FreeOS on PowerEdge(デルのPCサーバ)検証開始


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに

ここではタダで入手・利用できるOS(FreeOS)をDELL(デル)のPCサーバに(PowerEdge)にインストールして動かす方法を記載します。

 

FreeOS

今回、動作を試みるFreeOSは以下のようなものを検討中です。

 Linux(RPM系)    CentOS3,CentOS4,CentOS5
 Linux(Debian系)       Debian 4.0
 FreeBSD                       FreeBSD 6.3
 IA Solaris                      Solaris10

PCサーバ

私自身、ここ10年、様々なメーカでPCサーバを触ってきましたが、PCサーバは基本的にはどのメーカもそんなに変わらないとおもいます。国産メーカのPCサーバも、ほとんどが台湾あたりのパーツベンダーからの部品を使って安く仕上げております。決して安いから悪いというわけではありません。PCサーバは安価に製品ができることでここ10年近くで爆発的に需要が増えたのでしょう。

http://e-words.jp/w/PCE382B5E383BCE38390.html

なぜデル?

なぜ今回はデル(www.dell.com)のPCサーバを取り上げたかというと自分の会社にいっぱいあったからです。なぜいっぱいあるかというと自分の会社がデルとお付き合いのある会社なのです。もしデルのPCサーバをご検討されているお客様がおられましたらこのページがご参考になれば幸いです。

おことわり

ここで記載することに関しましてはあくまでも個人の見解、検証結果になるため、デルとは無関係です。またFreeOSはデルではサポート・動作保障は一切行ってないはずなのでご注意ください。