※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WristPDAの初期設定


WristPDAを使用する前に、必ずやっておかなければならない初期設定の方法について説明します。特にデジタイザと日付、時間の設定は大変重要です。購入したら、はやる気持ちを抑えて、まずこれらの設定をしてください。


  使用できるレベルまで充電されるているとWristPDAが起動します。完全な初期状態になっているとロゴが表示されPalmOSが起動します。もし購入時に工場出荷状態になっていない場合、リセットの方法に従ってハードリセットをかけることをお薦めします。

  最初に起動するとデジタイザの設定画面になります。十字のセンターをできるだけ正確にタップしてください。スタイラスと呼ばれる先端が樹脂製の専用のペンでタップすることをお薦めします。指の爪の先等では正確に調整できません。WristPDAは画面が小さいためタップする位置はとても正確さが必要になります。この調整はタップする位置の基準となりますのでできるだけ正確にタップしてください。もしうまくタップできなくてもすべての設定後ラウンチャからPrefsを起動してデジタイザの設定をやり直すことができます。

  次に使用言語の選択画面になります。WristPDAは日本語版がありませんのでここではEnglishを選択してOKをタップしてください。

  言語が英語に設定されたことを知らせるメッセージと注意が表示されます。あまり気にせず Yes をタップします。

  時間と日付の設定です。まずは Set Time の右横の点線の四角で囲まれた時間の部分をタップします。

  設定用のウィンドウが開きますので現在の時間を設定します。設定の方法は設定したい部分をタップして反転させ、その状態で上と下の三角矢印をタップして調整します。設定が終わったらOKボタンをタップします。

  次に日付の設定をします。時間の設定の場合と同様、日付の部分をタップします。

  設定用のウィンドウが開きますので今日の日付を設定します。その場合、右下の年の矢印が小さくタップしにくいと思います。 時計右側のページUp/ページDownボタンを押してみてください。 こちらの方が簡単に日付を移動できます。設定が終わりましたらTodayボタンをタップします。

  国の設定をします。Countryの右側をタップします。

  プルダウンメニューが表示されますのでJapanをタップしてください。

  設定がおわりましたらNextボタンをタップします。

  これで初期設定は完了です。DoneボタンをタップするとWristPDAを使用することができます。
これらの設定はあとからでも行なうことができます。あとから設定を行なう場合は以下の手順で設定します。


あとから設定をやり直す場合


  WristPDAのラウンチャ画面からPrefsを起動します。

  右上の部分をタップしてプルダウンメニューを表示します。ここから各設定ができます。

デジタイザと日付、時間の設定は大変重要です。
かならず正確に設定してください。



免責事項

  • 当サイトの内容によって被る損害についてサイト管理者は一切責任を持ちません。自己責任の上で情報を活用してください。
  • 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • 一部引用画像は引用元に著作権があります。
  • 当サイトの内容、写真等に問題がある場合、info @ pamupamu.com までご連絡ください。できる限りすみやかに対処いたします。
  • 説明の便宜上直接リンクがはられている場合があります。不具合がありましたらご連絡ください。


Copyright (C) 2005 by Shigeyuki Seko all right reserved.