※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
WristPDAで小説を読む



PalmOSの日本語化で知られる山田さんの開発したDOCリーダーソフトです。Pookと同じようにPalmOS機で小説等を読むためのアプリケーションです。
このJ-DOC ReaderはWristPDAのロッカーキーに対応しています。そのため小説を切り替える場合等も小さなアイコンを苦労してタップする必要がありません。WristPDA側面のボタンでとても快適に使用することができます。
さらにシンプルさに徹した表示画面には読んでいる場所を示すインジケーター以外、なんの表示もありません。このため他ののDOCリーダー以上にたくさんの文章が画面に表示できます。これは特に画面の小さなWristPDAには有利です。

画面にメニューバーすらありませんので最初にこのアプリを起動しら場合、操作に戸惑うかもしれません。
ここでメニューバーの出し方とWristPDAのユーザーであればかならず設定したいフォントの設定の方法を説明します。



  • まずコマンドメニューを表示します。左下にスタイラスを置き右上にスライドさせます。(上右図)
  • 表示されたコマンドメニューの右端のメニューアイコンをタップします。(上中図)
  • プルダウンメニューからフォント変更を選択します。(上右図)



拡張フォントダイアログがインストールされていれば上図のように拡張したダイアログが表示されます。ここで一番大きなフォントを選ぶとWristPDAでゆれる電車内でも文章を読めるほど大きなフォントが表示できます。

アプリケーション名: J-DOS Reader
配布形式 フリーソフト
作者 Hacker Dude-san
作者のホームページ
ソフトのリンク先
ダウンロード J-DOC Reader Ver.5.0b8

上記データは参考です。
最新データに関しては必ず作者のホームページ等で確認してください。


カテゴリ: [文章閲覧] - &trackback- 2005年10月06日 04:23:20


#blognavi