機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- ラミネート装甲

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラミネート装甲


平たく言えば「アンチビーム装甲」
オーブ連合首長国の協力を得て地球連合軍が開発した新技術。
連合軍所属アークエンジェル級戦艦に採用されている特殊装甲。
一部分で受けたビーム兵器の攻撃エネルギーを装甲全体(艦全体)に分散させ、排熱することで損傷を軽減する。

表面積が広ければ広いほど効率的になり、排熱に問題がなければ、ビーム兵器を無力化することができる。
つまり排熱が間に合う限りビーム兵器に対してはほぼ無敵となる。
しかし、排熱が間に合わなくなると装甲全体が致命的ダメージを受けるという欠点がある。なお、マシンガンなどの熱を伴わない実弾による攻撃には通常の装甲と同様の防御力しかない。

ただ、2~3クールでアークエンジェルが結構壊れたりしていることから、「大気もしくは潮風に吹かれると急激に劣化する」という納得できないようで納得できない強引すぎる脳内補完が2chでされている。

ラミネート装甲はその後、改良が加えられ、105ダガーなどの地球連合軍製モビルスーツにフェイズシフト装甲の代わりとして使われている。また、ザフトではフリーダムジャスティスのアンチビームシールドに使用されている。
ただし、表面積が狭いためアークエンジェルに搭載されているものよりは効果が低い。

ムウ・ラ・フラガがこれを使って陽電子砲(ローエングリン)を防いでいたが、本当に陽電子を使った砲ならば、対ビームシールドでは防げないばかりか、プラスの電荷を持つ陽電子とマイナスの電荷を持つ通常物質で作られているであろう対ビームシールドと対消滅を起こし機体やパイロットごと消えていただろう。
さらに陽電子は対消滅する際、理論値では反抗物質1グラムに対しTNT27キロトンのエネルギーを放出するらしいので、直ぐ後ろにいたアークエンジェルも吹っ飛んでいるはずである。

やや話はそれるが、アストレイに出てくる「ブルーフレームセカンド」のアーマーシュナイダーもアンチビーム装甲で出来ている。こちらはシールドに比べて非常に小さいのにビームサーベルをかき消すなどの芸当が出来る