機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- ジョージ・グレン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョージ・グレン


【解説】
コーディネイター
生年月日…-C.E.16年4月1日
人類で最初のコーディネイター
木星に旅立つとき、自分がコーディネイターである事、又その製法を世界に公開。そのお陰で色々と偉い事になったのは本編を知る人ならば周知の事実だろう。本編には無印、デス共に顔出しのみだが外伝にて別の形で登場する。

【略歴】
C.E.4年:ノーベル賞受賞候補に選ばれる。
C.E.5年:海軍に入隊する。
C.E.10年:大西洋連邦の連邦航空宇宙局に招かれる。
C.E.15年:探査船ツィオルコフスキーで木星圏へ出航する。この時、コーディネイターの存在とその製法を公開する。
C.E.22年:木星圏でエヴィデンス01を見つける。
C.E.29年:エヴィデンス01を伴い、木星圏より帰還する。
C.E.53年:ブルーコスモスの過激派により暗殺される。享年69歳。

外伝ASTRAYでは、暗殺されたジョージ・グレンの脳は脳死に至る前にジョージ・グレン友の会によって冷凍保管され、保管装置は『GGユニット』と呼ばれていた。GGユニットはC.E.71年にジャンク屋ロウ・ギュールたちの手にわたり蘇生され、補給艦リ・ホームのメインコンピューターと接続されホログラム艦長「キャプテンGG」となった。この事実は一般的にはまったく知られていない。
また、原作アニメで聞く事の出来るジョージ・グレンはごく普通の真面目な偉人に見えるが、外伝アストレイでの彼はとても奔放でかなりフランクな性格をしている。
ジャンク屋ロウの仲間には熱烈なジョージ・グレンファンが居たのだが、史実で語られるような真面目さ、クールさは何処にも無く、(良い意味での)フランクさに思わず「ジョージ・グレンはこんなんじゃない!」と言わせたほどでもある。