機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- ジェネシス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジェネシス

Z.A.F.T.の最終兵器。核エネルギーを使用した巨大なガンマ線レーザー砲。
普段はミラージュコロイドで隠されており、さらに本体はPS装甲によって守られている。
欠点は一発撃つごとにミラーを交換しなくてはいけないこと。
G amma E mission by N uclear E xplosion S timulate I nducing S ystemの略称であるGENESIS は英語で「創始」「創世記」を指す。

もともと恒星間探査計画のために開発されたもの。
X線のような波長の短い光を、ソーラーシステムと同様のミラーへ送信することによる推進システムを持った宇宙探査船である。
要は、エヴィデンス01をはじめとする地球外生命体を発見するために開発した、プラントからの照射でエネルギーを供給できる画期的な宇宙船だったものを、死の光を照らす兵器に仕立て上げたものである。
戦略級と呼ぶことすらぬるい程の破壊力と、ミラーを交換すれば数発は連続で撃てる連射力、PS装甲なので実体弾は勿論、巨大な表面積ゆえビームに対しても圧倒的な防御力を誇る。(アークエンジェルのゴッドフリートですら全く損傷が無かった程)

第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では第1射でヤキン・ドゥーエに押し寄せた連合軍艦隊の40%を、第2射では補給兼第二次攻撃艦隊及び地球連合軍プトレマイオス月面基地を消滅させ(既に連合の核ミサイルが壊滅していたのもあり)Z.A.F.T.の勝利を決定付けた。

しかしプラント最高評議会議長パトリック・ザラは更なる第3射として〝地球〟(厳密には大西洋連邦首都ワシントン)に向けて発射するよう命令。
(地球に向け発射した場合、射線上だけでなく地球全域に深刻な放射線被害を及ぼす)
議長直属の特務隊の隊長であるレイ・ユウキは、既にZ.A.F.T.の勝利が見えていたため「そこまでしなくてm(ry」と制止するのだが、暴走したパトリックはそれを聞こうとはせず彼に発砲。自らジェネシスを地球に向け発射しようとする。
が、死にかけのユウキ隊長が最期の力を振り絞ってパトリックを撃つ。
そこへヤキンに侵入していたアスランとカガリとキクチ(M1パイロット)が到着し、アスランは父の最期を見届ける。その後ヤキンの自爆とジェネシスの発射が連動している事にアスランが気付き、(いつ、誰が自爆コードを入力させたのかは不明)ジェネシス内部でジャスティスを自爆(核爆発)させ、これを破壊。第3射とナチュラル殲滅の念を食い止めた。

余裕のあるときはヤキン・ドゥーエ ステージで遠景を見てみよう。
巨大なパラボラアンテナのようなジェネシス本体と、たくさん並んでいるコーン状のミラーが映っている。


  • ステージ説明
ジェネシス内部を参照のこと