基本情報
  FAQ
  ゲーム情報
  バグと対処法
  用語集

攻略
  樹海
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  樹海マップ
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  FOE攻略
      第1層-第4層
      第5層-第6層
      その他 / 三竜
  ボス攻略
  ミッション
  クエスト
  育成・TIPS

データ
  職業
      ソードマン
      レンジャー
      パラディン
      ダークハンター
      メディック
      アルケミスト
      バード
      ブシドー
      カースメーカー
      ガンナー
      ドクトルマグス
      ペット
  装備
      武器
      防具
  アイテム
      消費アイテム
      採集アイテム
      ドロップアイテム
      重要アイテム
  素材逆引き
  モンスター
      第1層-第4層
      第5層-

交流
  アンケート
  続編希望や要望
  2chスレッド
  リンク

その他
  パロディ
  テキスト集
  命名に困ったら
  発売前情報
  攻略本誤植一覧
  podcast

総数: -
今日: -
昨日: -
現在約 - 人が閲覧中

更新履歴
取得中です。

クエスト関連10

各種イベント、NPCの台詞などを書き込む場所です。
当然ながらネタバレ要注意。


天砕き、荒れ狂うは雷の王

■受領■
よぉ、お前ら。
大公宮から依頼が来てるぜ、
例の街を壊した魔物の件だ。

心配すんな、
他のギルドに出しちゃいねぇ。
こりゃお前らのヤマだからな。

ま、そうで無くてもこんな
自殺モンの仕事、お前らくらいしか
受けやしねぇがよ?

詳しくは 大臣 さんトコだ
ビシっと決めて来い!
はははははっ!


ラガード公宮
ふむ、来たか(ギルド名)どの。
そなたらの居場所は捉え処が無い、
やはり酒場に預けて正解じゃったな。

まずはほめおこう。
西地区を破壊した魔物の調査、
誠にご苦労であった。

そなたらが翼人より託された書物より
魔物の正体が判明した。

太古より 雷鳴と共に現る者 と呼ばれ
恐れられていた恐るべし竜じゃ。

城の書庫にも伝承があってな。
歴史の中には幾人か、
姿を見た者もおる。

”古より生きし竜、雷鳴の座に在り
雷と共に時の節に荒ぶる。我らそれを
雷鳴と共に現る者 と呼ぶ”

城に伝わる書物とそなたらが
持ち帰った翼人の伝承から
導きだされた言葉じゃ。

奴は翼人の暦で時の節に当たる今
猛り狂い、全てを破壊する
暴竜となる。

今の所動きはないが、
このまま放っておいては
更なる被害を生むであろう。

(ギルド名)どの、
どうかこの街の為に雷竜を
討っては下さらぬか。

奴は 17階、雷鳴の座 にいる。
その入り口は 18階北側
隠されておる様じゃ。

奴とて生き物、休息も必要じゃ。
ともなれば自らの棲家へ
戻るに違い無い。

そなたらはこの街の希望じゃ、
くれぐれも気を付けて行くがいい。
では、頼みましたぞ!


18階A-4
扉を開き、部屋へ足をふみ入れると
不意に強い風が君たちの背中から
吹き付ける。

風は辺りの物を巻き上げ、
吸い込まれる様に部屋の何処かへと
消えて行く。

これだけの圧力が生まれるとは、
部屋の何処かに穴 でも
空いているのだろうか…


18階A-4 隠し通路前
壁沿いを歩く君たちの感覚が
ほんの微かな空気の流れを
頬で捉える。

君たちの前に立ちはだかる木々の壁の
向こうに、何処かへつながる道が
存在する様だ。

君たちは森へ分け入り、
風の行方を辿ってみてもいいし、
それを無視してもいい。


森へ入りますか?
【YES】/【N O】


【N O】
道の先にどんな危険が
待っているか分からない!

今はこの先へ足をふみ入れるばきでは
無いと判断し、その場を後にする。

場所だけ覚えておいて
準備が整い次第、
訪れ直すといいだろう。

【YES】
向こう側の通路へ

17階A-5
部屋へ踏み込んだ君たちは目の前に
広がる光景に思わず息を呑む。

桜の海が眼前に広がり、
吹き付ける風は紅色の奔流となって
君たちを目眩へと誘う。

間違い無い、
これこそが 雷鳴の座 なのだ!

到達が昼
だが、余りにも荘厳なその景色は
静寂に包まれており、
そこに求める竜の姿は無い。

今は竜の活動時間なのだろうか?
君たちに竜を探す宛てなど
ある筈も無い!

君たちは時間を置いて出直す事にして
今はその場を後にする…。

到達が夜
余りにも荘厳な景色の中、
君たちは身震いを押し殺し、
眼前の敵を睨み付ける。

…君たちの前に現れたのは、
全身を黄金色の鱗に包まれた
巨大な竜 だ!

この竜こそ、君たちが追い求める
雷鳴と共に現る者に違いない!

さあ、準備が充分だと思うなら、
この巨大な災厄の主を恐れず、
武器を抜いて挑みたまえ!


雷鳴と共に現る者を倒す
君たちの渾身の一撃の前に
遂に雷鳴と共に現る者の巨体は
大きく崩れ落ちる。

…伝説に残る恐るべき竜を
君たちが倒したのだ!

激闘のあまり疲れ果てた君たちが
安心して気を抜いたその時…

…倒したはずの傷だらけの竜が
再び動き出し、空へと舞い上がった!

このままでは竜は何処かへ逃げ、
傷を癒して再び舞い戻るに違い無い
それも人間への憎悪を燃やしてだ!


魔物のヒナにエサを与えていない
打つ手も無く立ち尽くす君たちを前に
空へ舞い上がった雷竜を、
不意に1筋の黒い影が貫く。

額に深々と突き刺さった矢は瞬時に
雷竜の命を吹き消し、
その体がドウと地に落ちる。

「遅れ馳せた、(ギルド名)。
 怪我は無いか?」

君たちの背後から現れた翼人の長は
たった今、雷竜を仕留めた
君たちに手渡し、語り出す。

「その弓は我らに伝わる 空割の弓 だ。
 手入れをして居たら予感がしてね、
 やはりあれはイサの導きだった」

長は翼人の教えに従い、
君たちに弓を託して行く事を告げ
挨拶を交わして姿を消す。

彼のお陰で君たちは雷竜を倒し、
この世界に存在する内で最高の弓を
手に入れる事が出来た。

おめでとう、
時間がある時に酒場を訪れ、
クエスト完了の報告をしたまえ。


空割の弓を手に入れた


魔物のヒナにエサを与えている
…と、その時。
突然、空に何かの形が現れた。

君たちがその正体を見止めるよりも
素早く、影は空を横切り雷竜へと
向かっていく!

君たちは覚えているだろうか?
交易所からの依頼で親を殺された
魔物の子供を助けた事を。

今、竜へと向かっていったのは
紛れも無くあの時の魔物の子供だ!

魔物は君たちに加勢しようと
しているのだが、相手は
伝説の竜である!

魔物の子供は傷を負い、
このままでは今にも地面に
叩き落とされてしまうだろう!

君たちは急いで何らかの手段を
講じなくてはならない!

君たちのパーティーにレンジャーは
いるだろうか?

いなければ君たちに打つ手は無い。
魔物の子供の勝利をただ願い、
戦いを見守るだけだ。

レンジャーがいるなら弓を構え、
空中でもつれ合う2匹魔物から、
雷竜に狙いを定める事もできる。

レンジャーがいる?
【YES】/【N O】

【N O】
どう足掻いてみても
現在、君たちのパーティーに
レンジャーはいない!

何度も言う様だが最早君たちに
出来る事は、魔物の子供が傷付いて
行くのを悲壮に見守るだけだ!

だが君たちを想う魔物の子供は
懸命に戦い、体格の差を物ともせずに
雷竜と相討ちになる。

君たちが倒れ伏した魔物の子供に
駆け寄り、その鼻先を撫でてやると、
子供はゆっくりと目を閉じる。

魔物の子供は君たちに救われた事を
忘れておらず、その恩を返しに
来たのだろう…

「遅れ馳せた!
 (ギルド名)は無事か!」

君たちの背後から現れた翼人の長は、
手にした を差し出し、
話を聞くとゆっくり頷いた。

「魔物の子供が村に現れて騒ぐので、
 様子がおかしいと思い後を追った。
 直感で君らの事だと感じてね

 その弓は我らに伝わる 空割の弓 だ。
 しかし不思議だ、君らは魔物まで
 味方に付ける事が出来るのか…」

長は魔物の子供への手向けとして、
君たちに弓を託して行く事を告げ
挨拶を交わし、姿を消す。

おめでとう、君たちは雷竜を倒し、
この世界に存在する内で最高の弓を
手にする事が出来たのだ。

君たちは尊い命に感謝と親愛を捧げ、
その場を後にする。

時間がある時に酒場を訪れ、
クエストの完了を報告したまえ。

空割の弓を手に入れた

【YES】
「これを使え!
 (ギルド名)っ!」

不意に君たちの背後から声が響き、
咄嗟に飛来した何かが
(パーティーのキャラ名)の手に握られる。

見ればそれは弓だ。
背後に目をやると、翼人の長が
君たちに向かって頷いている。

君たちのパーティーにいたレンジャーは
託された弓に矢をつがえ、
弦を引き絞って竜へ放つ!

放たれた矢は空を裂き、
見事、竜の額を打ち抜いた!

戦いの後、魔物の子供は無事に
君たちの下を去り、翼人の長は
手にした弓について語ってくれる。

「その弓は我らに伝わる 空割の弓 だ。
 もしやと思い駆け付けたのだが、
 間に合ってよかったよ」

長は君たちに弓を託して行く事を告げ
挨拶を交わして姿を消す。

おめでとう君たちは雷竜を倒し、
この世界に存在する内で最高の弓を
手に入れたのだ!

時間がある時に酒場を訪れ、
クエスト完了の報告をしたまえ!

空割の弓を手に入れた

■報告■
ん、おぉっ!
お疲れ、無事に帰って来たな!

…その様子だと街の仇ぁバッチリ
取ったみてぇだな!
良くやってくれたぜ。

なぁ、お前ら。
相手は竜だったって本当か?

信じられねぇな…
お前らが”竜殺しの英雄”か。
本気で開いた口が塞がらねぇよ。

お前らさ、今の内に言っとくが。
強くなろうが偉くなろうが、
ウチには来いよな。

ははははっ!
ホレ、大公宮から預かった報酬だ。
まだまだ頑張れよ若造どもっ!

100000エンを手に入れた。

枯れ行く森

■受領■
おぅ、その依頼受けんのか?
そりゃ例の治療士からだ、
ホレ、薬泉院のさ。

何でも樹海で木が不自然に
枯れてるって話で、その原因を
調べて欲しいんだと。

まぁ俺には何のこっちゃ分からねぇが
アイツが大変って言うんだから
何か大変なんじゃねぇのか?


詳しくは 薬泉院 まで、だ。
自分で言って聞いて来い。

んじゃ、宜しくたのんだぜ!

公国薬泉院 昼間
はい、どうしました?
怪我ですか、病気ですか!
…あ、あなた方でしたか。

依頼の話ですね、
すみません、大変申し訳無いのですが
夜間にいらして頂けますか?

実は依頼と言うのが個人的なもので
仕事中にお話する訳には
行かないんです。

では僕は仕事に戻りますので、
大変申し訳ありませんが、
宜しくお願いします。

公国薬泉院 夜間
はい、依頼の話ですね。
こんな時間に来て頂いてすみません。

…実はこの処、冒険者の方や
衛士隊から妙な報告が
挙がってるんです。

あなた方は見た事ありますか?
樹海の所々で樹木が不自然に枯れ、
朽ちているというものを。

思い過ごしならいいんですが、
僕にはそう思えません。
必ず何か理由があると思うんです。

誰も今は気にしていませんが
もしかしたら重大な
何かのきざしかもしれません。

僕はあなた方に調べて頂いた
情報を元に、ノースアカデメイアに
調査を依頼するつもりです。

あぁ、ノースアカデメイアとは
大陸北方の治療士達が協力する
民間の医療研究機関のことです。

その為に、あなた方は樹海に入って
その症例の確認された場所を
探し出して欲しいんです。

どうやら今の所、樹木の朽ちる被害は
10階 までに集中している様です。

そうですね…最低でも 3箇所 あれば
サンプルとしては充分に成り立つ
と思いますので。

それとこの依頼は薬泉院や大公宮を
通した、正式な調査依頼では
ありません。

確証も無く無闇に噂を広めたりする
訳には行きませんから、
どうか内密にお願いします。

座標が揃ったら 酒場
報告して頂けますか?
どうか宜しくお願い致します!

1箇所目
樹海を進む君たちは、
視界の隅に小さな違和感を感じて
立ち止まる。

見れば周囲を取り囲む樹木の
向こう側に1本だけ、
灰色の木が立っている。

近付いてみるとそれがまるで
石の様に枯れ果てた
樹海の木である事が分かる。

その時、君たちの最後尾に立つ
(パーティーのキャラ名)が声を上げた。

1本だけでは無い!
良く見るとその木を中心として
幾つもの木が色を失っている。

君たちは薬泉院で受けた
依頼を覚えているだろうか?

樹海から不自然に木々の枯れた
場所を探して報告して欲しい、
と言う内容のものだ。

君たちは無残に朽ちた木々の
座標を書き止め、
その場を立ち去る事にする…。

2個所目以降
森の中を歩く君たちは、
またしても不自然に色を失った
木々の一群を発見する。

灰色の朽ちた木はやせ細った枝を晒し、
まるで君たちに何かを訴えかける様に
佇んでいる。

君たちは薬泉院の治療士の言葉を
思い出し、思わず木から後ずさる。

一体この不気味な現象は、
何を表しているのだろうか?

君たちは無残に朽ちた木々の
座標を書き止め、
その場を立ち去る事にする…。

5箇所回る
君たちは薬泉院の依頼通り、
樹海を歩き既に数箇所の朽ちた木々を
見付け出した。

これだけあればもう充分だろう。
時間のある時に酒場へ戻り
報告を行いたまえ!

■報告■
3箇所
おぅ、お疲れさん!
で、どうだったんだ
枯れた木ってのは。

ふぅん、確かにこれだけ一気に
枯れてるたぁ少し妙だな…。

でも、別に良いんじゃねぇのか?
世界樹が全部枯れちまうワケでも
ねぇんだし、何か問題なのかよ?

ま、アイツは昔から何考えてんのか
イマイチ分からねぇ所があるからな、
どうでも良いか!

依頼は完了だ、報酬持ってけや。
次回も宜しくたのむぜ!

雷術の起動符を手に入れた

4箇所
雷術の起動符を手に入れた
500エンを手に入れた

5箇所
雷術の起動符を手に入れた
2000エンを手に入れた

樹海の歪

■受領■
おぉ、丁度良かったぜ。
その依頼、ハナからお前ら宛てに
たのまれてんだ。

依頼主? 例の治療士だ、
ホレ、薬泉院のさ。

細かい事は知らねぇが、
自分は行けないから代わりを
手伝いによこすって話しだぜ。

ぁあ、そうだ…
メモメモっと。

ホレ、この時間に 中央市街 に行けば
ソイツが待ってるって話しだ。

メモには 20時、中央市街
書かれている…

中央市街PM8時
… …?
あなた達が先生のおっしゃっていた
冒険者の人ですね。

私、先生の助手をしています、
今回の依頼であなた達の手伝いを
する様に言われてきました。

あ、先日はありがとうございました。
灰紋羽病 について、調べてくれたのは
あなた達ですよね?

…あ、ごめんなさい。
森が枯れる症例 って言わなきゃ
分かるワケ無いですね。

とにかくあなた達の報告してくれた
場所から朽ち木のサンプルを採取して
アカデメイアに報告出来たんです。

…結果は良くなかったんですけどね。
実際にあれだけの木が不自然に
枯れてるって言うのに。

”検証の必要がある”ですって!
時間をかけてしまったら、感染は
どんどん広がっていくというのに!

…とにかく、今回は森に入って
灰紋羽病の原因を突き止めます。

可能であれば、頭の固い先生達が
納得するしか無い様な
サンプル を持って帰ります!

目的の場所は 9階の南側 です
灰紋羽病が発症しているらしいので
何か掴めるかも知れません。

私は、あなた達の後について
いきますので、目的地まで
向かって下さい!

9階E-5
森の小部屋へと足をふみ入れた
君たちは、何かの動く気配を感じ、
思わず後ずさる!

「ぅわっ、ぷ! ちょ、ちょっと
 どうしたんですか? 下がるなら
 下がると言って下さいよ!」

目的地を目の前にして、
既に危険は無いと安心して
いたのだろう。

君たちのすぐ背後にいた
彼女は、(パーティーのキャラ名)の背中に
顔からぶつかった様だ。

君たちは身振りで彼女に謝罪し、
部屋の中の気配を窺う。

気配はしばらく此方を警戒していたが
やがて葉ずれの音を残して
森の奥へと消える。

改めて辺りを見回すと、なるほど
治療士の助手が言っていた様に
幾つかの木が朽ちかけている。

「何だろう、コレ…
 粘液みたいな物が付着してる。
 それにこの傷は…?」

見れば彼女が調べているのは
先程何かの気配が此方を
窺っていた場所だ。

君たちが近付く頃、彼女は自分の
鞄から手際良く道具を取り出し、
粘液の採取を始めていた。

木の幹には等間隔に並んだ2つの傷と
その周囲に滴る薄茶色の液体が
テラテラと光っている。

少なくともこの傷と液体は樹海の木が
枯れる現状と何か関係がありそうだ。
とすれば先程の気配は一体… …

「何ボケッとしてるんですか?
 サンプルは採取しました、
 早速帰って分析してみます」

治療士の助手は瓶に詰めた粘液を
さっさと鞄にしまい込み、
意気揚揚と帰り道を目指す。

「帰り道も宜しくお願いしますね、
 戦って 誰かが倒れたり したら
 私も放っておくワケには行きません

 私だって治療士の助手ですから!
  荷物なんて放り出して
 その人の手当てを手伝います

 その時は もう一度 サンプル取りに
 行かなきゃいけなくなっちゃうので
 なるべく無事に街へ着きましょう

 あ…それから私、 アリアドネの糸
 忘れちゃったんです…

 すみませんが、その…
 糸は使わないで下さいね、
 私、置いて行かれちゃうので

 さ、さぁ!
 頑張って行きましょう!」

君たちは彼女の言葉を胸に刻み込み、
その場を離れる事にする。

樹海時軸
「あ、樹海時軸ですね!
 ここからなら私も街へ戻れます

 先に街へ戻ってますから、
 中央市街で待ち合わせしましょう」

治療士の助手はペコリと頭を下げ、
磁軸へと走り去る。

君たちはこのまま探索を続けても
いいし、一度街へ戻って
彼女と落ち合うのも自由だ。

中央市街
君たちが市街を訪れると、
前の方から例の助手が走り寄って
来るのが見える。

「お帰りなさい、待ってましたよ。
 随分時間が掛かったみたいですけど、
 何か他の事してたんですか?」

治療士の助手は屈託の無い笑顔で笑い
しばらく君たちと話すと、
挨拶をして施薬院へ戻る。

依頼は完了だ!
好きな時に酒場へ立ち寄り、
報告を行うと良い。

■報告■
おぅ、遅かったな!
あの治療士の助手、
結構イイ女なんだって?

良いねぇ、そんな女連れて
森の中をお散歩デートってか!

そんな仕事だったらお前らにやらずに
俺が行けば良かったぜ、
ははははっ!

ま、冗談はさておき仕事は完了だな!
これが今回の報酬だ、
結構役に立つんじゃねぇか?

次回も宜しくたのんだぜ!

ラウダナムオールを手に入れた

命重んずる務め

■受領■
いけねぇ、忘れてた!
丁度良かったぜ、その仕事の話で
お前らを待ってたんだよ!

治療士の助手覚えてるか?
ホレ、前にお前らと森に行った娘!

詳しくは分からねぇが、あの
お嬢ちゃんが消えちまったらしい。

それで治療士がお前ら探してんだ。
伝えてくれって話だったのに
ウッカリしちまったぜ!

とにかく急いで 薬泉院 に行ってくれ、
例の治療士に会えば
細かい話も聞けるだろ。

宜しくたのんだぜ!

中央市街 薬泉院の治療士
あっ、(ギルド名)さん!
良かった、酒場に頼んだんですが
連絡が無くて…。

宿屋に聞いたら外だって言うから
丁度探してたんです、
会えて良かった!

実は僕の助手が…ほら、前にあなた方
と一緒に朽ち木のサンプルを採取に
行った…覚えてますか?

彼女が帰って来ないんです!
…け、喧嘩? 何言ってるんです、
違いますよっ!

僕の研究室にあった灰紋羽病の試験薬が
無いんです、多分アレを持って
森に入ったんです!

でも薬はまだ効くかどうかも
分からないし、独りで森へ入るなんて
自殺行為です!

一番最近の灰紋羽病の症例報告は
15階 です、彼女はきっとそこへ
向かったに違いありません!

治療士の僕が自分の我侭で助手を
危険な目に合わせるなんて、
そんな事、あっちゃいけないんです!

彼女を無事に救い出して下さい、
お願いしますっ!

15階下り階段
「キャーッ! ちょっとコッチに
 来ないでよっ! 何なのよもうっ!」

悲鳴に振り向いた君たちの目に、
見慣れた制服が飛び込む!

公国薬泉院の制服だ!
彼女は魔物に囲まれ、
命の危機にさらされてる様だ!

君たちは必死に声をかけるが、
彼女は気付かずに魔物の追っ手を避け、
森の奥へと走り去る。

魔物は自然の習性か、逃げる彼女に
引きずられる様に森の奥へと
迫り始めた。

君たちが彼女を救いたいなら
魔物達が彼女に追い付く前に
素早く仕留める他に無い!

さぁ、武器を引き抜き、
一刻も早く目の前の魔物に
挑みたまえ!

飢えた追撃者が助手に追い付く
「キャーッ! 来ないでーっ!」

彼女の声が響き渡り、さらに
樹海の奥へと駆けていく音がする。

どうやら彼女は、君たちに気付かず
樹海のさらに奥へと
逃げていったようだ…。

…もはや君たちには、彼女の無事を
祈ることしか出来ない。

クエストは失敗だ!
もう一度挑戦したいなら、
依頼を受け直したまえ!

飢えた追撃者を3体倒す
君たちが最後の一匹を仕留めると
近くの木の影から治療士の助手が
顔を覗かせる。

どうやら君たちは彼女の命を
救う事が出来た様だ!

「助けに…来てくれたんですか?
 あの…ごめんなさい、私…」

しかりつける?
【YES】/【N O】

【N O】
君たちが軽くため息を吐くと
彼女はほんの少し舌を出して、
自分の失敗を責める。

「ごめんなさい、でも折角先生が
 作った薬なのに、学会の先生達は
 試させてもくれなくて

 悪いクセですね、今後からは
 ちゃんと考えて行動する様にします。
 本当にありがとうございました」

君たちはそんな彼女に命賭けで
試した薬の効果は
どうだったのかを訊く事にする。

【YES】
君たちが強い口調でしかりつけると
治療士の助手はビクッと首をすくめ、
固く目を閉じる。

「ごっ…ごめんなさいっ!
 でも折角、先生が薬作ったのに、
 試す事もさせてくれなくて!

 人も森も、どっちも生きてる
 筈なのに、治そうともしないなんて
 私、許せなくて…!」

君たちは彼女を許してやる事にして
命賭けで試した薬の効果は
どうだったのかを訊く事にする。

共通
「そうなんです! 先生の薬が凄く
 効いて、傷にも凄く良い反応は
 見られたんです!

 ちゃんと開発される様になれば、
 朽木も全部治せちゃいますよ!」

彼女の表情は明るく、先程の怖い思い
などまるで無かったかの様だ。

君たちは半ば呆れながら、
彼女が持って来たアリアドネの糸で
街へ戻るのを見届ける。

クエストは成功だ!
時間のある時に酒場へ戻り、
報告を行うといい。

■報告■
はいはいはい
お帰りさんってか。
依頼は無事完了だな!

ん? 何で知ってるかって?
さっき治療士とお嬢ちゃんが来て、
お前らに礼をってな。

大活躍だったらしいじゃねぇか、
ははははっ!

…しかしアレだな。
あの治療士もずいぶん変テコだが、
助手のお嬢ちゃんも… なぁ?

だってさ、自分が死に掛けたのに
薬が効いたって喜んでんだ、
あれも相当、奇人変人だぜ。

ま、何にしてもお疲れさん!
報酬はこれだ、受け取りな。

次回も宜しくたのんだぜ!

テリアカβオールを手に入れた

薬品散布依頼

■受領■
おぅ、その依頼受けるんだな?
はははははっ!

ん、何だよ俺ぁ意味無く笑った
ワケじゃねぇぞ?
それじゃ変人じゃねぇか。

その仕事、例の治療士からなんだ。
何か良い事があったらしくてな、
お前らにも報告したいってさ。

ま、仕事の話もあるし、
ついでに 薬泉院 に行って
話聞いて来いや、な。

公国薬泉院 治療士  
はい、どうしました。
…あぁ、来て頂けましたか。
ありがとうございます!

以前、森に入った助手を助けて
もらった時に僕が開発した試験薬が
あったのを覚えてますか?

ホラ、朽ち木を治療するヤツです。
あれがノースアカデメイアで
認められたんです!

一緒に喜んでください、
あなた方の協力が無かったら…

助手
あーここにいたっ! もぅ先生っ、
皆さん集まって頂いてますよ!
早くして下さいっ!

治療士
ぁわわ…ゴメン、もうそんな時間?
うわ、何も用意して無いや。
す、すみません。

とにかくですね、
あなた方のお陰で… …

助手
あーもう、はいはい!
良いから早く行って下さいっ!

全くもぅ、治療の話になると全然
見境が無くなっちゃうんです、
あの先生。

…さ! じゃあ行きましょうか。

… …?
え、何も聞いて無いんですか?
あれだけしゃべったのに…?

はぁ… …信じられない。
良いです、私から説明しますね。

この前の試験で得た効果が認められて
アカデメイアから灰紋羽病の特効薬の
使用許可が出たんです。

…で、今回のお願いは
私と一緒に樹海へ入って、
朽ち木に薬品を散布する事です。

場所は全部で4箇所。
2階北西、6階北東、9階南側、
15階中央、 です。

例によって約束は、
誰か独りでも 自分で歩けない様な
怪我をしたら 作戦中止、です。

当たり前です!
言ったでしょ、
私は治療士の助手ですから。

私はあなた達の後に付いて行きます。
とにかく誰かが倒れたりしない様に
最後まで頑張りましょう。

さて、じゃあ行きましょうか!

2階A-2 6階B-6
9階E-5 15階D-4

3箇所目まで
部屋へ足をふみ入れた君たちの背を
押し退ける様にして、
治療士の助手が足早に姿を現す。

「無事に着きましたね、
 さ、始めましょ!」

手早く自分の鞄を開き、
様々な器具を取り出す彼女を、
君たちは呆気に取られて見守る。

「出来たっ! 大丈夫、
 これでこの辺の木々は元通り
 元気になります」

屈託無く向けられた彼女の笑顔に
気圧されながら、
君たちはその場を後にする。

4箇所目
君たちが部屋へと足をふみ入れる前に
背後から現れた治療士の助手が、
横をすり抜けて前へ出る。

「うん、この部屋で最後ですね!
 ちょっと待ってて下さい、
 すぐに…きゃあっ!」

彼女の悲鳴にふり向くと、
いつ現れたのか、見た事も無い魔物が
彼女に鉤爪を振り下ろしている!

間一髪で身をかわしたのであろう
彼女の腕からは血が滲み、
それが余計に魔物の野性をあおる。

君たちは慌てて武具を引き抜き、
彼女をかばう様に魔物の正面に
立ち塞がるしか無い!

侵食する這者を倒す
君たちの渾身の一撃を受け、
魔物は腹を見せてドウと倒れる。

治療士の助手は魔物に驚くことも
なく、その頭部を見つめている。

「…この魔物、もしかして
 何か関係があるのかしら?」

見れば、魔物の牙から流れる粘液は
以前に見た朽ち木に付着していた
粘液と同じに見える。

「牙も、朽ち木の幹に付いていた
 傷とほとんど同じ幅ですし…

 とにかく私、戻ったらこの事を
 先生に報告します!」

君たちは、腕の傷を押え仕事を
再開した彼女を手伝い、
全ての作業を無事に終える。

…このクエストを受けた君たちなら
もう充分に理解していると思うが、
彼女は(ギルド名)では無い。

運の悪い事に、彼女はたまたま、
現在アリアドネの糸を
所持していない様だ!

君たちがアリアドネの糸で
街へ戻れば、彼女を置き去りに
してしまうと言う事だ。

君たちは手近な磁軸を探すか、
歩いて街まで戻らなければ
ならない!

武運を祈る!

新たにモンスターを発見しました!
侵食する這者

中央市街
君たちが無事に市街へ足をふみ出すと
治療士の助手が近付いてくる。

「お疲れ様でした、
 今回も大活躍でしたね

 あなた達がいてくれて
 本当に助かりました、
 これでお仕事は終わりです

 お礼は酒場に有りますから、
 忘れずに受け取って下さい

 また何処かで会いましょ!
 …あ、患者さんで来るのは
 ダメですからね、フフフフ!」

治療士の助手は今まで
見た事もない笑顔で笑い、嬉しそうに
手を振って薬泉院へ戻った。

クエストは完了だ!
君たちも時間のある時に酒場を訪れ
報酬を受け取るといい。

■報告■
おぅ、お疲れさん!
話は聞いてるぜ、
依頼は無事完了だってな?

何か助手のお嬢ちゃんの事、
また助けたらしいじゃねぇか。
やるねぇ、お前ら!

ま~ったく格好ばっかり付けやがって
最近オイシ過ぎるんじゃねぇのか、
(ギルド名)ちゃんさ!

ま、他人の命助けるのぁ良いが
自分らが死んまわねぇ様にも
ちゃんと気ぃ使うんだぜ?

ははははっ!
んじゃ、また宜しくたのむわ!

ブレイバントを手に入れた






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー