機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- オノゴロ島


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オノゴロ島

  • ステージ詳細
マップは地上部分と水中が半々で、地上には低い建物と高台が存在する。
前作(連邦VSジオン)のベルファストに似た構成となっている。
水中に蹴落としてから出てきた所をまた叩き落とすという戦法をたまに見るが
嫌われるのであまりオススメしない。
水中戦では、水中の壁に押し付けられると非常に危険な状態になりかねないので位置取りには気をつけよう。

余談だが設定によるとストライク等のMSの全高は約18mほどである。
そしてここの港の水深はゲーム中で確認できる限りでは、軽く5~6機分の深さはある。
メートルに換算するとなんと100mを超える事になり、とてもでは無いが気軽に泳げるものでは無い。
生身で落ちた人はきっと助からない。
イージス艦の中の人はとても可哀想である。

……100mとなると水圧も大したものになると思うのだが、
アストレイなんかは大丈夫なのだろうか……?

  • 作中詳細
オーブ本国が位置する島。日本神話における国産みの島「オノゴロ」が名前の由来。
ガンダムを開発したモルゲンレーテ社の工場や、マスドライバー「カグヤ」が存在する。
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の主人公、シンちゃんの故郷でもあり、実は密かに第1話でシンが爆風に吹き飛ばされ転げ落ちてきた場所も視点によっては見える(ブリーフィングMAPの北北西の辺り)。

中立を方針とするオーブの外交により、地球・プラント間の争いが続く中でも平穏な土地であったが、パナマ基地のマスドライバーを失った地球軍が、「カグヤ」の獲得を目的に侵攻したことから戦争に巻き込まれることとなった。

その際はオーブが独自に開発したMSM1アストレイの初陣となった他、キラ・ヤマトを始めとするアークエンジェル勢だけでなく、ザフト軍兵士であったはずのアスランやディアッカらまでもがオノゴロ島防衛に参戦。
必死の防衛戦を繰り広げるも、三馬鹿を中心に、数で勝る連合軍の猛攻により戦線を維持することが不可能となった為、首相ウズミ・ナラ・アスハの決定でオーブはオノゴロ島を放棄することを決定。「カグヤ」によってアークエンジェル及びクサナギを宇宙へ避難させた後、ウズミ自ら「カグヤ」と共に自爆した。