※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WristPDAの歴史


2002年にCOMDEXで発表され注目を集めたWristPDAですが、実際の発売までには長い時間がかかりました。WristPDAの歴史について記録しておきたいと思います。


  2002年11月
COMDEX/Fall 2002において、PalmSourceとFossilは2003年中頃に出荷予定の腕時計型PDAを発表

この時発表されたスペックは以下の通り
CPU : Dragonball VZ 33MHz
メモリー : RAM 2MB+フラッシュメモリ 2MB

私もCOMDEXの会場で実物を見ました。まだ赤外線がうまく動作していなかったため自分の作成したアプリを転送して動作チェックすることができなかったことを思い出します。その他の機能はそこそこ動いていました。ちょうどとなりのブースでLinuxを使ったPDAを展示していたりPDAが脚光を浴びていた時期です。

この時期に発売されていたPalmOS機
CLIE PEG-T650C / CLIE PEG-SJ30
CLIE PEG-NR70 / CLIE PEG-NR70V
CLIE PEG-NX60 / CLIE PEG-NX70V
Palm m130 / Palm m515

  2003年6月
Fossil Palm OS Watch リリース直前

ニューヨークでFossilのPalm OS Watchのリリースパーティが開かれました。ここで発表された価格は199ドル。デザインは現在のものと異なります。

このリリースパーティは一部関係者だけに公開され、一般の人は見ることができなかったのですが製品の箱などをみると出荷直前のイメージを受けます。しかし残念ながらこのモデルは市場に出ることはありませんでした。

この時期に発売されていたPalmOS機
CLIE PEG-SJ33
CLIE PEG-NX73V / CLIE PEG-NX80V
CLIE PEG-NZ90 / CLIE PEG-TG50

  2003年7月
Fossil Palm OS Watch の発売が7月21日まで延期される。

  2003年9月
Abacus版の発売が9月30日まで延期される。

  2004年1月
Fossilが「Wrist PDA」の製造を中止し,上位版を2004年中盤に出荷予定と発表。

この時期、度重なる発売延期にじらされながらWristPDAの発売を心待ちにしていましたが残念な発表がされました。製造中止の理由は製造を依頼しているメーカーの品質問題とアナウンスされました。

この時期に発売されていたPalmOS機
CLIE PEG-TJ25 / CLIE PEG-UX50

  2004年11月
WristPDA上位版を2005年1月のエレクトリックショーで発表する予定とアナウンス。

この時期に発売されていたPalmOS機
CLIE PEG-TH55

  2005年1月
「Wrist PDA with Palm OS」を発表。
これが現在発売されているモデルになります。

スペック:
OS : Palm OS 4.1
CPU : Motorola Dragonball(TM) Super VZ 66MHz
メモリ : 8MB (RAM),4MB (Flash)

2002年に最初に発表されたスペックと比べると大きく性能アップしています。
CPU : Dragonball VZ 33MHz→Super VZ 66MHz
メモリー : RAM 2MB→RAM 8MB

CPUスピードがおよそ2倍、RAMの容量が4倍となったことで日本語化を含めて充分な性能を持ったPalmOS機となりました。その他の細かな変更点としてはホットシンク及び充電コネクタの変更があります。最初に発表されたモデルでは時計裏面に特殊コネクタがあり、このコネクタを介してホットシンク及び充電を行なっていました。現在のモデルでは標準的な5pinのminiUSBコネクタとなってます。汎用的なケーブルを使えることから個人的にはこの変更は大歓迎です。デザインのバリエーションはFOSSILモデルとABACUSモデルを合わせて2種類しかありません。ベルトも金属ベルトモデルが廃止され皮とラバーのみとなってしまったのは少し寂しい変更点です。

  2005年1月
FX2008 Wrist PDA FOSSILEのオンラインで $249.00

  2005年1月
ABACUS WRIST PDA (AU5005)Tiger Directで $166.65

  2005年2月
SONYがクリエから撤退

  2005年7月
SONYがクリエの生産を終了

  2005年10月
WristPDA@Wiki開設


結局、最初に発表してから製品として世の中に出るまでに実に3年もの歳月がかかっています。現在、発売開始してからまだ1年です。これだけ苦労して世の中に出した WristPDA ですから、ぜひ次のモデルにつなげていって欲しいものです。



免責事項

  • 当サイトの内容によって被る損害についてサイト管理者は一切責任を持ちません。自己責任の上で情報を活用してください。
  • 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • 一部引用画像は引用元に著作権があります。
  • 当サイトの内容、写真等に問題がある場合、info @ pamupamu.com までご連絡ください。できる限りすみやかに対処いたします。
  • 説明の便宜上直接リンクがはられている場合があります。不具合がありましたらご連絡ください。


Copyright (C) 2005 by Shigeyuki Seko all right reserved.