※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
腕時計でメールのチェックができたら素敵です。
実用的かどうかはこの際別にして、この近未来的な腕時計でメールチェックに挑戦してみることにします。
WristPDAのPalmOSのバージョンは4.1です。PalmOSは4.0以後は赤外線モデムが使用できます。もちろんWristPDAには赤外線ポートも付いていますので赤外線モデムさえあれば通信が可能なはずです。さらにPalmOS4.1で動作するメールクライアントソフトも多数あり、環境としては問題ありません。



今回用意したPSIONの赤外線モデムです。
小型で単三電池2本で動作するため外出先で使用する場合にも最適です。デザインもなかなか良い感じです。



赤外線モデムに接続するために、まずラウンチャーからPrefsを起動します。



プルダウンメニューからConnectionを選択します。



Newボタンをタップして新しい接続を作成します。



Nameに接続名を入力し、Connect to:にModemを設定すれば準備完了なのですが‥



なんと、Modemの項目がありません。PCのみです。
どうやらWristPDAではネットワーク機能を削除してあるようです。

というわけで、近未来を体験できず終了~

今回の内容はノウハウとして特集赤外線モデムによる通信にまとめました。



カテゴリ: [アクセサリー] - &trackback- 2005年12月29日 08:02:27

#blognavi