機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- ドラグーンシステム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラグーンシステム(DRAGOON SYSTEM)

Disconnected Rapid Armament Group Overlook Operation Network SYSTEM(分離式統合制御高速機動兵装群ネットワークシステム)の略で、
無線誘導で遠隔操作する小型分離式兵器。おもにザフト製モビルスーツとモビルアーマーに搭載されている。
『機動戦士ガンダム』シリーズのビットやファンネルを始めとしたサイコ・コミュニケートシステム=通称サイコミュに相当する。
ちなみにメビウス・ゼロなどに搭載されているガンバレルとは、地球連合軍が開発した本システムと同種のシステムであるがこちらは有線による通信式で、戦闘用機動兵器に搭載され実戦で使用されたのはこちらが先である。

代表的な機体であるプロヴィデンスには11機の攻撃用ポッドが搭載され、敵機を取り囲んで全方向からのビーム攻撃により対象を撃破する。
ちなみに、原作では当機体のドラグーンには43本のビームの発射口がある。世界こそ違えど、今までのサイコミュ搭載MSのそれを遥かに上回る数である。
ミラージュコロイド技術を応用した量子通信によりニュートロンジャマーの影響下でも安定した誘導が可能であるが、かなり高度な空間認識能力(ただしこの能力を持つ者は、コーディネイターナチュラルのどちらかに限定はされていない)を有するパイロットでなければ、使いこなすことはできない。限られたパイロットしか使いこなせない問題を解決するために、ブルーコスモスは3人の人間の脳を物理的に接続し、それぞれがX、Y、Z軸を受け持つことで擬似的に空間認識能力を身につけた強化人間を開発している。

またこのドラグーンシステムは、ある程度の空間認識能力を有し、なおかつ専門の訓練をすれば、ある程度の数までなら誰でも操作可能な兵器であり、そこがファンネルとの違いになる。その点からいうと、宇宙世紀100年代以降確立されたオールドタイプでも扱える無線サイコミュシステムに近い。
それでも3基、4基以上を同時に操作するとなると、これは空間認識能力に依存しなければならなくなる。
逆に2基程度なら訓練次第で使いこなす事が可能である。