※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WristPDAでスクリーンショットをとるには


WristPDAの画面をキャプチャしてPCに取り込みたいことがあります。
こんな時、外部ストレージが付いた機種であれば、画像をキャプチャしてBMP形式等の標準的な画像フォーマットで外部ストレージに書き出して SD カードやメモリースティックに画像を保存しPCに転送することが比較的簡単にできます。
しかし WristPDA は外部ストレージを持っていませんので、そう簡単にはいきません。キャプチャした画像を内部メモリに保存し、それをホットシンクでPCに取り込むといった手順が必要になります。さらに内部メモリのデータ形式は特殊なためPCで扱えるデータフォーマットに変換する必要があります。

さらに困ったことにこうした画面キャプチャのアプリケーションの多くはグラフィティエリアを使ってキャプチャのトリガ(撮影の開始)をかけます。すなわちキャプチャする時にグラフィティエリアの検索ボタンからメニューボタンにスタイラスを滑らせるなどのモーションで撮影を開始します。WristPDAにはこのグラフィティエリアがありません。

このようにいろいろと制約が多いWristPDAで画面のキャプチャをとる方法を紹介します。


WristPDA 側に ScreenShot をインストールする


アプリケーションは LinkeSOFT の ScreenShot を使用します。
この LinkeSOFT は、有名な HackMaster 互換ソフトである X-Master をリリースしている会社です。

まず、LinkeSOFT のサイトから ScreenShot をダウンロードします。ScreenShot は Hack ソフトですから X-Master 等の HackMaster 互換ソフトが必要です。ScreenShotを解凍するとX-Masterも同梱されています。もし同梱されていない場合は同サイトからX-Masterもダウンロードしてください。

ホームページ LinkeSOFT
X-Master
ScreenShot
Download ScreenShotHack (Palm OS 4.1)

ダウンロードしたファイルを解凍して、X-Master と ScreenShot を WristPDA にインストールします。



X-Master を起動します。



インストールされているHackアプリの一覧が表示されます。
今回インストールした ScreenShot にチェックを入れて使用できる状態にします。



ScreenShot を選択した状態で下の Details ボタンをタップすると詳細な情報が、Configure ボタンをタップすると設定画面が表示されます。WristPDAにインストールした場合、デフォルトでは PageUp ボタンを長押しでスクリーンショットが撮影される設定になっています。このままでよければ OK ボタンをタップします。

これでスクリーンショットが撮影できる状態になりました。
キャプチャしたい画面で PageUp ボタンを長押ししてみてください。メッセージが表示されスクリーンショットが撮影されます。

しかし、このままでは内部メモリに保存されたままでPCに取り込むことができません。
このデータをホットシンクのたびに自動的に取り出し、PCで扱えるBMPまたはGIFデータに変換して保存するコンジットをPC側にインストールします。


PC側にコンジットをインストールする


以下のサイトから screenshotconduitsetup.exe をダウンロードします。

ダウンロード ScreenShot Image Conversion on Windows
マニュアル


実行するとインストーラーが起動します。
Next ボタンをクリックします。


Next ボタンをクリックします。


インストールするフォルダを指定します。
デフォルトのままでよければそのまま Next ボタンをクリックします。


確認画面が表示されますので Next ボタンをクリックします。


Finish ボタンをクリックします。
これでインストールは完了です。


ScreenShotControl.prc がインストール予約されます。
ホットシンクをしてこれを WristPDA にインストールします。



次回から、WristPDA側でスクリーンショットをとって、ホットシンクすると
My Documents の下に screenshots ディレクトリが作られ、この中に撮影された画像データが保存されます。



レジストしない状態ではこのようにメッセージが画像の一部に入ります。


設定の変更




Windowsのツールバーの HotSyncマネージャーを右クリックし、動作設定を選択します。


コンジットの中から ScreenShot を選択し変更ボタンをクリックします。
ScreenShotの設定画面が表示されますのでここで保存する画像フォーマット等を設定します。


免責事項

  • 当サイトの内容によって被る損害についてサイト管理者は一切責任を持ちません。自己責任の上で情報を活用してください。
  • 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • 一部引用画像は引用元に著作権があります。
  • 当サイトの内容、写真等に問題がある場合、info @ pamupamu.com までご連絡ください。できる限りすみやかに対処いたします。
  • 説明の便宜上直接リンクがはられている場合があります。不具合がありましたらご連絡ください。


Copyright (C) 2005 by Shigeyuki Seko all right reserved.