機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.Wiki -2号機- 基本的マナー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本的マナー

更新履歴


03/21 【追加】タイマン時のお約束(長いから誰か専用ページ作って…)
03/10 【追加】野良協力における通信の使い方
01/30 【削除】「ダウン時に攻撃」 



名前:
コメント:

常識@【ゲームプレイ関連】


筐体を手荒に扱わない(台バン、レバガチャetc)

いくら腹が立っても止めましょう。店にも他の人にも迷惑です。
また、通信エラーが起こる可能性もあります。

連コイン(通称:連コ)

周りで人が待っているのにも拘らずコンティニューし続けるのは、
周りの人の迷惑となります。
継続プレイをしたい場合でも、
終了後にいったん席を立って周りを確認しましょう。
離れて終わるのをまっている人もいるかもしれません。
スマート&エレガント&ダイナミック。

独り言プレー(通称:TP)

プレー中にいきなり興奮して叫びだしたり、聞いてもいないのに
話しかけてきたりする。迷惑なのでやめましょう。

やつあたり

これは何処の世界でも基本的にそうですが、ガンダムSEEDプレイヤーの中にも
存在します。負けて席を離れて、他の人から見れば別に邪魔とも思えないような人に
【自分の目の前を通るな】の勢いで罵声を浴びる人が居ます。
なお、こういう人に会った被害者は大声で店員を呼びわざと気づかれるようにした方が
相手にはかなり精神的なダメージを与えます。ただし他の方には少々ご容赦ください。

初心者狩り

初心者らしき人に即乱入するのは、プレー人口を減らす可能性も孕んでいます。
むしろ援軍して練習する機会を作る位の心意気で。
コストの勉強や支援、味方機の防衛の訓練をできるチャンスでもあります。

CPU狩り

2on1、もしくは1on1の際に発生する。
字のまんま、CPU機だけを片追いし続けて勝つ事。
撃墜消費コストは半分ではあるものの、一方的な試合になるので注意。
そしてこれを続けていると、周囲から格下に見られる事は確実。特に相方持ちの皆さんは、
2on1時のMYルール(CPUを無闇に潰さない、プレイヤー機とも極力タイマンで挑むetc...)
を決めておくといいかもしれない。
なお、観戦していてこの場面に出くわしたら、乱入してあげるといい。それで負けてもこんな
くだらない事されて負けるよりかは、2on2で負けた方がよっぽどタメになる。
1on1の際には、リアルファイトEXステージに発展したり目をつけられる可能性大。
TPと同じく帰る途中に報復を受ける可能性も孕むので、極力相手機との対戦を愉しみましょう。
ただし、相手が埼玉などで逃げ撃ちに徹し、CPUも集中にされている場合はCPUを落としてもかまいません。
そうすると敵は逃げ撃ちができなくなり、必然的に向かってきます。最終的に敵機を二機以上落とせば問題ないですから。

偽援軍

2on2対戦するためのライン空けや勝つために、負け狙いで、
あからさまに足を引っ張るために援軍をする「偽援軍」は止めましょう。

逃げ乱入

2on2対戦するためのライン空けや嫌がらせのために、
あからさまなタイムアップ狙いで乱入は止めましょう。
対処できる機体もありますが、絶対に対処できない機体もあります。

敗北ギリギリ援軍(保険援軍)

乱入時にまず一人で入って、
作戦失敗ギリギリで相方・知り合い等に援軍してもらうのは極力避けましょう。
特に友人等とつるんで何度もやった場合や、2対1になる場合などは、
やられた側が非常に不愉快な気分になることがあり、
下手をするとリアルファイトのEXステージに突入します。
もし観戦中にその徴候(1クレ入れて座って様子見、イスに座って観戦etc...)が見受けられたら、注意する勇気も必要です。
「入ってもいいですか?」と聞いて、間接的に煽ってみるのもいいかも。

様子見

他人同士が二人同時にゲームを始める際、わざとゆっくり動き、
相手が機体・パイロットを決めてから対戦・協力に入る事。
練習台・1ライン台などでよく見られる。
簡単に言えば「弱そうな機体・コストの合わない機体を選んだら対戦、そうでなかったら協力」
と企んでいる人のやる事である。
人によっては、機体を選びづらい上、「野良相方は信用できない」と取り、
不快な思いをすることもあるので、席に着いたら自分から決定することも大事。
ちなみに二人共がこの「様子見」をすると、
微妙に気まずかったり微笑ましかったりと、かなり滑稽である。
時間の無駄遣いなので、できれば声をかけあって楽しくやろう。

複数ライン台での露骨な乱入

常時複数ラインの店では、練習目当ての人や初心者がCPU戦を楽しんでる場合があります。
自分の番が回ってきたときに対戦の空気でもなくラインが空いてる場合、
あまり露骨に乱入するのは、初心者狩りに繋がる場合もあるので控えましょう。
逆に対戦の空気でも初心者っぽい人がCPU戦をしだしても、
あまり責めずに、露骨なライン空けも控えたほうがいいでしょう。

横取り

味方が敵にトドメをさそうとしている時に横から味方ごと敵を攻撃する事。
(代表なのはグゥレイト、CSの放水、格闘割り込み、BRで味方ごと、etc…)
スコア目当ての行動としてよく見られる。
格闘コンボが止まる、敵に無防備な姿を晒す、などデメリットばかり。
味方の攻撃は4分の1になるとはいえ、やられる側はとても不快な思いをします。
友人相手等ならいざ知らず、即席コンビでは険悪になる事必至です。
スコアを取りに行きたいならちゃんとトドメを刺す方を相談して決めましょう。
ただ、中には故意では無いにしろ結果的にそうなってしまった物もあるので一概に決め付けないように。
上級者の方なら援護するべきか否かの判断が出来ると思いますが、
誰もがそう上手く出来る訳でもないので余程露骨にやられない限りは
大目に見るぐらいの気持ちを持つ事も大切です。
また、味方が後一撃で撃破出来るまで自分は何もせずに待っているだけでとどめだけを狙う人も少なからずいま。

偵察

タイマンもしくは2on2などの対戦時に、プレイヤーとは別に仲間が居る場合に
相手がどんなプレイヤーかを見に行ったりゲージが溜まってるかなどをいちいち見に来る
ウザイヤツが存在します。無論それを仲間のプレイヤーに報告するんでウザイ事この上無い。
対戦台が横一列ならともかく反対側にあったりすると稀にこれをやるヤツが居ます。

雄叫び

敵にダメージを食らった 敵にダメージを与えた 敵を倒した など様々な状況に対し
『うひょーー!!』『よっしゃーー!!』などあからさまに周囲5m以内には聞こえそうな声で
やかましく叫ぶ輩が居ます。ただこれが幼稚園くらいの子ならわかるのですが大半が
18~22くらいの男性で尚且つ2on2でやってる時が多いです。
客が常連だったり、店員が若かったりすると対応が適当なので当人らは気づかない事が多いです。

リアルガン逃げ

二対二における捨てゲー。
野良コンビでやっている時、乱入されたら即座にその席を離れるというもの。
その相方は100円分の損害です。たまにCPU戦でも援護されるとやる人がいます。
対策としては「顔を覚え関わらない」が有効でしょう。
また、どうしても時間がないときは、極力周りの人に代わってもらうよう頼む、
対戦相手に事情を話すなどしましょう。


常識@【見物・対人関連】


罵声、暴言、灰皿投げetc

文句や暴力に訴えても得る物は何一つありません。
チッポケなプライドのために手を出しても、
「やめてよね、本気でやったらサイが僕に勝てるわけないだろ」(byキラ)
「たいした腕もないくせに」(byシン)とあしらわれる可能性有り。周りの迷惑になるので止めましょう。
マナー重視の店では、入店禁止にされる可能性もあります。

椅子

たいていのゲームセンターでは禁止と書いてありますが、
他のゲーム筐体の椅子を拝借したり、座り込むのはやめましょう。

席占有待ち

連れプレイがしたいのか、他の台も空くまでずっと座ったまま(更にワンクレ入れたりして)占有すること。
空き台が他にも多々あるならまだ良いが、空いてない状態だからこその厨行為。
設置が強制2VS2台と1人練習台が2台以上などの店で繁殖する場合がある。
見かけた場合、店員に通報して迅速に駆除しましょう。

煽り名

対戦時のパイロット名に「ウザイヨ」「ニゲルナ」「ザウトヒキョウ」等の
相手を煽る名前や誹謗する名前を付けて対戦する事。
名前を確認した時点で捨てゲーするのも良し、
アツクナラナイデ、マケルワと冷静に戦い続けるもよし。

威圧

複数レーンの台でも対戦を強要する事。(直接・間接に関わらず)
数に物を言わせて自分達の意見を通そうとするのは褒められた行為ではありません。
相手集団を生体ミラコロのように無視するもよし、店員さんに頼んで追い払ってもらうもよし。
「ま、数だけ居たってね。まとめてあしらってやるさ。」と言われるかも。
これやって負け続けたら糸冬。カッコ悪すぎ。
「コイツら弱いじゃん」って言われても文句は言えない。

モラル


野良協力における通信の使い方

知らない人との会話は億劫だ・・・と言う人に送る通信を使ったコミュニケーション手段
※マナー編
  • 1ステージ/EXステージ/対戦時・・・戦闘開始と同時に通信ボタン。これは見たまんま「よろしく」と言う意味。相手がしてきたらちゃんと返しましょう。
  • 誤射した時・・・味方を間違えて撃った際にすぐ通信。野良でやる際は互いに面識がないのでこういった際にきちんとケアしないと険悪になります。

※戦略編
  • CPU戦/ターゲット撃破ミッション時・・・すぐに通信ボタンを押すと「すぐにターゲットを落とそう」と言う合図。答える際は OK→そのまま  NO→通信をすぐに返す です。
  • 対戦/片追い提案時・・・あいさつの通信をした後、狙いたいターゲットをロックして通信。 「わかった」→ターゲットをロックして通信を返す  「もう一機を片追いしよう」→もう一機のほうをロックして通信  「片追い反対」→通信返さない
  • どちらかが落ちた際・・・落ちた側は責任を持って落ちたと伝えましょう。まだ落ちていない側は自分の体力を伝えることによって相方の対応が決まります。ちゃんと通信しましょう。
  • 対戦/ダウン時・・・対戦では情報が物を言います。なのでダウンするたびに自分の体力を伝えましょう。ダウンしていない側は切羽詰っている状況かもしれないのですぐに返す必要なし。


コスト合わせ

援軍するときは、なるべく一般的なコスト合わせを。
合わないコストの機体で援軍に入ると、足の引っ張り合いになる可能性も。
例)☆3に☆3で援軍に入ると、双方合計2回落ちるのが限界に。
機体性能から言って、あまりお勧め出来ない状況になります。

☆4 :☆3か☆1
☆3.5:☆3.5か☆2
☆3 :☆4か☆2.5

☆2.5:☆3や☆2.5、☆1
☆2 :☆3.5
☆1 :☆4か☆2.5

コスト公式早覚え(厳密な数字は違いますが、これで計算できます)
☆4 ≒☆2.5×2
☆3.5≒☆2×2
☆3 ≒☆1×2

☆4 +☆3≒丁度
☆3.5+☆3.5≒丁度
☆2 +☆2 =むりポ

もっとも、☆換算ではなく数字できちんとコストを覚えて
計算できるようになるのが一番良いことは言うまでもありません。
自分が普段使う機体以外のコストも覚えておきましょう。
cf)コスト表

後ろで解説(通称:解説君)

後ろで他人のプレーを解説するのはやめましょう。
他のプレイヤーの邪魔になります。
対戦で負けた相手や対戦の流れを切ってCPU始めた人に対し
後ろでわざと聞こえるように愚痴ったりするのも止めましょう。

迷彩

対戦をする際にパイロット名を機体名にする事。
例えば機体選択でゲイツを選び、パイロット名をザフト一般兵で「ゲイツ」とする。
対戦時のCPU僚機がゲイツになるため、戦闘中にどちらがプレイヤーなのか分かり辛くなる。
当然対戦前の画面や撃墜時のコスト減少、行動の仕方などで判別は付く。
店によっては 固定 の場合もあるが、 機体の所属団体パイロットの所属団体 で僚機が代わることもあるため、上手く迷彩になっていないのはこの上なくマヌケ。
  • 三隻同盟系(自由・ストライク・M1等/キラ・サイ・M1三人娘等)→M1アストレイ
  • 連合系(3馬鹿・ダガー/3馬鹿等)→ストライクダガー
  • Z.A.F.T.系(プロビ・イージス・ジン他/ラウ・ミゲル等)→ゲイツ

また、2人プレイ時に名前をわざと似通ったものにする手法も存在する。
例えばプレイヤー1が「アスラン」、プレイヤー2が「アスラソ」にする。
また、一人が本物のアスランを使い、残りが一般兵で「アスラン」にする事も可能。
なお、機体を同じにすると余計ややこしくなる。
……しかし、片追いをする場合はターゲット表示に注意を払えばいいし(2機が同じ機体をターゲットしている場合は
1機だけで見ている時と表示が違う)、どちらを墜としてもコストはキチンと減るため実用性は薄い。
相方との腕の差が激しいときなどは、どちらがうまい方で、どちらが下手な方かが分かりづらい。

ネタ戦扱い

野良コンビによくある事例。
レイダー、ザウート等、よくネタネタと馬鹿にされる機体がありますが、
これらをMY機体として使用している、そして強いプレイヤーがいるのも事実。
自己の判断でネタ戦と決め付けずに、自分も本気で対戦に臨もう。
しかしこれは、ネタ戦だとわかる状況下においては例外である。

浮かしプレイ

1コイン2クレジットの店で仲間内で回すためにわざと1クレ浮かすこと。
一人プレイ→2クレ目に援軍→他人なので入りにくい→仲間内で回す
他のプレイヤー、特に相方とプレイしたい人の迷惑になるのでやめましょう。

1人相手に2人で乱入

一部機体では絶対的な程、2人の方が圧倒的に優位です。
それで乱入するのは、わざわざ「タイマンでは戦えない雑魚コンビです」「正面から戦えない卑怯者'Sです」と自称しているようなものです。
1ラインしか無くて人が多い場合など、やむを得ない状況はありますが。
2人相手に1人で乱入するのは全く構いません。

対戦に於いてなるべく避けた方がいい行為

前置き。
これはやられてイラつく人間がいるだろうから書いているだけであって、
決して下記の技を禁止しているわけでも非難しているわけでもありません。
「自分の意志を貫きたい」「自分は自分、他人は他人」と考えるのならそれでも構いませんが、
その行為により、不満を抱いている人が少なからず居るということは、知っておくべきことです。
なので、自分の戦術がここに書かれているからといって消すのはやめてください。
等の「簡単操作で非常に有効」または「高誘導で高威力」な戦術。
これらの技を使えば本人の腕前以上の実力を発揮できるが、非常に単調で一方的な対戦になってしまう事も。
最近では、対抗策が多く発見され、有効とは言いづらくなってきているものもある。
しかし対策を知っていても機体によっては対処しきれない事もあるので、濫用はしないのがベター。

【ゲームプレイ関連】

1円玉
台に1円玉を置いてプレイしている人は低コスト機使いの証。
「低コで援軍OK」の意思表示です。
「低コ以外援軍来るな」という意味ではないので、
  • 低コが使えない人はコストを合わせて中・高コで援軍するもよし。
※1円玉を置いたら対戦終わったら忘れずに持って帰ってください。
 置きっぱなしにされると次の人の迷惑になります。

小ジャンプ
対戦相手が無防備で小ジャンプしてきた時はタイマン申し込みの証。
受ける受けないは自由です。遠慮なくBRを撃ってもOKです。
受ける場合自分も小ジャンプを行い、CPUの設定をお互い「分散」にして戦いましょう。

シールド
戦闘開始後、中距離まで近づいたところで、対戦相手がいきなりシールドを発生させたらタイマンの申し込み。
CPUは分散にして、2VS1なら相方にはCPUと戯れてもらいます。
どちらかが撃墜されて復活後、また中距離まで行ったらシールドを出しましょう。
シールドのない機体は小ジャンプで。

タイマン時のお約束
シールド、あるいは小ジャンプをした後、ブースト量回復のための着地をもって戦闘開始。お互い地上でシールドを出したのであれば、そのまま初めましょう。
また、壁などに隠れてシールドを出すのはやめましょう。これらタイマン申し込みは、いわゆる紳士協定に当たります。正々堂々と行いましょう。

1on1などで適当にタイマンを楽しんでいると、稀に(かなり頻繁なんだがな、これが…)分散にしていたCPUが突撃してくることがあります。回避にしていてもCPUが覚醒するといきなり攻撃的になります。そういう場合は、気づいたほうがブーストを駆使してCPUとの距離を引き離してください。恐らく、タイマン時はあまりブーストを使用しないと思われるので、自分、もしくは相手がブーストをかける時は、CPUとの距離空けと判断してください。これを間違って後ろから撃って当たったりすると、とても険悪な雰囲気になります。そういう時は中距離で無防備な姿を晒し、BR一発貰いましょう。次からのタイマンが良い雰囲気とともに始まるでしょう。
そして、適当な距離かな…と思ったらシールド、あるいは小ジャンプでタイマン再開の合図です。結論として、相手が不可解なブーストを使用したときは距離空けかな? と疑いつつ、プレイすれば誤射することが無いはずです。

自己主張
キャラクター画面で、オーブ兵・連合兵・ザフト兵・ザフト赤服を選択すれば
名前を打てる事を利用して、「レンシュウチュウ」(又は「レンシュウ」)や、「ショシンシャ」
等、相手に乱入されたくない場合や、「エングンキボウ」「ミカタキテ」など援軍をしてほしい時に
名前で教える方法。対戦台の場合は乱入されてもあきらめましょう。

態度(嫌そうな顔)
子供が入ってきたときや、初心者らしき人が援軍に来たとき、
露骨に嫌な顔をすると、見た目で判断された側はかなり不快になります。
何より大人気ない上に恥ずかしいので止めましょう。