機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- TP装甲

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TP装甲

原作におけるトランスフェイズ装甲(Trance Phase Armor)の略称。
カラミティを初めとする連合軍後期Gに搭載されたPS装甲の改良型。

圧倒的な防御力を誇るPS装甲だが、2つの弱点がある。
バッテリーを大量に消耗するため、稼働時間が短くなってしまうこと。
効力を失った時に機体が灰色に戻ってしまうことでエネルギー切れが敵に分かってしまうということである。

このTP装甲は敵の攻撃を受ける寸前まで発動せず、更にその上に通常装甲を張り重ねて2重構造としている。
よって、装甲の展開に関係なく機体の色は常に同じであるため、敵にエネルギー切れが察知されることはない。
因みにアストレイでのTP装甲は重要部分のみをPS装甲で覆い、さらにその周りを通常装甲で覆うもの。


本作中においてもTP装甲を搭載したカラミティレイダーフォビドゥンは出撃デモで機体の色が変化しない。