※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Abacus AU5006 Brown Crocoを購入


2台目のWristPDAとして、ベルトが茶色のワニ革風のAbacus AU5006 Brown Crocoを購入しました。このBrown Croco、ベルトが違うだけですがちょっと珍しいかもしれません。


<Abacus AU5006 Brown Crocoの箱>

Brown Crocoの箱です。
箱の写真も製品と同じ茶色のワニ皮風のベルトの写真となっていて好感が持てます。


<時計本体とベルト>

ベルトは写真で見るよりずっと赤っぽく、とても明るい感じです。ワニ皮風の模様もいい雰囲気を出しています。

オリジナルの黒色のベルトの場合、革の部分が目立たないため、一見すると黒いラバー製のベルトに見えることがありますが、Brown Crocoの場合は革の部分がアクセントになっていて、どこから見ても革のベルトの時計に見えます。


<通常の黒色ベルト>

こちらは通常の黒色のベルトですが、比べるとずいぶん雰囲気が違います。


<UPボタンが破損>

喜んでセットアップを始めたのですが‥
最初にハードリセットをかけてUPボタンを押した瞬間、UPボタンが破損しました。
びょ~んとバネまで飛んでいきました。


<破損したUPボタン>

これが飛んで行ったUPボタンとバネです。
特にバネは探すのが大変でした。UPボタンは時計本体に小さなEワッシャで止めてあるのですが、このEワッシャが外れたようです。このEワッシャはとても小さく、探しましたがさすがに見つけることはできませんでした。

すぐに新品交換の手続きをして来週にでも郵送で送り返す予定です。

しばらくおあずけです。


免責事項

  • 当サイトの内容によって被る損害についてサイト管理者は一切責任を持ちません。自己責任の上で情報を活用してください。
  • 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • 一部引用画像は引用元に著作権があります。
  • 当サイトの内容、写真等に問題がある場合、info @ pamupamu.com までご連絡ください。できる限りすみやかに対処いたします。
  • 説明の便宜上直接リンクがはられている場合があります。不具合がありましたらご連絡ください。



Copyright (C) 2005 by Shigeyuki Seko all right reserved.