機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- ニュートロンジャマー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニュートロンジャマー


【解説】
Neutron Jammerと書き、Nジャマーとも呼ばれる。
MSを使った局地戦が戦争の中心となるよう合理的な理由を与える設定で、宇宙世紀を舞台としたガンダムシリーズにおけるミノフスキー粒子に相当する装置の名称。

プラント最高評議会議員の一人である物理学者オーソン・ホワイトによって開発され、その影響下では中性子の活動が抑制されるため、核分裂は事実上使用不能となる。
このため核ミサイルをはじめとする核兵器、核エンジン、原子力発電などは使用不可能となる(これに伴い、コズミック・イラにおけるモビルスーツをはじめとする主な機動兵器はバッテリー駆動式となっている。また地球上では深刻なエネルギー不足が起きている)
また、副作用として電波が阻害されるため、Nジャマー影響下では電波を利用した長距離通信や携帯電話は使用不可能となり、レーダーも撹乱される。自然、戦闘中のモビルスーツとの通信も困難になるケースが多く(特に通信対象との距離が離れると、その影響はより顕著になる)、劇中では長距離通信手段としてレーザー通信が使用されている。

作中ではオペレーション・ウロボロスにより大量のNジャマーが打ち込まれた。
あまりにも大量に、そして海・山問わずに深く打ち込まれた為、回収はもはや不可能である。

なおアークエンジェル級の武装である「陽電子破城砲ローエングリン」は核で動いているが水素を使っているのでこの場合は抑制出来無い。また、核兵器であっても原子爆弾によらない起爆方式をとる純粋水爆ならば原理上使用可能である。(水爆は核分裂ではなく核融合のため中性子の活動抑制に意味は無い。ただし水爆は起爆に大量のエネルギーが要)
また、様々な戦艦の動力に使用されている動力炉もレーザー核融合が使用されており、これもNジャマーの影響を受けない。
(更についでに言えば、宇宙世紀のMSも核融合炉なので影響はない)


また、ニュートロンジャマーキャンセラーは、その名の通りニュートロンジャマーの影響を打ち消す装置としてザフト自身が開発した。NJCと略される。
有効範囲はMSあるいは核ミサイル1つをカバーする程度であり、ほとんど電波妨害を打ち消す力はない。

これを基にフリーダムジャスティスプロヴィデンス、外伝ASTRAYではドレッドノートなどの核エンジン搭載型モビルスーツであるZGMF-Xシリーズが開発されている。
これらのMSは事実上稼働時間が無限となり、PS装甲も無制限に展開できる。また多大な出力が可能となるため、強力なビーム系武装も使用可。この出力を航続に使用すれば、プラント→地球間すらMS単機で移動可能な程長大となる。
走攻守×経戦能力を強大なレベルで兼ね備えたNジャマーキャンセラー搭載MSは、最強級として君臨する。

その後、データがブルーコスモスの盟主であるムルタ・アズラエルの手に渡ったことで核ミサイル等が使用可能となったため、プラントが核攻撃の危機に陥った。
戦後は大西洋連邦によって外交カードの切り札として使用され、地下資源などの確保を条件に各国のエネルギー危機回避を行っている。結果、大西洋連邦は戦中の所業・損害にも関わらず、戦前よりも地球連合内での発言力を強めることになったのは皮肉である。


ついでにDESTINYに登場する「ニュートロンスタンピーダ」はNジャマーの逆で、中性子を強制的に過剰運動させるもの。
それそのものの殺傷力はほぼ皆無だが、射程範囲内では核分裂が強制的に行われるため(NJCを搭載していても)核ミサイルなどはすべて暴発させられることになる。
これの存在により、プラントへの大々的な核攻撃は事実上不可能となった。

しかし現段階では連射が一切効かない(使用したら装置がほぼ全壊するため一度しか使えない)という欠点があるため、DESTINY第9話の時のように1回の攻撃だけで終わればともかくとして、万が一、間隔をあけて再度核攻撃を仕掛けられた場合、防ぎきれなくなる。
躊躇なく核攻撃を行った連合への危機感とこの心配からか、プラント最高評議会は積極的自衛権の行使として地球降下作戦を開始、新たな大戦の発端となった。