基本情報
  FAQ
  ゲーム情報
  バグと対処法
  用語集

攻略
  樹海
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  樹海マップ
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  FOE攻略
      第1層-第4層
      第5層-第6層
      その他 / 三竜
  ボス攻略
  ミッション
  クエスト
  育成・TIPS

データ
  職業
      ソードマン
      レンジャー
      パラディン
      ダークハンター
      メディック
      アルケミスト
      バード
      ブシドー
      カースメーカー
      ガンナー
      ドクトルマグス
      ペット
  装備
      武器
      防具
  アイテム
      消費アイテム
      採集アイテム
      ドロップアイテム
      重要アイテム
  素材逆引き
  モンスター
      第1層-第4層
      第5層-

交流
  アンケート
  続編希望や要望
  2chスレッド
  リンク

その他
  パロディ
  テキスト集
  命名に困ったら
  発売前情報
  攻略本誤植一覧
  podcast

総数: -
今日: -
昨日: -
現在約 - 人が閲覧中

更新履歴
取得中です。

その他

各種イベント、NPCの台詞などを書き込む場所です。
当然ながらネタバレ要注意。



21階

D-5 古びたスイッチ

不思議な建造物の中を進む君たちは
南の壁に、小さなボタンを見つける。

それは長い年月放置されたらしく
色あせ、ボロボロになっているが
不思議に君たちの興味を引く。

何気ない気持ちでそのボタンを
押すと、不意に誰もいないのに
辺りに声が響き始める…。

「…いいですか、みなさん。
我々の祖国は全て……
消えてしまったのです…」

「…今となっては……
かつての国家は意味がない。
新しい指導者を……」

「…私が……私こそが
この箱舟を建造し……
新しいユートピアを……」

辺りに響いた不思議な声は
そこで途切れる。

君たちは、その不思議な現象に
首を傾げつつ、城の探索へと
戻ることにする。

E-2 象形文字

君たちは壁に近付き、
用心しながら何か変わった箇所が
無いか調べ始める。

見ると目の前の壁に、
何やら怪しげな象形文字が
描かれている。

しかしその文字は、
君たちの使うそれとはあまりに
異なり読み解く事は難しそうだ。

君たちは過去に冒険で培った
知識を頼りに、象形文字を
解読してみるか?

解読する?
【YES】/【N O】


【YES】

持てる知識を注ぎ込み、
記憶の糸を必死に辿ると、
少しずつ意味が分かって来た!

その文意が分かって来たので、
君たちは我知らず、声に出して
文字を読み解いて行く。

「傷付き苦しむ者、我が名を唱えよ。
我は上帝の臣にして慈愛の主、
汝癒す者、コリモスである」

君たちが最後の一文を読み終えると
同時に、足元から光が駆け上がり、
君たちは身を強張らせる!

…予想に反して、何事も無く
収まった光に驚く君たちは、
自分たちの体が軽い事に気付く!

どうやら光には、
回復の効果が有った様だ!

全員のHPが400回復した!

…だが、君たちを癒した壁の文字は、
その役目を終えた様に、
光を失い、崩れて行く。

君たちは城の不思議な力に
感謝を捧げ、先を急ぐ事にする。


【N O】

樹海での軽はずみな行動が、
簡単に死を招く事を、
君たちは良く知っている。

君たちはしばらく考えた末に、
文字を読み解くのをあきらめ、
先を急ぐ事にする。


22階

B-2 象形文字

君たちは壁に近付き、
用心しながら何か変わった箇所が
無いか調べ始める。

見ると目の前の壁に、
何処かで見た様な象形文字が
描かれている。

しかしその文字は、
君たちの使うそれとはあまりに
異なり読み解く事は難しそうだ。

君たちは過去に冒険で培った
知識を頼りに、象形文字を
解読してみるか?

解読しますか?
【YES】/【N O】
【YES】
持てる知識を注ぎ込み、
記憶の糸を必死に辿ると、
少しずつ意味が分かって来た!

その文意が分かって来たので、
君たちは我知らず、声に出して
文字を読み解いていく。

「上帝の臣にして慈愛の主
その名を唱える者よ、
旅路の先に光を見よ」

君たちが最後の一文を読み終えると
壁の向こう側から、
何かの物音が響く!

君たちは音の正体が何であるか、
確かめに行っても良いし、
無視して先を急ぐのも自由だ。

【N O】
樹海での軽はずみな行動が、
簡単に死を招く事を、
君たちは良く知っている。

君たちはしばらく考えた末に、
文字を読み解く事をあきらめ、
先を急ぐ事にする。

B-2 光を放つ壁

  • 壁の向こうの象形文字未解読・回復装置使用後
城の壁を調べた君たちは、
目の前の壁に埋め込まれた
小さな鉱石の存在に気付く!

鉱石は一定の間を開けて、
規則正しく配置されている様だ。
何かの仕掛けだろうか…

  • 壁の向こうの象形文字解読後
(画面全体が発光するエフェクト)

城の壁を調べた君たちは、
目の前の壁が良く見るとうっすら
光を放っている事に気付く。

君たちが象形文字を解読した時、
物音が響いたのは、
丁度この辺りだ。

君たちの指先が壁に触れた瞬間!
指先から光が駆け巡り、
君たちは身を強張らせる!

…予想に反して、何事も無く
収まった光に驚く君たちは、
自分たちの体が軽い事に気付く!

どうやら光には、
回復の効果が有った様だ!

全員のHPとTPが全快した!

…だが、君たちを癒した壁の光は、
その役目を終えた様に、
光を失い、消え去って行く。

君たちは城の不思議な力に
感謝を捧げ、先を急ぐ事にする。

C-6 象形文字

君たちは壁に近付き、
用心しながら何か変わった箇所が
無いか調べ始める。

見ると目の前の壁に、
何処かで見た様な象形文字が
描かれている。

しかしその文字は、
君たちの使うそれとはあまりに
異なり読み解く事は難しそうだ。

君たちは過去に冒険で培った
知識を頼りに、象形文字を
解読してみるか?

解読しますか?
【YES】/【N O】
【YES】
持てる知識を注ぎ込み、
記憶の糸を必死に辿ると、
少しずつ意味が分かって来た!

その文意が分かって来たので、
君たちは我知らず、声に出して
文字を読み解いていく。

「上帝の将にして戦の主、
その名を唱える者よ、
旅路の先に戒を見よ」

君たちが最後の一文を読み終えると
壁の向こう側から、
何かの物音が響く!

君たちは音の正体が何であるか、
確かめに行っても良いし、
無視して先を急ぐのも自由だ。

【N O】
樹海での軽はずみな行動が、
簡単に死を招く事を、
君たちは良く知っている。

君たちはしばらく考えた末に、
文字を読み解く事をあきらめ、
先を急ぐ事にする。

D-6 C-6の象形文字解読後

君たちが周囲を調べようと、
城の壁に手を触れると、
壁の一部がミシミシと音を立てる!

慌てて飛び退く君たちをよそに、
壁はたった1本の柱が外れて
落ちただけで、静かになった!

君たちは落ちた物を拾い上げ、
それを荷物にしまい込む!

鉄木を手に入れた

君たちが象形文字を解読した時、
物音が響いたのは、
丁度この辺りだが…

どうやらこの何かの仕掛けだった
物が正常に動かず、
この様な結果になったらしい。

君たちは壊れた壁をそのままにして、
その場を立ち去る事にする。

23階


C-4 古びたスイッチ

不思議な建造物の中を進む君たちは
西の壁に、小さなボタンを見つける。

それは長い年月放置されたらしく
色あせ、ボロボロになっているが
不思議に君たちの興味を引く。

何気ない気持ちでそのボタンを
押すと、不意に誰もいないのに
辺りに声が響き始める…。

「機械…身体…に…
成功…し…た……。
なのに…何故…?」

「大地…に去る…のか…
我…を……残し…
貴女は………」

「貴女の……研究……
遺伝……が…人を…
永遠に……」

「…箱舟…画は…失敗…。
いや…我…一人で…も…
続けて…みせ………」

辺りに響いた不思議な声は
そこで途切れる。

君たちは、その不思議な現象に
首を傾げつつ、城の探索へと
戻ることにする。


24階


B-1 古びたスイッチ

不思議な建造物の中を進む君たちは
西の壁に、小さなボタンを見つける。

それは長い年月放置されたらしく
色あせ、ボロボロになっているが
不思議に君たちの興味を引く。

何気ない気持ちでそのボタンを
押すと、不意に誰もいないのに
辺りに声が響き始める…。

「…人をこえ……
永…を……手に…入れ…」

「古き…史…。…あらゆる…
王…英…力者……みな
夢見た…力……」

「…諸王の…聖杯……。
みな…これで……助かる…
…助かる…はずだ…のに…」

「何故……誰も…答えぬ?
……我…研究……伝…を…
みなの……為…死…を…」

「永遠……命…を……。
今…も……続け…」

辺りに響いた不思議な声は
そこで途切れる。

君たちは、その不思議な現象に
首を傾げつつ、城の探索へと
戻ることにする。



B-3 象形文字


君たちは壁に近付き、
用心しながら何か変わった箇所が
無いか調べ始める。

見ると目の前の壁に、
何処かで見た様な象形文字が
描かれている。

しかしその文字は、
君たちの使うそれとはあまりに
異なり読み解く事は難しそうだ。

君たちは過去に冒険で培った
知識を頼りに、象形文字を
解読してみるか?


解読する?
【YES】/【N O】

【YES】


持てる知識を注ぎ込み、
記憶の糸を必死に辿ると、
少しずつ意味が分かって来た!

その文意が分かって来たので、
君たちは我知らず、声に出して
文字を読み解いて行く。

「上帝の友にして理の主
その名を唱える者よ、
光の間に馳せよ」

最後の一文を読み終えた君たちは、
突如、自分たちの立っている場所が、
先程と違う事に気付く。

どうやらあの象形文字は、
読み上げた者を他の場所へ
飛ばす為のものだったようだ。

君たちは仕方無くこの場から、
冒険を再開する事にする。
(C4(5,3)へワープ)
(イベント終了)


【N O】

樹海での軽はずみな行動が、
簡単に死を招く事を、
君たちは良く知っている。

君たちはしばらく考えた末に、
文字を読み解く事をあきらめ、
先を急ぐ事にする。

(イベント終了)


D-1 象形文字


君たちは壁に近付き、
用心しながら何か変わった箇所が
無いか調べ始める。

見ると目の前の壁に、
何処かで見た様な象形文字が
描かれている。

しかしその文字は、
君たちの使うそれとはあまりに
異なり読み解く事は難しそうだ。

君たちは過去に冒険で培った
知識を頼りに、象形文字を
解読してみるか?


解読する?
【YES】/【N O】

【YES】

持てる知識を注ぎ込み、
記憶の糸を必死に辿るが、
全く意味が分からない!

君たちは自らの無知さに
少しの脱力感を覚え、
その場を後にする。

(イベント終了)


【N O】

その場を立ち去ろうと振り返った
君たちは、象形文字に気を取られた
己の無用心を後悔する!

どうやらこの辺りを
うろついていた城の魔物に、
見付かってしまったようだ!

魔物は君たちを取り囲み、
最早、逃げ出すヒマなど無い!

さぁ、武器を引き抜いて、
彼らと戦いたまえ!

(白銀の銃兵×3と戦闘)
(イベント発生時、壁側を背に振り替えるので逃走不可)
(イベント終了)



D-5 象形文字


君たちは壁に近付き、
用心しながら何か変わった箇所が
無いか調べ始める。

見ると目の前の壁に、
何処かで見た様な象形文字が
描かれている。

しかしその文字は、
君たちの使うそれとはあまりに
異なり読み解く事は難しそうだ。

君たちは過去に冒険で培った
知識を頼りに、象形文字を
解読してみるか?


解読する?
【YES】/【N O】

【YES】

持てる知識を注ぎ込み、
記憶の糸を必死に辿ると、
少しずつ意味が分かって来た!

その文意が分かって来たので、
君たちは我知らず、声に出して
文字を読み解いて行く。

「上帝の友にして理の主
その名を唱える者よ、
光の間に馳せよ」

最後の一文を読み終えた君たちは、
突如、自分たちの立っている場所が、
先程と違う事に気付く。

どうやらあの象形文字は、
読み上げた者を他の場所へ
飛ばす為のものだったようだ。

君たちは仕方無くこの場から、
冒険を再開する事にする。

(C4(5,3)へワープ)
(イベント終了)


【N O】

樹海での軽はずみな行動が、
簡単に死を招く事を、
君たちは良く知っている。

君たちはしばらく考えた末に、
文字を読み解く事をあきらめ、
先を急ぐ事にする。

(イベント終了)


F-3 糸泥棒



城の通路を進む君たちは、
折れた通路の先に何処で見た様な
小動物の姿を見付ける。

小動物は力無く横たわり、
か細い声で鳴いている。
…何処か具合でも悪いのだろうか?

君たちは手を伸ばして目の前に
横たわる小動物を抱き上げ、
具合を見る事も出来る。

手を伸ばしますか?
【YES】/【N O】

【YES】

君たちは、息も絶え絶えに横たわる
小動物にゆっくりと手を伸ばす。

しかし、その瞬間!
リスはパッと飛び上がり、
勢い良く君の体を駆け上がる!

リスは迷う事無く、君たちの背袋に
首を突っ込み、何かをくわえて
一目散に走り去った!

君たちは、慌てて背袋を下ろし、
失った物を確認すると、
あまりの事実に絶句する!

どうやらリスが持ち去ったのは、
冒険の必需品であるアリアドネの糸
に違いない!

君たちは今更どうする事も
出来ないので、
糸の事はもう諦めるしか無い。

(イベント消滅)


【N O】

騙されるものか!
小さな動物とはいえ、樹海に棲む
生き物に気を許してはいけない!

君たちはか細い声で鳴く動物を
冷たく横目で見下ろし、
その場を後にする。

(イベント消滅)

25階



E-3 壊れたボタン



君たちは壁に近付き、
用心しながら何か変わった箇所が
無いか調べ始める。

見ると目の前の壁に、
何か赤い色をした
円形に飛び出た部分がある…


触りますか?
【YES】/【N O】


【YES】

君たちは突起を押し込み、
何事かが起こるのを待つ。

……。

何も起こらない事を確認した君たちは
腹立ち紛れにもう一度、
強く突起を押し込んだ!

……。

諦めかけた瞬間!
君たちの頭上から降って来た何かが、
床に当たり、激しい音を立てる!

どうやらこの突起は既に
その機能を失って、
長い年月が過ぎている様だ。

君たちはついでに落下して来た
何かを拾い上げて背袋にしまい込み、
その場を後にする。

軽い鉄片を手に入れた

(イベント消滅)


【N O】

樹海での軽はずみな行動が、
簡単に死を招く事を、
君たちは良く知っている。

君たちはしばらく考えた末に、
その突起をあきらめ、
先を急ぐ事にする。

(イベント消滅)




F-5 ボタン



君たちは壁に近付き、
用心しながら何か変わった箇所が
無いか調べ始める。

見ると目の前の壁に、
何か赤い色をした
円形に飛び出た部分がある…


触ってみますか?
【YES】/【N O】


【YES】

君たちが突起に触れると、
辺りの景色が歪み、
グルグルと回り出す!

気が付いた時、
君たちがいたのは、
見覚えのある広間の中だ!

どうやらあの突起物は、
触れた者を他の場所へ
飛ばす為のものだったようだ。

君たちは仕方無くこの場所から
冒険を再開する事にする。

(B4(4,3)へワープ)
(イベント消滅)


【N O】

樹海での軽はずみな行動が、
簡単に死を招く事を、
君たちは良く知っている。

君たちはしばらく考えた末に、
その突起をあきらめ、
先を急ぐ事にする。

(イベント消滅)





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー