基本情報
  FAQ
  ゲーム情報
  バグと対処法
  用語集

攻略
  樹海
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  樹海マップ
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  FOE攻略
      第1層-第4層
      第5層-第6層
      その他 / 三竜
  ボス攻略
  ミッション
  クエスト
  育成・TIPS

データ
  職業
      ソードマン
      レンジャー
      パラディン
      ダークハンター
      メディック
      アルケミスト
      バード
      ブシドー
      カースメーカー
      ガンナー
      ドクトルマグス
      ペット
  装備
      武器
      防具
  アイテム
      消費アイテム
      採集アイテム
      ドロップアイテム
      重要アイテム
  素材逆引き
  モンスター
      第1層-第4層
      第5層-

交流
  アンケート
  続編希望や要望
  2chスレッド
  リンク

その他
  パロディ
  テキスト集
  命名に困ったら
  発売前情報
  攻略本誤植一覧
  podcast

総数: -
今日: -
昨日: -
現在約 - 人が閲覧中

更新履歴
取得中です。

その他

各種イベント、NPCの台詞などを書き込む場所です。
当然ながらネタバレ要注意。



1階

A-5 色とりどりの花

君たちが歩いていると、
1本の大木の根元に色とりどりの花が
群生しているのを見付けた。

  • 昼に訪れる
しかし、その花たちは
照りつける日差しに弱ったのか
つぼみのままの状態である。

咲き誇れば美しいであろう花を後にし
君たちは樹海の探索を続ける。

(一歩下がる)

  • 夜に訪れる
花たちは如何にも美しく、
まるで君たちを誘うように
辺りの緑に映えている。

もしかしたら何か
良い事があるかも知れない。

君たちはもっと近くに寄って
花を観察してみても良いし、
気にせず立ち去る事も出来る。

花に近付きますか?
【YES】/【N O】

【YES】
君たちは花に近寄り、
その咲き乱れる間や根元に
じっくりと目を凝らす。

するとどうだろう。
花は君たちに応えるように花びらを
開き、一斉に花粉を吹き出した!

思わず覗き込んでいた君たちは
顔に花粉を受けてしまい、
たまらず目を閉じて後ずさる。

だが、不運な[キャラ名]は
花粉を吸い込んでしまい
激しいくしゃみに襲われる!

[キャラ名]のHPが
35減少した!

…しばらくして、[キャラ名]の
くしゃみは収まる。

君たちは樹海の中で軽率な行動を
とることを注意しようと考え
再び迷宮探索へと戻ることにする。

【N O】
色鮮やかな花とは言え、
樹海の中で油断は命取り。
君子危うきに近寄らず、だ。

君たちは木の根元に咲きほこる花を
遠くから眺めるだけにして、
その場を立ち去る事にする。

C-2 地図完成前に先へ進む

今はまだこの先に
いく必要はない。

まずは衛士に連れて行かれた場所から
街までの道を地図に記せ!

(一歩下がる)

D-3 花畑

樹海の中を進む君たちは、色とりどり
の花が咲き誇り、甘い香りがただよう
広間にたどりついた。

名も知らぬ花が風に揺れ、甘い香りは
ますます強くなってくる…。

このまま、花の香りを楽しみながら
ここで休んでもいいし、この場から
立ち去るのも自由だ。

休んでいきますか?
【YES】/【N O】

【YES】
  • 引き継ぎ無し時
君たちは、甘い香りただよう場所で
のんびりと体を休める。

心地良い風に吹かれる甘い香りが
君たちの鼻腔を刺激し、冒険の
途中ということを忘れさせる…

…花畑で、ゆっくりと休息を
とった君たちは、気力・体力が
充実するのを実感した。

全員のHP、TPが
10回復した!

十分休息をとった君たちは
再び樹海の探索へと戻ることにする。

  • ギルド引き継ぎ時
君たちは、甘い香りのただよう場所で
のんびりと体を休める。

しかし…、[旧ギルド名]の名を
継ぐ君たちは、何かイヤな
予感を感じる…。

…そう、花の甘い香りに
誘われるのは、君たちだけ
ではなかったはずだ!

振り向いた君たちは、
甘い香りに誘われてきた
チョウの群れを発見する。

しかも、これは毒を持つ危険な
アゲハの群れのようだ。

もはや逃げているヒマはない、
剣を抜いて戦いたまえ!

(毒吹きアゲハ×2と戦闘(逃走不可))

【N O】
  • 引き継ぎ時、非引き継ぎ時共通
君たちは、甘い香りのする花畑から
急いで立ち去ろうと決意した。

…しかし、その判断は
遅かったようだ。

振り向いた君たちは、
甘い香りに誘われてきた
チョウの群れを発見する。

しかも、これは毒を持つ危険な
アゲハの群れのようだ。

もはや逃げているヒマはない、
剣を抜いて戦いたまえ!

(毒吹きアゲハ×2と戦闘(逃走不可))

D-2 広場の魔物についての看板

世界樹の迷宮内を進み始めた君たちは
深い森の中に小さな木製の看板が
立っているのを発見した。

それには、この迷宮に挑む
冒険者が書いたものらしい
警告の一文が記されている。

”広間の魔物に手を出すな!
 好奇心は猫をも殺す
 貴君らの賢明な判断を望む”

…どうやら、先人の書いた
警告の文字のようだ。

どういう意味があるのかは解らないが
君たちは、その言葉を記憶して
迷宮の探索を進めることにする。

B-2 FOEについての説明

木漏れ日あふれる樹海の中
君たちは軽快に足を進めていた。

しかし、樹海の中にある古い遺跡の後
一つの扉をくぐったことろで、不意に
強い気配を感じその歩を止める。

見れば扉の向こう側、開けた部屋の
真中に、恐ろしい気配を発する
魔物が鎮座している!

…しかし、どこかケガでも
しているのだろうか?魔物
はその場から動く気配はない。

君たちがよほど腕に自信のある
冒険者でない限り、この魔物の存在は
無視して先に進むのがいいだろう。

…ただし、君たちが自分の力を
試してみたいならば、目の前の
魔物に戦いを挑むのも自由だ。

C-2 獣道の脇の木

樹海の獣道の奥に進んでいた君たちは
脇の大きな木に光る何かを見つける。

視線を向けると、ちょうど君たちの
頭より少し高い位置に
木の洞が口を開いている。

…洞の中には、光に輝く
宝石のようなものが見える。

君たちは何とかソレを
手に入れられないか
試してみる事もできる。

手を伸ばしますか?
【YES】/【N O】

【YES】
  • 朝の場合
君たちの内先頭に立つ
[先頭のキャラ名]が、手を伸ばして
木の洞を探っていく…。

…洞の中には、何か硬い手触りの
宝石のようなものがあるようだ。

[先頭のキャラ名]はそれを掴みとると
洞から手を戻す。

ゼラチン質の核を手に入れた

  • 夜の場合
君たちの内先頭に立つ
[先頭のキャラ名]が、手を伸ばして
木の洞を探っていく…。

だが不意に洞の奥から甲高い
悲鳴のような鳴き声が
聞こえて来た。

目をよく凝らして見ると
洞の奥から、そこの巣の主らしい
動物がこちらをにらんでいる。

[先頭のキャラ名]は慌て光る何かを
掴み、ソレを無理に引っ張り出すと
木から飛び降りる。

収穫をよろこんでいるヒマは無い。
巣を荒らされた獣が、君たちに
襲い掛かろうとしているのだ!

さぁ、武器を取って戦いたまえ!

ゼラチン質の核を手に入れた

(クローラー×3と戦闘(逃走不可))

【N O】
この樹海の内部で、軽はずみな行動は
危険だと君たちは知っている。

君たちはしばらく考えた末に
光る何かをあきらめ、
先を急ぐ事にする。

A-4 階段(ミッション報告前)

階段の前まで来た君たちだが
忘れてはいないだろうか?

君たちには街へ生還したことを
大公宮に報告するという
任務があるはずだ!

新しい場所の探索をする前に
まずは街に戻り
大公宮に報告に帰るべきだ。

(一歩下がる)

2階

B-4 落ちている硬貨

樹海の中を歩む君たちは、
木々と遺跡の立ち並ぶ樹木の壁に
光る何かを発見した。

見れば、複雑に絡み合う木の根の奥に
輝く硬貨が何十枚と落ちている。

誰か冒険者が落としたものだろうか?

君たちは、手を伸ばしてその硬貨を
入手してもいいし、怪しんで
このまま立ち去ってもいい。

硬貨に手を伸ばしますか?
【YES】/【N O】

【YES】
絡み合う木の根の奥に手を伸ばし
緑の中に光る硬質を手に入れた。

硬質は全部で100エン分はある。
どうやら、誰か不注意な冒険者が
落としたものらしい。

君たちは幸運な拾い物に感謝しつつ
再び探索へと戻ることにする。

100エンを手に入れた

【N O】
危険多き世界樹の迷宮…。

硬貨が落ちていることが君たちの
警戒心を刺激する。

君たちはその硬貨には触れず
迷宮の探索を続けることにする。

A-2 リスのような小動物

樹海の中の荒れた小道を進む君たちは
折れた小道の先で動く影を見付ける。

目を凝らしてみたところ、
大きな草の影にリスのような
小動物の姿を発見した。

その動物は君たちにおびえる
様子もなく、小さな声で鳴いて
すり寄ってくる。

君たちは、この可愛い小動物に
手を伸ばして触れてもいいし
このまま立ち去ってもいい。

動物に手を伸ばしますか?
【YES】/【N O】

【YES】
緑の大草の影に潜む小動物に
君たちはゆっくり手を伸ばす。

…しかし、その瞬間
愛らしい様子で小首をかしげていた
リスが君の体を駆け上がってきた!

  • アリアドネの糸を持っている場合
リスは背中のバックパックに
首を入れると、荷物を一つくわえて
逃げ去っていく…。

君たちは、慌てて失った荷物を
確認しようとバックパックを開く。

…どうやら、冒険の必需品である
アリアドネの糸を奪われたようだ。

しかし、今となっては取り戻す
ことは不可能であろう。君たちは
注意して探索を続けることにする。

  • アリアドネの糸が無い場合
リスは背中のバックパックに
首を入れて、荷物を奪おうと
暴れはじめる!

…しかし、手ごろな物がなかったのか
君たちの暴れる姿に驚いたのか、リス
は何もとらずに背から駆け下りる。

君たちは、なんとか荷物を
失わずにすんだようだ。

…君たちは、警戒心を強めて
再び樹海の探索へと戻ることにする。

【N O】
小さな動物とはいえ、樹海の内部に
住むものに気を許してはいけない。

君たちは立ち上がると、小さな声で
鳴く動物を後にして、樹海の探索へ
戻ることにする。

C-5 隠された小部屋

人が通れそうな道

周囲を調べた君たちは、
森の壁の向こうに、
人が通れそうな道を発見する。

道までの間は足元が悪く、
とてもでは無いが、
歩いて抜けられそうに無い。

  • ダークハンターが居る場合
森の壁を越える事をあきらめた
君たちにパーティに居た
ダークハンターが声をかける!

ダークハンターは常備していた鞭を
器用に使い、壁の向こう側に
張り出した横枝を絡め取る!

宙に張られた鞭をつたって行けば、
壁の向こう側まで
辿り着けそうだ!

森の壁を越えますか?
【YES】/【N O】
【YES】
(隠し通路の先へ移動)
【N O】
(何も起こらない)

  • ダークハンターが居ない場合
どうにかして森の壁を越えられないか
思案する君たちは、やがて壁の向こう
に張り出した横枝を発見する。

あの枝を狙って何かを
巻き付けられる様な仲間 がいれば、
壁を越えられるかも知れない…

小さな宝石の埋め込まれた石碑

森の壁を調べた君たちは、
そこに小さな宝石の埋め込まれた
石碑を見付ける。

碑に刻まれた文字は古代の物で、
君たちの普段使うそれとは、
全く異なっているようだ。

  • アルケミストが居る場合
何とかして文字を読み解こうとする
君たちの背後で、パーティに居た
アルケミストが何事か呟く。

聞きなれぬ響きを受けた宝石は
石碑の中央で強い輝きを帯び、
光がうねり始める!

どうやらアルケミストには
石碑の文面が読み取れる様だ!

君たちは起動した石碑を利用して、
壁の向こうへ移動する事が出来る。

森の壁を越えますか?
【YES】/【N O】
【YES】
(隠し通路の先へ移動)
【N O】
(何も起こらない)

  • アルケミストが居ない場合
何とかして文字を読み解こうとする
君たちだが、石碑に描かれた文字は
見覚えすらも無い!

石碑に何らかの術式が
込められている事は明らかだ。

術式に通じた仲間 がいれば、
石碑を起動する事が出来るかも
知れない…

吹き抜ける風

周囲を調べた君たちは、
森の壁の向こうから吹き抜ける
風を感じ取る!

どうやら壁の向こうには、
まだ道が続いている様だ。

  • レンジャーが居る場合
どうにかして壁の先を目指す
君たちに、パーティに居た
レンジャーが突然声を掛ける。

レンジャーの指差す先にあったのは、
かなり高い位置に張り出した
1本の木の枝だ。

レンジャーは君たちに声を掛けると、
身軽に木々の間を飛び、
木の枝へ飛び移る!

君たちは枝の上にいるレンジャーに
縄を投げて貰い、
壁の向こうに抜ける事が出来る。

森の壁を越えますか?
【YES】/【N O】
【YES】
(隠し通路の先へ移動)
【N O】
(何も起こらない)

  • レンジャーが居ない場合
どうにかして壁の先を目指す
君たちだが、木々の形作る壁は厚く、
どうにも通り抜けられそうに無い!

壁を越えて行こうにも、
張り出した枝は遥かに高く、
とても登れそうには無い。

高い位置の枝まで、
身軽に飛び移れる仲間 がいれば、
壁を越えられるかも知れない…

何かの紋章

周囲を調べた君たちは、
目の前の茂みの遥か向こうに、
何やら光る物を見付ける。

目を凝らしてみるとそれは、
岩に彫り付けられた何かの紋章だ!

紋章の中央には光を帯びた
宝石が埋め込まれているのが見える。

見た処、紋章に何かの術式が
込められている事に
間違いは無いだろう。

  • ガンナーが居る場合
宝石に触れる方法を思案する
君たちを押し退け、パーティに居た
ガンナーが前に出る。

ガンナーが狙いを定めた銃弾は、
見事宝石に命中し、
術式を起動させる!

宝石に込められていたのは
突風の術式だ!

今や君たちの居る場所は、
立つのもやっとの勢いで、
壁の向こうへ吸い寄せられている!

術式の効果は一定時間で無くなるが、
今なら風の勢いに乗り、
壁の向こう側へ向かう事が出来る。

森の壁を越えますか?
【YES】/【N O】
【YES】
(隠し通路の先へ移動)
【N O】
(何も起こらない)
  • ガンナーが居ない場合
君たちは何とか宝石に
触れる方法を思案するが、
何も思い付かない!

何かを撃ち出して、遠くの物に
命中させる様な仲間 が居れば、
紋章を起動出来るかも知れない…

E-4 衛士との会話

  • ギルドを引き継いでいる場合
樹海の小道を進む君たちは、その
行き止まりの辺りに立つ
一人の衛士を発見する。

衛士に挨拶の声をかけると、相手も
明るい声を出して君たちに言葉を
返してくる。

「[旧ギルド名]の名を継ぐ者たちが
この公国に訪れたと聞いている。
もしかして君たちがそうか?」

衛士は興味深げな目で
君たちの様子を見つめながら
言葉を続ける。

「あの有名なギルドがこの迷宮に
来てくれるなんて嬉しい限りだ!」

衛士は感動した面持ちでそう告げ
君たちの探索の手助けをしたいと
告げてくる。

1000エンの値段で、冒険に
役立つ武器か薬のいずれかを
君たちに提供したいという。

君たちは衛士の言葉通り何か
品物を購入してもいいし、
遠慮して断るのも自由だ。

どれを選びますか?
(樹海で戦うための武器/傷付いた体をいやす薬/何も必要ではない)
    • 樹海で戦うための武器
君たちはお金を払い
代わりに一本の小剣を入手する。

「[(新?)ギルド名]の諸君。
君たちと話ができて嬉しかったよ。
それでは良い旅を!」

衛士は、君たちと出会えたことに
満足したかのように笑顔を浮かべ
この場から立ち去っていく…。

君たちもまた
探索の旅に戻ることにする。

グラディウスを手に入れた

(一歩下がる)
※:ギルド名同じにしたので新か旧か不明
    • 傷付いた体をいやす薬
君たちはお金を払い
代わりに一本の薬瓶を入手する。

「[(新?)ギルド名]の諸君。
君たちと話ができて嬉しかったよ。
それでは良い旅を!」

衛士は、君たちと出会えたことに
満足したかのように笑顔を浮かべ
この場から立ち去っていく…。

君たちもまた
探索の旅に戻ることにする。

テリアカβオールを手に入れた

(一歩下がる)
※:ギルド名同じにしたので新か旧か不明
    • 何も必要ではない
「そうか…、でもまあ
僕は当分ここにいるから、
気が変わったらまた来るといい。」

衛士に見送られながら
君たちはその場を後にする。

(一歩下がる)

  • もう一度話しかけた場合
「やあ、何か買う気にでも
なったかい?」

どれを選びますか?
(樹海で戦うための武器/傷付いた体をいやす薬/何も必要ではない)
(以下同じ)

  • エン不足の場合
ウソをいってもいけない。
君たちは必要なだけのお金を
もってはいないはずだ!

「そうか…、でもまあ
僕は当分ここにいるから、
気が変わったらまた来るといい。」

衛士に見送られながら
君たちはその場を後にする。

(一歩下がる)

  • 引き継いでいない場合
衛士と出会うイベント自体が発生しない。

C-6 恐ろしい殺気

樹海の中、足を進める君たちは
目前の扉の奥から今までに無い
強い殺気を感じ取った!

…この殺気の主が何者かも判らぬまま
扉の先へ進むのは
無謀と言わざるを得ない!

街で何か情報を得られるまで
この先には進まぬのが賢明と考え、
君たちはこの場を後にした。

(一歩下がる)

3階

F-4 広間の魔物

部屋に入った君たちを迎えたのは、
今まで感じた事の無いほどに
強い殺気だ!

部屋の奥に潜む存在は、
君たちの実力を遥かに上回り、
今戦うなら死は避けられない!

樹海を徘徊する魔物は、
存在する森によって、
その強さが決まるとは限らない!

時には戦いを挑むのでは無く、
彼らを欺いてその場を
やり過ごすのも戦略の一つだ!

魔物をつぶさに観察し、
己の力量を見極めて、
探索を進めると良い!

A-6 小さな音

周囲を調べた君たちは、
目の前の森の壁の向こうに、
隠された道を見付けだす!

だが、目の前の壁は厚く、
簡単に抜ける事は出来なそうだ。

  • バードが居ない場合
君たちは何とか森の壁を
越えられないかと、
打つ手を考える。

しばらくして、万策尽きた
君たちが座り込むと、
何処からか小さな音が聞こえる!

君たちには良く聞き取れないが、
音に詳しい仲間が居れば、
何か分かるかも知れない…

  • バードが居るが仲間2人以上
君たちは何とか森の壁を
越えられないかと、
打つ手を考える。

ふと、君たちのパーティに居た
バードが何か音を聞き付け、
耳をすまし始める!

しかし、バードの耳は確実に何かの音
を捉えているものの、他の仲間の
たてる物音で意識が集中出来ない!

物音の正体を探る為には、
近くに人が居ない方が、
良いかも知れない…

  • バード独りの場合
だが、バード独りのパーティである
君の耳は、静けさも手伝って、
普段は聞き取れぬ音を捉える!

それは極小さな音ではあるが、
確実に何らかの音階を唱えている!

君が音階に合わせて歌を口ずさむと、
辺りの様子が一変する…!

君の声はこだまとなり、森に反響して
どんどん大きくなって行く!

音に合わせて目の前の木々が、
まるで命を持っているかの様に
道を開き始めた!

君はあまりの事に唖然としつつ、
今なら壁の向こうへ歩を進める事が
出来ると理解する。

先へ進みますか?
YES/NO


4階

A-2 飛来する魔物

樹海の道を進む君たちの前に、
突如、何者かが飛来する!

彼らが翼を休めたのは、
君たちの前にそびえる、
高いガレキの上だ!

ガレキは高々と積まれ、
君たちでは到底、
乗り越えられないだろう。

当然の事だが、樹海には君たちの
通れない場所を通り抜けて来る
魔物も、多く存在する!

先へ進むなら、
その事を良く理解して、
充分に気を配る必要がるだろう。

君たちは目の前の魔物に、
気付かれぬ様、
息を殺してその場を後にする。

5階






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー